ばんじゃ(Banja)の囲炉裏やかまどで自炊。昔話を体験(人生の楽園)

スポンサーリンク

12月22日放送の人生の楽園で

囲炉裏の温もり古民家宿~京都市という企画で

農家民宿Banja」が特集されます。

民宿ですけど自炊が楽しめるそうなんですよね。

しかも、囲炉裏やかまどを使ってですよ!

ちょっと気になったので調べてみることにしました。

スポンサードリンク

ばんじゃ(Banja)って?

出典:https://travel.rakuten.co.jp

店名:農家民宿Banja

住所:京都府京都市右京区京北下熊田町杉ノ谷31

℡:075-855-1700

携帯:090-8932-8269

管理者:田中正則(54歳)、なみさん(52歳)

利用料金(Rakuten Travelより)

2名利用時 10,186円/人

3名利用時 8,186円/人

4名利用時 7,686円/人

アクセス

JRバス:京都駅~周山バス停 1時間20分(1180円)

自家用車:京都駅~ 約1時間

古民家宿ではありますが

設備やサービスは一般的なものと同様です。

Wifi、冷蔵庫、シャワー付き浴槽等。

Banjaのある京北熊田町杉ノ谷って?

地名の由来は熊がいて田んぼがあるからだそうです。

見たままの由来でしたね。

京都市の住民基本台帳によりますと

世帯数:3

人口総数:5人

となっております。

googlemapやストリートビューで

この付近を見たのですが自然豊かな光景が

広がっていました。

世帯は少ないですが

道路を挟んだところには別の集落もありますし

車で10分も走らせればスーパーもあるので

生活に困ることはなさそうですよ。

宿泊した時に物が足りない!

なんてことになっても安心です。

スポンサードリンク

囲炉裏やかまどで昔話を体験

出典:https://www.jalan.net

Banjaでは現役のかまどがあるので

昔ながらの料理を楽しむことが出来ます。

ご飯を炊いたり、煮物やてんぷらなども

問題なくできます。

鉄板を使えば鉄板焼き、お好み焼きも。

かまどで使うための薪割りを体験することもできます。

出典:https://www.banja-kyoto.com/

食事が終われば囲炉裏を囲んで

仲間とゆっくり流れる時間を楽しむのもありですね。

もちろん囲炉裏を使ってバーベキューや

鍋料理を楽しむこともできます。

他の楽しみ方は?

出典:https://www.booking.com

Banjaから約50m離れたところに

GOEMONという農家民宿があります。

Banjaの姉妹店みたいなものです。

こっちは1棟貸し切りタイプなので

のんびり過ごすことが出来ます。

五右衛門ぶろの家です。

こちらも食材を持ち込んみ、かまどや囲炉裏を使った

お料理を楽しむことができます。

体験(畑)

他には畑が近くにあるそうなので季節の野菜の収穫や

農業体験も楽しめるそうです。

体験(陶芸)

4600円/人

手びねりで手のひらサイズの作品を2点作れます。

体験時間は1.5~2時間程。

焼成した作品は発送してくれますが

手元に届くまで3ヶ月程かかります。

スポンサードリンク

口コミ

海外からのお客さんの口コミもありました。

口コミは一部抜粋しております。

ディナーと朝食は驚くほど良く、火の上で

または伝統的なレンジで調理され

ナミの手作りの陶磁器で提供されました。

私たちの男の子は畳のベッドを愛し

午後はナミと一緒に鉢を作った。

彼らはまた、地元のアーティストと一緒に

ガラスを吹きました。

このファームステイは確かに日本への旅行の

ハイライトでした。間違いなくオススメです。

オーストラリア メルボルン トリップアドバイザー

人生の楽園

12月22日の人生の楽園では

京都・京都市京北~ 囲炉裏の温もり 古民家宿 ~という企画で

農家民宿Banjaが特集されます。

お店は田中正則さん(54歳)となみさん(52歳)

切り盛りされています。

番組ではなぜこの地で民宿をやることになったのか等が

紹介されます。

当日の放送が楽しみですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  1. ばんじゃ(Banja)って?
    Banjaのある京北熊田町杉ノ谷って?
  2. 囲炉裏やかまどで昔話を体験
  3. 他の楽しみ方は?
  4. 口コミ

退職して古民家をやられたんだろうなと

想像はしていましたが

それ以前に20年近くも家族5人で

生活もされていたのは想像出来ませんでした。

スイッチを押せばお湯も火も出る便利な生活と

かけ離れた生活を続けてこられたんです。

今の便利な生活に慣れてしまった私達には

理解や真似をするという事は難しいです。

けれど、田中さん夫婦はこの生活をすることを

やらざる得なかったわけではないのです。

自ら望んで生活をしていたのです。

番組ではきっとこの生活について

喋ってくれると思うので

私の価値観を変える、何かを話してくれるのを

楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする