新木優子の老化はベタベタ汗が原因!改善方法に入浴で美肌を!【ホンマでっか】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月25日のホンマでっかTVで

新木優子さんが出演するのですが

汗と老化についてのトークをするようです。

それはベタベタ汗が出る原因

汗腺が老化しているという事なんです。

これは肌トラブルにもなるので

しっかりケアしておきたいのですが

まずは体質を変えるための

改善方法入浴の仕方を変えて

美肌を手に入れましょう!

スポンサードリンク

新木優子の老化はベタベタ汗が原因!改善方法に入浴で美肌を!

今日のホンマでっかTVでは

人生相談という事で

私たち怒っています!

先生に聞きたいことSP

の内容で放送されます。

その中で新木優子さんが怒っているのが

ベタベタ汗をかくことです。

ベタベタ汗は本人の不快感をはじめ

臭いや肌荒れと言った

厄介ごとを引き起こすものなので

新木優子さんはストレスを

溜めていたのでしょうね。

女優やモデルが汗臭い臭いを

振り撒きながら仕事をするのは

ちょっと嫌ですよね。

ベタベタ汗は老化の結果?

ベタベタ汗をかく原因が

汗腺の老化にあるようです。

通常は加齢と共に老化をしていく

汗腺ですが

現代の快適に過ごすための

アイテムによって老化が

加速されているのです。

それはエアコンの発達により

真夏でも快適に

過ごせるようになったことです。

汗をかかなくなったことで

汗腺が老化しベタベタ汗になるのです。

このベタベタの原因は塩分です。

海で泳いだ時の事を

思い出してもらうと分かりやすいのですが

淡水で泳いでも体はべたつかないけど

海で泳ぐとベタベタしますよね?

それは海水に含まれている

塩分のせいなんですよね。

体に塩分が付いたままだと

髪はパサつくし

肌は荒れるしで

なるべく早くシャワーを

浴びていたと思います。

体に塩分がつくとそんな事になるのに

塩分の多いベタベタ汗をかけば

肌トラブルになるのは

想像できますよね?

サラッとした汗をかくのは

汗腺に異常が無くて

塩分の含まれていない汗をかいている

ということなんです。

汗腺の老化の改善方法は?

肌荒れを治すのって

手間と時間がかかるので大変ですが

老化した汗腺はすぐに復活できます!

改善方法は至極単純で

汗をいっぱいかくことです。

かけばかくほど改善されるので

毎日20~30分汗をかき続ければ

7~10日ほどで汗腺が復活し

ベタベタ汗がサラサラ汗に変わるのです。

学生の時を思い出して欲しいのですが

運動系の部活をしていた人なら

あっ確かに!

となると思います。

あの頃の汗ってサラサラで

沢山汗をかいた割には

臭いが無かったことないですか?

その理由が汗をかきまくっているので

汗腺が活発でサラサラ汗を

どんどん出していたからです。

汗腺の入浴トレーニングの方法は?

汗腺は入浴の方法を変えることで

汗腺の老化を改善できます。

  • 手足高温浴
  • 半身微温浴

の2つになります。

手足高温浴は

手足の先の汗腺をトレーニングする方法で

42~43℃のちょっと熱めのお湯で

手足の幹線を刺激して

汗腺の老化を改善するものです。

浴槽の中で椅子に座り

ひじから先とひざから下を

10~15分ほどお湯につければOKです。

半身微温浴

36℃のぬるめのお湯で

みぞおちあたりまでの半身浴で

10分~15分入浴することで

じっくりと汗をかけるので

汗腺の老化を改善することが出来ます。

ベタベタ汗で肌を痛めるので

汗腺の老化を改善すれば

サラサラ汗になり肌荒れを防げるので

ケアをしっかりすれば

美肌を手に入れることが出来ます。

9月25日のホンマでっかTV

新木優子の老化はベタベタ汗が原因!改善方法に入浴で美肌を!【ホンマでっか】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 新木優子の老化はベタベタ汗が原因!
  • ベタベタ汗は老化の結果?
  • 汗腺の老化の改善方法は?
  • 汗腺の入浴トレーニングの方法は?
  • 9月25日のホンマでっかTV

確かにエアコンのきいた部屋にいるので

汗をかくことが減っています。

汗をかいたら臭いが気になる。

エアコンの温度を下げる。

汗をかかない。

汗のにおいが酷くなる。

完全な悪循環ですね。

新木優子さんが汗に関する怒りを

番組で語ってくれたおかげで

汗と正しく向き合うための

方法を知ることが出来ました。

新木優子さんに感謝です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする