崎谷健次郎に今井貴水がストーカー!きっかけは不倫?顔画像、行為がヤバイ

スポンサーリンク

ゆゆこんにちはMaruです。

崎谷健次郎さんが話題になっています。

理由は27年間に渡って

今井貴水(いまいきすい)さんに

ストーカー行為をされていたと

告白したからです。

逮捕されているのでさんではなく

容疑者ですね。

ストーカーのきっかけは不倫

崎谷健次郎さんが認めた?

犯人の顔画像やヤバイ行為について

調査してみました。

不倫関係にあるのかと思いましたが

独身の時に会っていた

というコメントをいただきましたので

記事の内容を訂正させていただきました。

スポンサードリンク

崎谷健次郎に今井貴水がストーカー!

27年間に渡ってストーカー行為を

受けていた崎谷健次郎さんとは

どんな人なのか?

ストーカー行為をしていた

今井貴水容疑者はどんな人なのか

プロフィールを簡単にまとめてみました。

氏名:崎谷 健次郎(さきや けんじろう)

生年月日:1962年12月30日

年齢:56歳

出身地:広島県福山市

出身校:日本大学芸術学部音楽学科中退

職業:シンガーソングライター

音楽プロデューサー

崎谷健次郎さんは1985年に

作曲家としてスタートを切り

1987年に歌手として

思いがけないSITUATION

でデビューしています。

代表曲は

「もう一度夜を止めて」

です。

プロデュース曲には

斉藤由貴さんの

「夢の中へ」

中山美穂さんの

「これからのI Love You」

などがあります。

氏名:今井 貴水(いまい きすい)

生年月日:非公表

年齢:非公表

出身地:東京都

出身校:東京都立小石川高校卒業

テンプル大学日本校

職業:シンガーソングライター

プロデューサー

今井式3オクターブ歌唱法開発

20歳ごろに音楽の道に足を踏み入れ

大学に通いながら

ボイストレーニングを習い

本格的に歌手を目指しました。

アメリカのテンプル大学に留学し

3オクターブ歌唱法の研究をしますが

この歌唱法には練習曲がないため

自主制作をしているようです。

YouTubeにはチャンネル開設もしていて

自身の楽曲をアップロードしているようです。

スポンサードリンク

27年間のストーカ行為で逮捕

1991年ニューヨークで

崎谷健次郎さんと今井貴水容疑者が

出会ったその翌年に

崎谷さんがリリースしたアルバムの曲を

聞いてその中の曲が

自分への思いをつづった曲だと

思い込んだようです。

ストーカー行為は、その時から始まったという。

去年から行動がエスカレートし

誹謗中傷が酷くなったことで

警察に相談したところ

2019年6月に今井貴水容疑者は

ストーカー規制法違反の疑いで

逮捕されたのです。

崎谷健次郎のストーカーのきっかけは不倫?顔画像、行為がヤバイ

崎谷さんにストーカー行為を

続けてきたのは

崎谷健次郎さんの別れた元妻の

知り合いでした。

それが今井貴水容疑者で

顔画像はこちらです。

出典:https://www.tunecore.co.jp/

24歳の時に

作詞家の有木林子さんこと

吉國一己さんと結婚をしています。

そして28歳の時に離婚しています。

今井貴水容疑者と崎谷健次郎さんが

出会った1991年は

今から28年前です。

離婚したのが今から28年前で

何か関係があるのかと調べると

今回の事件で

このように告白していました。

崎谷さん「(ストーカー行為をされたきっかけは?)1991年にレコーディングでニューヨークに行った時に、(元妻の)知り合いということで、女も一緒に会ったことがある。女が私のホテルにやってきて、過ちが一度ありました」

出典:https://www.fnn.jp/

過ちが一度ありました。

と語っています。

不倫関係にあるのかと想像しましたが

独身後に会ったと語られていたので

不倫関係ではありませんでした。

今井貴水容疑者はもてあそばれた?

崎谷健次郎さんの非難についての記事はこちら

ストーカー行為のやばい内容は?
次のページで!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 村井かおる より:

    崎谷健次郎さんのファンなので記事にされることは嬉しいですがマルさんの誤解なのか間違いが多いのでコメントします。タイトルにある不倫?、これはTVでも報道されてましたが不倫ではない。離婚後にNYで会った、お互い独身との報道でした。ネットで誤解が大きく膨らむとファンにも本人にも迷惑がかかるので気を付けたほうがいいと思います。

    • nakamura86 より:

      ご指摘のありました内容を訂正、加筆させていただきました。コメントをいただけなければ、誤解を生む内容のままでしたが、お陰様で訂正することが出来ました。ありがとうございました。関係者の方にはご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。