上田倫基、発達障害でも京都の伝統工芸(染め物)の後継者へ(所さん大変ですよ)

スポンサーリンク

引用元:http://amalate.co.jp

11月22日放送の

所さん!大変ですよ「誕生!?伝統工芸の救世主」

という番組に発達障害を抱える人が登場されます。

登場される方は、人と関わることを苦手とする人。

接することを苦手とするのに

人に教えてもらう立場を選んだのは何故なのか?

困難に立ち向かうことを選択したのは何故なのか?

が気になったので調べてみました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

スポンサードリンク

採用した伝統的工芸品メーカー

今回、登場するメーカーを調べてみると

京都にある会社だと分かりましたので

少しまとめてみました。

京鹿の子絞り「種田」

社名:株式会社種田(絞彩苑 種田)

住所:京都市下京区柳馬場五条上る

電話番号:075-351-4581

代表者:代表取締役 種田靖夫

鹿の子絞りとは?

引用元:http://www.cosaien.com/

着物や帯揚げなどに使われる染織技法のこと。

千数百年も前から続く技法の括(くくり)の模様が子鹿の

斑点に似ているところから「鹿の子絞」と言われている。

特徴としては色合いにじみ具合や独特の立体感がある。

江戸時代には贅沢品として、何度も禁止令が出されるほどの

繊細かつ豪勢な絞りが製造されていました。

採用に至るまで

京都市の取り組み

京都市では、「はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプラン」に基づき,障害のある方の就労支援に取り組んでいます。

京都市情報館

この取り組みは、障害者雇用に意欲があるけれど

雇用に関するノウハウがない企業に対して

障害者雇用促進アドバイザーの派遣をした際の

費用を補助する取り組みを実施するものです。

その制度を活用し今年の3月に採用したのが

京都の伝統的工芸品「京鹿の子絞」のメーカー

株式会社種田(絞彩苑 種田)

になります。

採用されたのは上田倫基さん

今回の採用に当たり代表取締役の種田さんは

次のようにコメントされています。

今回,採用した上田さんは,仕事に対するモチベーションが高く,また,繰返し作業の「くくり」に適した特性をお持ちでした。今は,「くくり」職人の腕を磨きながら,商売に必要な知識を覚えてもらっています。伝統工芸もグローバルな視野を求められる時代。世界に広めていける人材に成長して欲しいと願っています。

京都市情報館

日本各地の伝統産業分野においても後継者不足は

深刻なものとなっています。

なので、障害のあるなしに関係なく、後継者を育て

業界を盛り上げていくことが必要となっています。

人材を海外に向けるのではなく、国内にも適した

人材がいることを証明した事案だと思います。

なぜ上田さんの採用したのか?

つづきは次ページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする