大原直美が精神的苦痛で訴訟!賛同はどれくらい?その理由やネットの意見まとめ!

スポンサーリンク

大原直美さんが公開講座で不快を感じる写真を

強制的に見せられたということで精神的苦痛理由

訴訟を起こしました。

今回の訴訟に対してどれくらいの賛同

得られているのでしょうか?

賛同理由やインターネット上の意見には

どんなものがあるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

大原直美が精神的苦痛で訴訟!賛同はどれくらい?その理由やネットの意見まとめ!

今回、訴訟を起こしているのは

2人の芸術家ではなく企画した大学だということです。

訴えた内容の要点をまとめますと

  • 講座がセクハラになると訴えたのに対策を怠った
  • 大学への出入り禁止
  • 同窓会にも出席しないよう要請

ということです。

大原直美さんは今回の一件で

被害者が押し込められて終わりというのは

ハラスメント対策としてはあり得ない

と述べています。

そして大学側に慰謝料など約333万円を求めて

訴訟を起こしました。

賛同の意見はどれくらい?

今回の騒動に対する意見を探してみました。

公平を期すために賛否両論を求めて

色々なサイトを当たってみました。

膨大な数の意見があったので

全てを紹介することができませんので

一部のみを記載させていただきます。

こちらはtwitterで#大原直美 #会田誠をもとに

意見を探したものです。

エロをテーマにしている講義に行きショックを受けたからとの訴訟は、要は当たり屋ですよね。 どうやったら潰せるかを考えて、仲間がいつもやってる被害者ビジネスのパターンで行けると結論しての行為でしょう。 日本の行政に対する訴訟で、税金をガバガバものにして来れたので、その発展形でしょう

あの場にいた者です。ズリネタエピソードはもう一つ仰ってました。親が厳しくてズリネタが手元に無いから想像力を駆使して自作していた、と。場はほんわかムードに包まれていました。講義内容が酷いって理解に苦しみます。

講義受けてその場にいました。ヌードに対して真っ向勝負してたスリリングな講義でした。この出来事が馬鹿馬鹿しい笑い話と語り継げる未来でありますように。

作風も知らずに講義に参加するかなー怪しい(⊙ω⊙)w 言いがかり付けられた風ですね( ・᷄ὢ・᷅ ) この世の全ての萌えキャラ排除したい例の人達絡みかと勘ぐり(  ̄_ ̄)

美術大の公開講座に来たモデルが講義内容に不快感を感じセクハラと訴えた話。 一言で言うなら馬鹿馬鹿しい。 ハラスメントといえば何をやっても許されるわけじゃないし、今回の件はむしろ権利の乱用に近い。 大学側ももう少ししっかりしろと思う。

当たり屋に当たりましたね。 芸術作品やその文化的背景にまでセクハラを持ち込めばもはや学問として成り立たなくなります。昨今のセクハラセクハラと騒げば良いと思ってる一部の人間に気をつけて、今後もご自身のやり方を貫いてください。応援しています。

内容は別として、性器そのものを当然のように「不快なもの」として扱うってどうなんだろうね。俺達の親は全て変態なのかね??
じゃぁ健全な人達は子供はどうやって作るのかな。。。
動物として人として当然あるべきものだと考えるがいかがなもんかね

スポンサードリンク

賛成、批判どっちが多い?

見つけた意見は全て批判的なものばかりでした。

大原直美さんの公式SNSが見つかれば

また違った結果になっていたのかもしれませんが

見つけることが出来ませんでした。

どこに所属してどんな活動をしているのかも謎です。

批判的な偏った意見ばかりでしたが

この大多数を占める意見が

世間の意見という事なんですよね。

大原直美さんはこの多くの意見に対して

どう思われるのでしょうか?

もし、私がこんなことおかしい!

と公の場で意見を述べて

誰一人として賛成してくれず

反対の意見ばかりだとしたら

精神的に参ってしまいそうです。

顔も出して、名前まで出ているので

全国区の有名人となってしまっているので

外で何かしても、すぐにあっ訴訟したあの人だ!

と言われるという事です。

これはプライバシーを保つのも大変だと思います。

現在どこに住まわれているのか分かりませんが

住み続けるのは難しくなるんじゃないかなぁと思います。

せっかく勇気を出して訴えを起こしたのに

なんか逆効果になっている気がします。

女性が訴えを起こしたらたいていは

女性が優位になる事が多いのに

今回は批判ばかりってなかなか珍しいですよね。

今後、この問題がどのように進んでいくのか

とても気になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする