平野浩彦(歯科医師)のプロフィール 口の体操や食事の工夫で衰えの予防を。【明日も晴れ!】

スポンサーリンク

歯科医師の平野浩彦先生が、

「明日も晴れ!人生レシピ」に

出演されます。

最近、口まわりのささいなトラブルが

全身の衰えを招くという考え

が注目されているそうです。

平野先生は「オーラルフレイル」に

ついて多くの講演活動なども行っています。

平野先生が、どんな方なのか経歴を含め

「オーラルフレイル」とはなんなのか?

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

経歴(プロフィール)

出典:https://www.tmghig.jp/hospital/

氏名:平野浩彦

誕生年:1963年(2018年現在 55歳)

出身:埼玉県さいたま市

学歴

さいたま市立浦和高等学校を卒業

日本大学松戸歯学部へ入学、卒業

職歴

卒業後、3か所の口腔外科で研修を行い、

東京都老人医療センター で歯科口腔外科主事→医長へ

2009年 東京都健康長寿医療センター研究所専門副部長に就任

(組織編成により東京都老人医療センターから
東京都健康長寿医療センターへ名称変更)

研究分野 老年歯科学

専門 高齢者歯科

勤め先が、長寿医療センターで、

研究分野が 老年歯科、

専門が 高齢者歯科

ということで、高齢者の口の中は任せろ!!

って感じの経歴ですね。

実際「オーラルフレイル」※後で詳しく説明します。

や、認知症の高齢者の口腔ケアなどに

関わり、現在も診療・研究を続けておられるようです。

では、平野先生が、積極的に講演などを行っており、

今回のテレビ出演でも取り上げられる

「オーラルフレイル」について、

みていきましょう。

オーラルフレイルとは?

オーラルフレイルを直訳すると

オーラル = 口の

フレイル = 衰え

なので「口の衰え」という意味です。

そこから派生し、オーラルフレイルとは

食べこぼしや、むせなどから始まる

口周りの何気ないささいなトラブルのことをいいます。

口の中の些細なトラブル

(入れ歯が合わない、歯茎が痛い、口内炎、口臭など)

が原因で、いつの間にか食品に偏りが出たり、

バランスが悪くなったりします。

当然ですが、人間は口から栄養を摂取しますので、

栄養やバランスの偏りにより、知らないうちに

体重の減少や、筋力の低下を起こし、

体全体の衰えへとつながっていきます。

スポンサードリンク

オーラルフレイルの問題点は?

オーラルフレイルについては、様々な問題があるようです。

・口の中の問題は、口臭なども含め、加齢によるものと軽視されていること。

・指摘すると本人が不快な思いをするからと家族が遠慮してしまうこと。

さらに注意が必要なのは、一人暮らしの高齢者です。

・好きなものだけを偏って食べる。

・固いものより食べやすい柔らかいものを食べがちになる。

・一人で黙々とご飯を食べる。(早食いや噛む回数が減る。)

・口の中の状態に関心を払わなくなる。

放置をすればするほど、オーラルフレイルは

進んでいってしまうので、本人も周囲も注意する必要がある。

確かに、口腔内の問題ってなかなか相談しにくいです。

特に、人の口の中について、何か思ったとしても

「口臭がしますよ。」とか

「きちんと歯磨きしてますか?」とか

絶対に言えないです。

口の中の問題って結構デリケートですよね・・・。

どうやって対策するの?

大切なのは、オーラルフレイルという考え方があるのを知り、

積極的に予防していくことです。

平野先生は

「50代から意識をした方がいい。」

とおっしゃっています。

噛む、飲み込むといった口の動きは、

顔の回りの筋肉がしっかり動くことが前提なので、

歯の力が衰える前に、意識をしだすのが大切です。

効果があるのは、

・食事の時に、口の筋肉をしっかり使いうこと。

具体的には

・食べ物は奥歯できちんと噛む

・柔らかいものばかりでなく、固いものを食べる。

・きちんと食べ物をかみしめるようにする。

などが大切をいうことです。

また、歯科検診に定期的に通い、

歯をきれいな状態に保っておくことも大切です。

高齢者の場合は

・家族が注意してみておく

・一人暮らしの場合も、家族や知人と定期的に食事にいくようにする。

・かかりつけの歯科医師をつくり、相談するように促す。

などが大切ということです。

スポンサードリンク

口の体操

口の体操も効果があるそうでう。

「パタカラテスト」

「パパパパ……」「タタタタ……」「カカカカ……」と、

パ、タ、カの3音を短時間でどれだけ細かく発音できるかを測ります。

唇や舌の機能を強化できるそうです。

テストと言われると、みんな頑張りますし、

定期的に回数を測ったりして記録に残すと、

機能の回復や衰えを測る目安になるかもしれません。

千葉県歯科医師会では

3音を含めたフレーズ

「パンダのタカラモノ」

を繰り返すことを勧めている。

その他では、

本や新聞などを音読したり、

カラオケで歌ったりするのも、

口の筋肉を鍛えるのに役立つそうです。

私はどれかと言われたら、

カラオケで歌うのがいいかなーって思います。

それなら楽しんでできそうです。

明日も晴れ!人生レシピ に出演

高齢者の歯科を専門にされている

平野先生が、

「明日も晴れ!人生レシピ」

に専門家として出演されます。

番組では、具体的に

噛む力を養う調理法や

口の機能の衰えの改善や予防に役立つ体操など

を紹介される予定です。

どんな話が出てくるのか、是非聞きたいです。

私の親の世代が、ちょうど予防をしていく世代なので、

今度会った時に話題にできるといいな、と思います。

今回は、高齢者の歯についてですが、

子どもの歯についても気になるところです。

うちの子もあんまり固いものは食べません・・・。

「もういいや」って、言います。

口の中の発達が大丈夫かなって

ちょっと心配になったりします。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、平野浩彦先生の経歴と

平野先生が専門とされている高齢者歯科の中の

「オーラルフレイル」について

詳しく調べてみました。

誰かの参考になると嬉しいです。

長文を読んで頂いて、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする