中尾晋 サーモン戦国時代を生きる協会代表の活動とは?  マツコも納得、美味しいサーモン料理 (マツコの知らない世界)

スポンサーリンク

11月20日の「マツコの知らない世界」に

全日本サーモン協会代表の中尾晋さんが出演されます。

サーモン協会の代表だというくらいなので

相当なサーモン好きだと思ってましたが

想像の上手を行きました・・・。

1日2食を週5日間もサーモンを食べておられました。

確かに、サーモンは美味しいので私も好きですが

ここまで食べれるのは正直、驚きです(笑)

そこまでサーモンを愛する中尾晋さんとは

一体どんな方のでしょうか?

気になったので調べてみました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

スポンサードリンク

プロフィール

氏名:中尾晋(なかお すすむ)

愛称:サーモン中尾

生年月日:1990年3月18日(28歳 2018年現在)

血液型:B型

大学:同志社大学法学部

出身:滋賀県

幼少期は琵琶湖や川で毎日遊んでいて

身近に水辺があったことから

魚が好きであったようです。

その影響もあってか

小さいころの夢は「お魚屋さん」

夢の実現に向かって水産系の大学を目指そうとするも

なぜか先生に止められ、国際政治の学べる同志社大学へと進学。

この時先生は、どんな思惑があって止めたんでしょうね。

水産系ではなく法学部出身というのも意外でした。

しかし、就職は水産系メーカーの商社に入社です。

水産系で就職しやすい方法が経験をもとに書かれていました。

結局就職活動では水産系のメーカー商社を中心に就活をしました。小さい頃から魚屋を目指していたことを写真とともに説明して大体のところは内定もらえました!笑

熱意が通じたという事でしょうね。

あと自慢という事で書かれていたのですが

水産商社以外で大手消費財メーカーと電力系インフラ等の

内定をもらっていたそうですが

それらを蹴り、水産系に就職し

小さい頃からの夢を叶えたのは素晴らしいです。

スポンサードリンク

サーモン漬け

水産商社時代は

初めにマグロを担当し水揚げや養殖はたまた

加工船に乗ったりしてました。

この時はマグロの選別ミスをしてよく怒られたと

しみじみ書かれています。

マグロの給餌の動画はちょっと楽しそうです。

その後に、人生をかけるともいえるサーモンの担当になり

チリのチロエ島やプンタアレナス(チリの南端)で

サーモンの養殖加工指導をするのですが

毎日何万尾ものサーモンの養殖加工状況をチェックしていたので

夢の中でもサーモンを見るように・・・。


こんな色の布団見たことないです(笑)
この布団を使って寝ると自分がサーモンになって

下ろされる夢でうなされそうです(笑)

水産系社員から協会代表に

水産系商社は現在、退職されています。

圧倒的アナログ信仰、古典的なトップダウン

総イエスマン社会というこの先大丈夫?

と不安を感じ、よくいうミスマッチということで

退職を決意されたようです。

一時期よりサーモンが危険で有害!

という事を言われることが多くなりました。

けれど、それは不安をあおるだけで

それらしく書いてあるだけの根拠がない記事ばかり。

養殖加工を指導してきた立場の中尾晋さんはそれを見て

いやいやいや、ちょっと待てい!!と。

本当のサーモンの魅力を伝えるため

2016年頃より「サーモンガレッジ」という

ブログを運営されています。

リンクをクリックしてもらえると

サーモンの有害・危険はデマというページに飛びます。

確かに、そんなニュースを見た記憶がありますが

私は当時も普通に食べてた記憶があります・・・。

情報に振り回されてないのか

無頓着なのか・・・。

そして2018年2月に

全日本サーモン協会を立ち上げて

代表として広報活動を行っています。

スポンサードリンク

サーモン中尾の料理集

インスタグラムやツイッターには

美味しそうなものから繊細さがないワイルドな

食べ方の料理がたくさん載ってました。

簡単にまねが出来そうなものもあったので

今度やってみたいですね。

缶詰サーモン マヨネーズ醤油掛けという

某グルメマンガの食べ方を実践して

美味しい!と投稿しているものもありました。

スポンサードリンク

マツコの知らない世界(ご当地サーモン)

11月20日の放送では

全日本サーモン協会代表の中尾晋さんが出演されます。

日本は今、空前のサーモンブーム!

100種類以上の「ご当地サーモン」が

存在しサーモンの戦国時代。

サーモンという言い方も気にいらない!

鮭と言えないのか!

というマツコさんはサーモン否定派。

サーモン否定派のマツコ…鮭vsサーモン論争の結末はいかに!?

当日の放送が楽しみですね。

まとめ

今回、サーモン大好き中尾晋さんを

調べてみました。

日本人は右にならえの種族だからか

あれが危ない!という話が出ると

信ぴょう性を確認せずに鵜呑みにしてしまい

美味しいサーモンまでもその被害にあってたんですね。

けれど、中尾晋さんのような正しい情報を

発信してくれる方がいる限り

騒ぎは正しい方向に収束できますね。

(風評被害は大きいですけど)

余談にはなりますが

中尾晋さんはほやが嫌いなんですよ。

以前の記事にほやアイドルのことを

書いていたので、その点に関しては

う~ん

となってました。

好みの別れる食材なので仕方ないですけど

まさかこんな直近でほやのネタが

再び出ると思いませんでした。

長文を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする