月光恵亮のバンド名やプロダクションは?プロデュースは話題作り?【ノンフィク】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年12月29日に放送される

ザ・ノンフィクションは違法薬物で逮捕された

月光恵亮さんが主役です。

音楽業界から追放された過去ですが

現在はあるプロダクションから依頼を受けて

女性ボーカルバンドプロデュースするようです。

プロデュースを依頼したのは

話題作りなのか

月光恵亮さんを救おうと思っているのか

いったいどちらなのでしょうか?

この記事では月光恵亮さんが手がけるバンド名前

所属プロダクションがどこなのか気になったので

調べてみました。

スポンサードリンク

月光恵亮のバンド名やプロダクションは?プロデュースは話題作り?

月光恵亮さんが違法薬物で逮捕されたのは

今から2年前の2017年6月の話で

当時は超大物音楽プロデューサーが

逮捕されたという事で

メディアのトップニュースになっていました。

月光恵亮さんがプロデュースした

音楽タレントは数多くいるのですが

一番有名なのはBOOWYでしょうね。

月光恵亮さんの音楽プロデューサーとしての

実力は確かなもので

手がけたアーティストを見てみると

人気アーティストばかりでした。

誰がいるのかは月光恵亮さんのWikipediaに

ズラーっと名前が並んでいるので

確認することが出来ます。

一流・・と言ってもいい人物でしたが

逮捕をきっかけに人生は暗転し

それまでに築き上げた全てを失い

現在の生活は

都内のアパートにルームシェアで住むという

当時の面影を残さないものです。

収入源は10万円ほどの年金だそうです。

かつての栄光も過去のもの。

そんな時に手を差し伸べてくれたのが

小さな芸能プロダクションの社長で

女性ボーカルバンドのプロデュースを

月光恵亮さんに依頼したのです。

月光恵亮さんの事件による判決では

懲役1年6ヶ月、執行猶予3年とありますので

現在も執行猶予期間中です。

まだ罪を償っている期間。

月光恵亮さんを救おうと思っているのか

ゲスな言い方をすれば

プロデューサーとしての手腕は落ちていないと考え

依頼料が安く済む今が頼むチャンス!

と思っているのか

どちらが社長の考えなのか分かりません。

スポンサードリンク
小さな芸能プロダクションであれば

人気アーティストを輩出し

会社を大きくしたい!

なんて考えがあるのかも

と思ってしまいます。

それでも仕事も地位も失ってしまった

月光恵亮さんにしてみれば

好きな音楽業界で仕事が出来るチャンスです。

仕事を引き受けたものの

さらなる悲劇が襲ったのです。

耳が聞こえない・・

原因は年齢によるものなのか

病気が原因なのか

分かりませんでしたが

音楽で仕事をする人にとって

耳が聞こえないというのは致命的です。

神様は月光恵亮さんの復活を手助けしてくれない?

私ならば

せっかくのチャンスなのに

それを活かせることが出来ないと

絶望の淵に立たされた気分になります。

月光恵亮さんはどんな気持ちで

耳が聞こえないという事実を

受け止めているのでしょうか?

私と同じような気持ちでいるのでしょうか?

ノンフィクションの番組の中で

どのように語ってくれるのかとても興味深いです。

女性ボーカルバンドのプロデュースが

月光恵亮さんにとっての音楽業界での最後の仕事と

決心しているので

これまでに培った経験全てを活かし

プロデュースしていくんでしょうね。

スポンサードリンク
この女性ボーカルバンドの名前が

一体何なのか

そして所属する芸能プロダクションが

知名度のある会社なのか

気になることがいっぱいあったのですが

残念ながら特定することが出来ませんでした。

番組の中で

ヒントになるようなものがあれば

それを元に探してみたいと思います。

12月29日のザ・ノンフィクション

80年代にヒット曲を連発した

音楽プロデューサー・月光恵亮。

音楽不況の波にのみこまれ転落。

挙句の果てに薬物に手を染め

全てを失った男の後悔と懺悔の日々を追う。

Yahoo!JAPANテレビ

月光恵亮のバンド名やプロダクションは?プロデュースは話題作り?【ノンフィク】のまとめ

今回は

月光恵亮さんの音楽業界での最後の仕事である

女性ボーカルバンドのグループ名や

芸能プロダクションがどこなのかについて

調べてみました。

その結果は調べてみましたが

どこなのか分からず

ホントに月光恵亮さんのプロデュースで

デビューするのか

計画がとん挫しているのかすら分かりません。

番組で何か新しいことが分かることを

期待しながら放送を楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする