池山晴人 大阪国際がんセンター がん相談支援センターで相談員に何を相談する?仕事内容は?(ごごナマ)

スポンサーリンク

次回の「ごごナマ 助けて!きわめびと」に

池山晴人さんがきわめびととして出演されます。

日本人の2人に1人が発症するがんに対して

社会福祉士、精神保健福祉士である池山晴人さんは

どのようなことをされているのか

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

氏名:池山晴人(いけやまはると)

勤務先:大阪国際がんセンターがん相談支援センター

役職:副センター長 総括主査

資格:社会福祉士、精神保健福祉士

プロフィールを読むと言葉でなんとなく分かるけれど

人に説明できるほど知っているものではない

とは思いませんでしたか?

池山晴人さんが実際にどんな仕事をしているのか

持っている資格はどんなものなのかを

お伝えしたいと思います。

がん相談支援センター ってどんなとこ?

設置場所

全国のがん診療連携拠点病院、小児がん拠点病院や

地域がん診療病院に設置されています。

相談内容

  • がんになった事で生活の変化についての不安
  • 治療や療養に伴う疑問
  • 手術後の社会復帰について
  • 治療費のこと
  • 担当医と患者との間のコミュニケーションの支援
  • 担当医から提案された以外の治療法が知りたい
  • がんの予防や検診について知りたい
  • 何を聞けばいいのかわからない。

等で上記に関わらず相談することが出来ます。

一番最後の「何を聞けばいいのかわからない」

がんという病気に直面した人がよくなる状態では

ないでしょうか?

よく分からない病気で、治るかも分からない

不安な気持ちを受け止めてくれる場所でもあるので

気軽に相談してみてください。

また、相談方法としては対面相談、電話相談、FAX相談

電子メール相談がありますが施設によって変わるので

注意してください。

どんな人が相談できるの?

病院にかかっているがん患者だけではなく

他の病院にかかっている患者や

その家族、親戚、知人、医療関係者など

誰でも利用することができます。

なお、匿名での相談も可能です。

さらに、相談料は無料です。

相談できる人に制限がないので

例えば担当医の下で働く看護師が治療方針について

直接、意見を述べることは出来ないですが

ここで相談するという方法なら可能ですね。

ただし、

担当医に代わって診断や治療方針を
判断することは
出来ません。

この点は注意してください。

判断をするのはあくまで担当医という事をお忘れなく。

スポンサードリンク

相談員はどんな人がなるの?

原則として医療・福祉の資格を有した人で

がん相談支援業務に携わり

国立がんセンターがん対策情報センターによる

基礎研修(1)~(3)を修了した人が相談員になってます。

相談員は相談者を支援することに十分な能力を

備えていると認められた人ですので

その道のスペシャリストという事になります。

利用者の声

がんと診断されたとき、自分の足元と未来が音を立てて崩れたように感じました。頭が真っ白で、担当医の説明も頭に入りませんでした。診察室を出た足で、ふらりと「がん相談支援センター」に立ち寄りました。

「人一倍健康だった自分が、がんになるはずがない」「これが夢でありますように」と、あふれる涙を止めることができませんでした。

今思うと、あのとき思いきり胸のうちを話せたこと、そして「自分は一人ではない」と感じられたことは、大きな支えになったように思います。

がん情報サービス

手術の後、担当医より、これからしばらく治療が続くと言われました。しかし、経済面で余裕がなく、治療が続けられるか不安でした。その旨を伝えたところ、「がん相談支援センター」への相談を勧められました。

「がん相談支援センター」では、高額療養費制度や限度額認定証など、利用できる制度と手続き方法について、具体的にアドバイスをいただけました。また、担当医と相談の上、治療計画も工夫をしていただくことができ、安心して治療に臨めました。

がん情報サービス

再発を告げられました。「絶対にがんを治す」と思ってがんばって治療を受けてきたので、ショックで言葉もありませんでした。ただつらく、嵐の中を一人で立っているようでした。

「がん相談支援センター」の相談員の方は、落ち込み、泣き、怒る私の側に、そっと寄り添ってくれました。静かな相談室の中で、たくさんのことを話し、たくさんの時間を共に過ごしました。

人生はいいことばかりではないですが、今、私は「一人ではない」と感じています。そして、「今」を生きる自分を誇りに思います。

がん情報サービス

この利用者の声を見ていただいて分かるように

相談員に心に広がる、精いっぱいの不安な声を

ぶつけているのが分かります。

そして、最後には納得して相談して良かったと

言われています。

スポンサードリンク

インタビュー動画

池山晴人さんががんと付き合う(心のサポート)

というテーマでインタビューを受けている

動画がありましたのでリンクを貼っておきます。

https://www.sawai.co.jp/bb657e8d-1edf-4aad-ac31-ae564a8aa4da

社会福祉士と精神保険福祉士の違い

両者の違いはサポートの対象となる人が

大きな相違点となっています。

社会福祉士

高齢者、障害者、子どもなど、すべての人を対象

精神保健福祉士

総合失調症や認知症、アスペルガー症候群など

精神に何らかの病気や障害を持つ人を対象

どちらの資格も、対象者がその人らしい生活を

送ることのできるよう、トータルな支援を

行うという点で共通点の多い仕事内容です。

相談という性質上、どちらの対象者と接する機会が

多いので池山晴人さんのように両方の資格を

所有している人が多いそうです。

ごごナマ 助けて!きわめびと「チーム家族でむきあうがん」

その道を究めた人。

今回のきわめびとは

「大阪国際がんセンターがん相談支援センター 」の

副センター長の池山晴人さんが出演されます。

がんになった時に相談できる人はいますか?

あなたのがんの治療法に疑問はないですか?

がんに関することならなんでも聞いてくれる

その道のプロが出演するのですが

いったいどんな話を聞かせてくれるのでしょうか。

当日の放送が楽しみですね。

スポンサードリンク

まとめ

冒頭でも書いていましたが

がんは2人に1人が発症する病気ですので

割合でいえば4人家族なら2人ががんになるという事です。

不治の病が治る病気となってきてはいますが

それでも死因としてはトップクラスです。

身近な人に相談するのもいいですが

あなたにとって満足のいく答えを出してくれるか?

あなたの不安をしっかりと受け止めてくれるか?

答えは難しいです。

がん相談支援センターの認知度はまだまだ低く

がんになる人は多くても利用者が少ないのが実情です。

けれど、利用した人の満足度は高いので

この記事を通じて一人でも多くの人が

がん相談支援センターのことを知ってもらえたらと思います。

長文を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする