二八そば亀福が人生の楽園に登場!営業時間やメニューは?お取り寄せは出来るの?

スポンサーリンク

11月24日放送の「人生の楽園 福招く山里の蕎麦店~愛知・豊田市」

という企画で二八そば亀福が取り上げられます。

この蕎麦屋は夫婦で店を切り盛りされているのですが

店を始めたのは70歳になってから!

どのような経緯で店を開くことになったのか

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

二八そば亀福はどんなお店?

引用元:https://twitter.com/

店名:二八そば亀福

住所:愛知県豊田市花沢町下前39

電話番号:問合せ用電話は無し

連絡先:titter @28soba_kamefuku

駐車場:5台

営業日:土・日・月の週3回

営業時間:AM11:00~PM3:00

週3回必ず開いているわけではないので

事前にお店のtwitterで開店情報を確認

する必要があります。

引用元:https://twitter.com/

そばは

中根清茂(愛称:きよちゃん)さんがそばを打ち

妻の光世(愛称:みっちゃん)さんがそば汁や薬味の準備

という風に役割を決めてやられています。

阿吽の呼吸で作るそばの味はどんなものなのでしょうか?

メニュー

  • もりそば
  • かけそば
  • 期間限定そば

の3種類のみになります。

1日40食限定なので営業終了時間前に売り切れることも。

そば以外にも店頭販売されているものがあります。

自家製のブルーベリージャムに古代米の藁で作った

亀のしめ縄を販売されているようです。

スポンサードリンク

なぜ週3だけ営業なの?

店主の中根清茂さんは火曜日から金曜まで

豊田市の下山地区を走るコミュニティバスの

配車係として働かれています。

65歳で建築会社を退職しその後、土地勘の良さを

買われ再就職されています。

土、日、月は蕎麦屋の店主で

火曜から金曜までは配車係。

休みなしで働いていることになりますね。

70歳にもなる人がとても元気です。

蕎麦屋としてオープンするまで

20年ほど前に国の減反政策により、持っていた田んぼの

一部でそばの栽培に取り組んだのが始まりでした。

15年ほど前から夫婦でそば打ちを趣味として始め

定年退職したことをきっかけに周囲からの

「蕎麦打ちが得意なんだから、店でもやったらどうだ」

という言葉を受けて自宅の納屋を増改築して

2018年7月にオープンしました。

オープンしたばかりのお店ではありますが

店主の腕前はオープン前から知られていたこともあり

すぐに地元の方からの評判で行列が作られました。

そんな店主のそば打ちの動画です。

気になる蕎麦の通販や、お取り寄せは?

次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする