藤原芽子(ボクサー)の経歴が衝撃!家族や勤務先の兄のフィットネスジムの場所は?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月17日にボクサーである

藤原芽子(ふじわらわかこ)さんが

世界初挑戦という事で

大きく話題になっています。

藤原芽子さんは3児のママという

プロフィールに衝撃を受けました!

どんな人物なのか気になったので

経歴、家族構成や勤務先である

実兄のフィットネスジムの場所について

調べてみました。

スポンサードリンク

藤原芽子(ボクサー)の経歴が衝撃!

藤原芽子さんが所属しているのは

真正ボクシングジムです。

プロフィールを確認すると

衝撃の38歳3児のママボクサーでした。

そんな藤原芽子さんの

衝撃の経歴をまとめてみました。

出典:https://www.msn.com/ja-jp

氏名:藤原 芽子(ふじわら わかこ)

生年月日:1981年2月22日

年齢:38歳(2019年6月現在)

身長:167.2cm

出身地:鹿児島県徳之島

タイトル:OPBF東洋太平洋女子フェザー級王者

初代日本女子フェザー級王者

参照元:真正ボクシングジム

現在38歳の藤原芽子さんは

20歳で結婚し3人の子供に恵まれましたが

31歳の時に離婚しています。

そしてボクシングを始めたのも

31歳になってからでした。

理由はダイエット目的で

現在所属している

真正ボクシングジムへ通い始めたからです。

しかしスタッフの勧めもあり

女手ひとつで子供を

育てる自信をつけるため一念発起

32歳でプロテストを受けると

見事合格しました。

スポンサードリンク

日中はインストラクターとして勤務し

その後で真正ボクシングジムで

練習をしています。

練習が終わり帰宅すると

今度は母親としての役割である

晩御飯の用意です。

限られた練習時間でも

着々と戦績を残していて

8勝(3KO)2敗2分けとなっています。

けれど藤原芽子さんは昔から

ボクシングに興味が

あったわけではありません。

ボクシングの試合を初めて

見たのは25歳の時でした。

当時はボクシングのボの字も知らない

自宅にあったサンドバックに

全く興味を示さなかった

藤原芽子さんですが

ダイエットがきっかけで興味を持ち

今では東洋太平洋女子フェザー級王者です。

2019年6月29日に韓国仁川市で

WBA女子世界スーパーフェザー級王者

崔賢美チェ・ヒョンミ、28=韓国)選手と

対戦しますが

とても手ごわい相手です。

王座は6度防衛しており

戦績は16勝(4KO)1分けです。

困難な相手ですが

なんとしても勝ってもらいたいですね。

藤原芽子の家族や勤務先の兄のフィットネスジムの場所は?

藤原芽子さんは3児のママという事で

子供たちの事を調べてみました。

高3の長女

高1の長男

小6の次女

を藤原芽子さんがシングルマザーとして

育てていました。

3人のお子さんの顔画像は

こちらです。

世界戦当日は韓国・仁川まで応援に

駆けつけるそうです。

世界チャンピオンのベルトを持って

家族4人で写真を撮ってもらいたいですね。

スポンサードリンク

勤務先のフィットネスジムの場所特定!

藤原芽子さんの兄について調べたら

池田竜太さんであることが分かりました。

てっきり藤原姓だと思っていたのですが

違っていました。

兄の池田竜太さんもプロボクサーでしたが

現在は神戸スポーツボクシングクラブ

会長になられていました。

藤原芽子さんはフィットネスジムに

勤めているとなっていましたが

正しくは

神戸スポーツボクシングクラブでした。

その場所についてまとめてみました。

名称:KSBC(神戸スポーツボクシングクラブ)

会長:池田竜太(リュウ)

℡:078-360-1024

定休日:無

営業時間:9:00~22:00

住所:神戸市中央区古湊通1-1-23 K&S神戸駅前ビル4F

藤原芽子さんがトレーナーとして

常勤されている時間は

月~金 9:00~15:00

パーソナル・マンツーマンレッスン

月~金 15:00~16:00

木   15:00~21:00

土   9:00~10:00

となっておりました。

藤原芽子(ボクサー)の経歴が衝撃!家族や勤務先の兄のフィットネスジムの場所は?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 藤原芽子(ボクサー)の経歴が衝撃!
  • 家族や勤務先の兄のフィットネスジムの場所は?

肉体の全盛期は過ぎているかもしれませんが

実力があったからこそ

世界戦に挑戦できるところまできました。

戦いに勝ってシングルマザーとして

同じように頑張る女性の

目標になってもらいたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする