大原直美(美術モデル)、セクハラ講義写真を特定!?大学提訴も悪いのはどっち?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

大原直美(美術モデル)さんが

ヌードをテーマとした公開講座でセクハラ

受けたという事で提訴しました。

ヌードがセクハラ?

芸術がセクハラとなる時代?

講義に使われたという写真は特定できるのでしょうか?

講座を企画した大学が提訴されましたが

悪いのはどちらでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク

大原直美(美術モデル)、セクハラ講義写真を特定!?

問題となっている講座はこのようになっていました。

京都造形芸術大学がプロデュースする

社会人ためのアートカレッジ

【東京藝術学舎】の外苑キャンパス(東京都港区)で

全5回の「ヌード」をテーマにした公開講座

2018年4〜6月に行われました。

その中で問題となったのは

第3回の会田誠さんが講師を務める講座でした。

大原直美さん曰くの内容によりますと

酒に酔ったような状態で現れたという

会田さんは女性がレイプされている

絵などを見せたほか

「講師自身が全裸でオナニーしている

写真」

「AV女優がゴキブリとセックスしている

写真」

などをスクリーンに投影した。

さらに、映されている女性の乳首を

つついて下ネタを話すなどしたほか

「(大原さんの職業である美術モデル

を)ズリネタにした」

などとも講義で話したという。

HUFFPOST

そして訴訟、会見となった運びですが

その会見内ではこのように話していました。

芸術家の講師の人から事前告知なく

性暴力、児童ポルノが題材の絵や写真などの

作品を見せられたという事です。

この芸術家の講師の人から事前告知なく

という発言が訴訟での焦点になりそうです。

この件に関しては次で書かさせてもらいます。

会田誠さんの気になる作品、動画は次のページで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする