山下純一(ハーモニカ)の病名は?盲目・難聴・車いすのハンデも演奏で魅了する魅力は?【ハートネット】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2020年2月5日のハートネットTVで

山下純一さんというハーモニカ演奏者が

特集されます。

難病により手足は自由に動かないそうですが

病名は何なのでしょうか?

盲目難聴車いすというハンデがあっても

コンテストで日本一になれる実力で

世の人々を演奏で魅了しています。

障碍があっても音楽を続けたいと願い

病気と共に生きる人物の

魅力について調べてみました。

スポンサードリンク

山下純一(ハーモニカ)の病名は?盲目・難聴・車いすのハンデも演奏で魅了する魅力は?

ハーモニカ奏者の山下寿一さんですが

インタビューでこのように語っていました。

僕には見える景色も自由に動かせる手足もない。

それでも、僕には音楽がある。

こう語るのは山下純一さんは

盲目・難聴そして体が不自由なために

車いすでの生活を余儀なくされているからです。

小さなころから病気と闘ってきたそうですが

その苦しみは相当なものだったと思います。

若くてエネルギー溢れる幼少期に

周囲を見渡せば

好きに走り回っている同世代の子供を横目に

自分は車いす生活を送っているのです。

辛さ苦しみを感じないわけがないです。

そんな山下純一さんとは

一体どんな人物なのでしょうか?

プロフィールをまとめてみました。

山下純一のプロフィールは?

氏名:山下純一(やましたじゅんいち)

生年月日:1975年

年齢:45歳(2020年度)

出身校:京都府内私立大学

出身地:京都府向日市

小学生の時から車いす生活になり

病状は徐々に進行し

大学進学中には視力を失い

それ以降は盲目の人生を送っています。

病気のために度々入院しており

その時に出会った音楽はドラムでした。

高校の時に部活でドラムを楽しんでいたので

大学でも続けていましたが

病状が悪化しドラムを演奏することが

出来なくなりました。

スポンサードリンク
自宅で安静にするしかできない

辛い状況でも音楽を捨てきれず

その時に出来る音楽が何か考え出会ったのが

ハーモニカでした。

不自由な体で音楽を続けること30年

平成25年に行われた

障害者ミュージシャンの全国コンテストである

ゴールドコンサートで見事チャンピオンになったのです。

その時の動画がこちらです。

映像を見て初めて体にハンデキャップがあることを

知るくらい見事な演奏をされています。

映像を見て気になったことありませんか?

山下純一さんの手が不自然なくらいに

曲がっていることです。

山下純一さんの病気って

一体何なのでしょうか?

山下純一の病名、病気の原因は?

山下純一さんがおかしいと思われたのは

2歳の頃でした。

よくぐずる、抱っこをすれば痛がる

身近に接していた両親が異常に気付き

病院を受診すると次の病名がつきました。

若年性の関節リューマチ

この病気はどんな病気なのでしょうか?

難病指定情報センターを参考にしました。

スポンサードリンク
若年性の関節リューマチは

正しくは若年性特発性関節炎といって

難病指定されています。

病名を分解し言葉の意味を見ると

理解しやすくなります。

若年性 = 16歳未満

特発性 = 原因不明

関節炎 = 関節の炎症が6週間以上続く

これが山下純一さんの幼少期に診断された病名です。

この病気の割合は子供1万人に1人という

割合で言えば0.01%です。

この数字を見ると

かなり珍しい病気だということが分かりますが

どんな症状があるのでしょうか?

症状

関節の腫れと痛みがあり

高熱が続き発心が出現します。

40度を超える高熱が突然現れ

熱冷ましを使わなくても

短時間で熱が下がるようです。

炎症が原因で

重篤な状態になることもあります。

病気の進行

山下純一さんの姿を見ると

手首が不自然な形で曲がっていますが

恐らくは関節炎が悪化したことが

原因だと思われます。

関節炎が悪化すると

関節拘縮と呼ばれる関節が動かなくなる状態や

脱臼・亜脱臼になります。

山下純一さんを紹介するサイトで

手首や指が脱臼し今も曲がったまま

と表現されているので

この関節炎の症状がピッタリです。

症状は耳にも及んでいて

左耳が難聴になっています。

スポンサードリンク

若年性特発性関節炎の治癒は?

発症から10年後には症状が無くなる人が

3~6割いると言われていて

症状のある人のうち1割が

寝たきりや車いすの生活になるようです。

原因は?

現在の医学では若年性突発性関節炎になる理由は

特定されていませんが

遺伝するものではないということは分かっています。

ハーモニカの演奏に魅力を感じれる理由は?

この投稿をInstagramで見る

2018.12.16十三クラブウォーター閃光 山下純一#十三#クラブウォーター#福田尚生#斉藤慶司#今堀良明#

山下純一(@junnichi_yamashita)がシェアした投稿 –

山下純一さんの演奏に魅力を感じれるのって

諦めることなく生きる強さに

今できることを精いっぱいしている姿に

心を打たれているからだと思います。

もちろんハーモニカの演奏が上手いというのは

前提になってはいますが。

関節炎の症状の一つである関節拘縮は

本来であれば生活に支障をきたす

とても厄介なものであるはずなのに

山下純一さんはむしろこれを欠点で終わらせず

演奏が出来るように

ハーモニカの演奏に適した向きに変形させています。

動画で見たあの不自然な形は

こういう理由があったようです。

現状を不満に思い何もせずに過ごすのではなく

山下純一さんを支えている音楽を

今ある状況でどうすれば楽しめるのか

とてもうまく前向きに考えている姿勢が

私はとても素晴らしいと感じています。

口から出てくる言葉は不満だらけの

そんな人生が楽しく感じることなんてないですよね。

スポンサードリンク
山下純一さんの一番の魅力は

今ある状況でどうすれば楽しめるのか

という風に考えれる事なんでしょうね。

そう考えながら演奏することで

メロディーが美しく

心地よく響くようになるような気がしています。

2月5日のハートネットTV

ハーモニカ奏者、山下純一さん(44)。

「僕には見える景色も自由に動かせる手足もない。

それでも、僕には音楽がある」。

2018年、国内最大のハーモニカコンテストで

日本一の座を勝ち取った。

しかし、難病は容赦なく彼を襲う。

左耳の難聴。

困窮する生活費。

暗中模索の中で新曲を作るプロセスに密着。

彼の音楽はなぜ人々を魅了するのか。

自由が失われる中でも音楽に希望を見出し

音楽に生きようと苦闘する姿を追う。

YahooJAPANテレビ

本来なら絶望する環境であっても

希望を失うことなく

音楽をこよなく愛する山下純一さんが特集されます。

山下純一(ハーモニカ)の病名は?盲目・難聴・車いすのハンデも演奏で魅了する魅力は?【ハートネット】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 山下純一のプロフィールは?
  • 山下純一の病名、病気の原因は?
  • 症状
  • 病気の進行
  • 若年性特発性関節炎の治癒は?
  • 原因は?
  • ハーモニカの演奏に魅力を感じれる理由は?
  • 2月5日のハートネットTV

山下純一さんの病名が

若年性突発性関節炎という

この先も回復する見込みがないことが分かりました。

絶望する状況でも音楽が支えとなることで

希望を捨てずに生きておられました。

生きる強さと言ってもいいと思いますが

これが山下純一さんのハーモニカの演奏で

人々を魅了する理由なんだと思います。

音楽ってその人の感情が映ると思いませんか?

前向きな人の音楽は聴いていて心地よいですけど

マイナス方向に引っ張られている人の音楽って

なんか暗いです。

そんな山下純一さんが番組で

一体どんなことを喋ってくれるのか

今からとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする