葉石かおりの死生観/人生観。年会費無料の資格「SAKE EXPERT」とは?【ごごナマ】

スポンサーリンク

今回「ごごナマ」に
酒ジャーナリストの葉石かおりさんが
出演されます。

葉石さんは、「日本酒を国酒から国際酒へ」
ということで様々な活動をされているようです。

葉石さん自身がどんな人なのか、
プライベートでは結婚・離婚・再婚を
されているようです。

また葉石さんが育てている「SAKE EXPERT」とは
どんな資格で、取得にどれくらいの金額がかかるのか

など気になったことを調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

プロフィール

氏名:葉石かおり(はいし かおり)
生年月日:1966年5月28日生まれ
(2018年52歳)
出身地:東京都練馬区
出身大学:日本大学文理学部独文学科卒業
仕事:エッセイスト・酒ジャーナリスト
おつまみ研究家
一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション理事長
宮崎織物 三代目 女将
経歴:ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を
経て現職に至る。
資格:焼酎アドバイザー
日本酒学講師、
和装講師、
   食生活指導士
著書:「うまい酒の選び方」、「日本酒のいろは」
   「おひとりさまの京都」、「そうだ。裏京都、いこう」

酒ジャーナリストとして、
各メディアにコメント、コラムを寄せたり、

講演、セミナー活動なども
積極的に行われています。

葉石さんが、日本酒を紹介されている動画がありました。

さらに人材育成にも携わっておられ、
2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立し、
日本酒のプロ、サケ・エキスパートを育成しておられます。

なにがすごいって、「サケ・エキスパート」の育成は、
国内だけではなく、国外でも行われているんです。
2016年:バンコク、2017年::ミラノで行われたそうです。

私よりは二回りほど上の方ですが、
これだけ女性が活躍されていると
私も頑張らなきゃ!と励みになります。

では次は「SAKE EXPERT」についてみていきましょう!

スポンサードリンク

「SAKE EXPERT」とは?

「SAKE EXPERT」とはどんな資格?

母体となっている一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションの

団体理念として、

日本酒を「国酒から『国際酒』へ」

というのを掲げておられます。

また、日本酒について、
世界に通用する”プロの伝え手”を育てる。
ことを目標にされており、その目標に向かって、
基礎から様々なことを学びます。

そのため、有資格者を大量生産するという方針ではなく、
しっかりとアウトプットを行い、日本酒の魅力を
自らの口で伝えられるような人を育てることに尽力されています。

さらに、できるだけ感覚に頼ることのないよう、
ペアリングの講義もロジカルに
説明するようにされているそうです。

※ペアリングとは
お酒と料理の相性を考えながら
食事、お酒を選ぶこと

確かに、ロジカルに教えてもらえると、
再現性が高くなります。
感覚のみで教えられると、
自分の体調や、その日の天気・温度などにも
左右されてしまうので、再現性が小さくなりそうです。

そういう意味で、できる限りロジカルに!
というのはとても価値がありそうです。

どうしたら資格がとれるの?

先ほどプロフィールでも一部出てきましたが、

2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションが

日本酒や本格焼酎の基本知識、
料理とお酒のペアリングなどを学べる場として、
サケ・アカデミー」を開講しておられます。

その講義を3回受講し、試験を受け、
合格すると「SAKE EXPERT」の資格が授与されます。

どれくらいの金額がかかるの?

受講資格

20歳以上

受講・認定料

¥43,200(税込)
3回分の受講料、試験・認定料、テキスト代、試飲代、バッチ代、認定書、ステッカー込み

サケ・アカデミーSAKE EXPERT®取得コース 参照

となっていました。

2018年現在では、資格取得後の年会費はかからないようです。

それを理由に、他の資格ではなく「SAKE EXPERT」を
取得しに来られる方もいるようです。

年会費をとらない理由は、

  • ひとりひとりと末永くお付き合いしたいから。
  • 思いさえあれば、だれもが伝え手になれるように、門戸は広くしておきたい。
  • 日本酒はまだ国際舞台に出たばかりなので、クオリティの高い伝え手が、ひとりでも多く必要だから

ということのようです。

まだまだ新しい資格ですので、
きちんとしたクオリティで、
沢山の方に資格取得をしてもらうためのようです。

当然ですが、受講資格が20歳以上になっていますね。

スポンサードリンク

葉石かおりさんってどんな人?
父親との死別、離婚そして再婚を経て。

お父様の死と離婚

活躍の場を広げ、様々な活動をされていますが、

葉石さんってどのような方なんでしょう?

葉石さんは、バリバリのキャリアウーマンだったようです。
(イメージとぴったりです。)
30代後半の時の働き方は、

「連載を同時に14~15本も抱え、
睡眠時間も満足に取れず、
あまりの多忙さに、いつもイライラしていた。」

という感じだったとご本人がおっしゃっています。

ところが39歳の時、お父様が亡くなり、
死生観ががらりと変わりました。
『仕事ばっかりしている場合ではない。
もっと緩やかに生きるべきではないか』
と考えを改めた。そうです。

お父様が、死んでいく最後に、
葉石さんに大切なことを教えて下さったんですね。

さらに、40歳の時に離婚をされています。
離婚の理由は「子作りについての考え方」が
一致しなかったことのようです。

そして一人になって改めて、
お父様の言葉を思い出したそうです。

人間は決して1人で生きているわけではない。
いろんな人々によって支えられ、生かされている。
人にしてあげたことは忘れて、
人からしてもらったことは覚えていなさい」……と。

”感謝”を教えてくれていたお父様。
本当に素敵な方です。

そして41歳の時に、現在のご主人と出会ったそうです。
ご主人は、京都の老舗呉服屋「宮崎織物」三代目社長、宮崎好隆さんです

結婚されてからも

京都と東京を行き来するような生活をされているようです。

さらに地方や海外でのお仕事も多くあると思いますので、

ご主人は、そんな葉石さんを理解した上で、ご結婚されたんでしょうね。

子どもについて

お子さんについては、
先ほど「子作りについての考え方」が合わず離婚した。
とありましたが、

妊娠、流産を経験されています。

そしてその経験の中で、

「産まない」という決心をされたそうです。

もしかしたら、前のご主人は

子供がほしい人だったのかもしれませんね。

葉石さんは、比較的お若いころにお父様と死別され

さらにお子さんの流産を経験されています。

その中で思うことが本当に沢山あったと思います。

そして最終的に大切にしようと思ったのは

”感謝”の心だったようです。

葉石さんについて詳しく調べてみて、

とても懐の深い優しい方なんだろうなぁと

思いました。

感謝の心を大切にされているので、

今のご主人とも上手くいっているのかもしれませんね。

私も、”感謝”を忘れず、日々生活していきたいな

と思いました。

スポンサードリンク

ごごナマに出演

そんな葉石さんがごごナマに出演。

今回は、「日本酒の熱かん」について、
楽しみ方を伝授して下さるそうです。

最近ぐっと寒くなてきたので、
熱燗が飲みたくなりますよね。

熱燗に合うお酒や、簡単おつまみも出てくるようですよ。

私も熱燗を上手に入れられるようになって、
主人に振舞いたいと思います!

放送が今からとても楽しみです。

皆さんも是非見て下さい。

まとめ

葉石かおりさんの

・経歴

・「SAKE EXPORT」について

・死生観/人生観について

調べてきました。

私の主人も日本酒が大好きでよく飲んでいます。

私も飲みやすいものから色々飲んでみたいなと思いました。

葉山かおりさんをこれからも応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする