金沢明子のローソクCM動画は?年収は自宅借金より凄い?離婚理由は?【徹子】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月6日放送の徹子の部屋に

金沢明子さんが出演します。

有名となるキッカケとなった

過去のローソクCM動画は見れるのでしょうか?

年収自宅借金4億円を

完済できるという事は相当凄いけど

一体いくらもらっていたのでしょうか?

また借金の原因となる離婚の

理由は何だったのでしょうか?

気になることを調べてみました。

スポンサードリンク

金沢明子のローソクCM動画は?

気になるローソクCMを紹介する前に

金沢明子さんのプロフィールを

紹介しますね。

氏名:金沢 明子(かなざわ あきこ)

生年月日:1954年10月25日

年齢:64歳(2019年9月現在)

出身地:千葉県市川市

出身校:豊南高校

金沢明子さんはアマチュア民謡歌手の

父の影響で子供時代から

民謡を歌っていました。

お父さんからの民謡の歌い方の指導で

ろうそくの前で炎を揺らさないように歌う

というのがありました。

民謡の発声法のトレーニングだそうですが

これがあるCMに使われたのです。

そのCMとは日東あられのCMです。

日東あられのCMがこちらです。

懐かしいCMがずらりと並んでいますが

目的の金沢明子さんのCMは

3分13秒~から始まります。

ただ残念ながら紹介するCMは

ローソクCMではなく

別バージョンのものです。

スポンサードリンク
本当ならこんなCMが

見れるはずなのですが・・・。

執筆時点ではネット上には

存在しておりませんでした。

金沢明子の年収は自宅借金より凄い?離婚理由は?

1979年は金沢明子さんにとって

人気絶頂の25歳でした。

しかしフジテレビ社員との結婚が

きっかけで人気が落ちてしまいました。

そして後ほど離婚。

2度目の結婚をしたのが

34歳の時で4歳年上の一般人男性

歯科医と結婚したのです。

結婚を機に千葉県に500坪の自宅を

建てるのですが

1階部分は歯科医であるご主人の

個人病院だったのですが

問題は自宅の名義が金沢明子さんだったこと。

この歯科医のご主人とは離婚するのですが

原因はご主人の不倫でした。

スポンサードリンク
金沢明子さんに

不倫相手の弁当を作らせるなど

やりたい放題で

我慢の限界に達し離婚を決意しますが

離婚裁判に発展し

離婚できたのは3年後でした。

結婚から8年後の悲劇でした。

自宅兼病院は金沢明子さんにとって

不要物件ですが名義は金沢明子さん。

売却しても4億円もの借金

残ることに・・・。

毎月の支払額は数百万円にもなり

返済のためにライブを

年間1000以上こなして返済しました。

年収がヤバイ?

4億円の借金は20年間

返済したそうです。

4億円と言っても利息があるでしょうから

約20年前の利息っていくらなんでしょうか?

参考に調べた数字は

住宅ローンが最低で5~6%。

ちなみに2018年は1%代です。

仮に金利5%で20年間支払った場合の

支払総額は6億円を超えてました。

実際は見直しをして

もっと金額を抑えているとは思いますが

最悪はこれぐらいを払ったことになります。

6億円を20年間という事は

年間で考えると3000万円払っていた

計算になりますよね。

スポンサードリンク
という事は年収

この支払プラス生活費などで

3000万円以上あったということです。

借金を返すために

くる仕事は断らなかったということですが

写真集もそうだったんでしょうか?

ヌードのようなので

需要は結構あったと思うので

この売り上げも凄かったんでしょうね。

9月6日放送の徹子の部屋

父から習ったローソクの前で

声を出す独特な発声練習はCMでも使われ

有名人の仲間入り

私生活では2度の離婚を経験し

再婚時に建てた自宅の借金が4億円。

どんな仕事も拒まず続け

20年かけて完済したそうです。

そんな波乱万丈の人生を語るのと

歌唱映像が公開されます。

スポンサードリンク

金沢明子のローソクCM動画は?年収は自宅借金より凄い?離婚理由は?【徹子】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 金沢明子のローソクCM動画は?
  • 金沢明子の年収は自宅借金より凄い?
  • 離婚理由は?
  • 9月6日放送の徹子の部屋

4億円もの借金ってヤバいですね。

こんな大金を返済できる人は

世の中になかなかいないですよ。

それを20年かけてやってのけた

金沢明子さんは凄いです。

がむしゃらに働いてきせいか

現在も独身のようです。

番組ではどんな話が聞けるのか

楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする