南こうせつの住んでる自宅の場所が大分県杵築市に3000坪ってホント?【徹子】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月18日の徹子の部屋に

南こうせつさんが出演します。

仕事は東京だけど

住んでる自宅場所大分県にあるそうで

畑や山から下りてくる動物の写真を

公開するようですが・・相当な田舎?

杵築市(きつきし)住所

あって敷地が3000坪もあるという噂が

ホントなのか調べてみました。

スポンサードリンク

南こうせつの住んでる自宅の場所が大分県杵築市に3000坪ってホント?

南こうせつさんはフォークシンガーで

元かぐや姫のリーダーです。

若い世代の人には

あまりピンと来ないかもしれませんが

1970年代の活躍は驚くもので

オリコンも上位常連で

紅白歌合戦に何度も出場しています。

精力的に活動されているので

自宅がまさか大分にあるなんて

想像もしていませんでした。

南こうせつさんの出身は

大分県大分市なのですが

東京の華やかさに憧れ上京したものの

慣れ親しんだ土地の重要さに気付き

30代で大分に引越したのです。

仕事がある時は東京にいく

そんな生活を37年間も続けているようです。

南こうせつの家に関するうわさ

南こうせつさんの自宅に関する

噂を集めてみました。

  • 自宅の畑(約400坪)
    果物、野菜、樹木を育てている。
  • 自宅の庭で収穫した作物で梅干しやジャムを作る。
  • 夜中に庭石の上で月を見て吠えるのが好き。
  • 自宅の畑に出たマムシを捕まえた事がある。
  • 大分県杵築市(土地約3000坪、土地の購入価格は1坪約1万円=14.12現在)。
  • 2009年頃まで水道が来ていなかった。

一番肝心な南こうせつさんが

住んでいる場所はどこなのか?

これが気になりますよ。

結論を先に言うと

南こうせつさんが大分県杵築市に

住んでいるのは間違いないようです。

2009年2月20日と随分前になりますが

あることでニュースになっていました。

大分県杵築市在住

歌手南こうせつ(60)は20日

同市役所を訪れ

「景気悪化に伴う雇用対策に役立ててほしい」

と八坂恭介市長に

100万円の寄付金を手渡した。

日刊スポーツ

引越ししたとい情報もないので

間違いないと思います。

自宅の敷地が3000坪の噂について

調べてみたのですが

テレビなどで公開が少ないのか

画像がありませんでした。

色んなサイトでは3000坪で

紹介されていましたが

情報元はどこなんでしょうね?

有力な情報は

「鶴瓶の家族に乾杯」という番組

2001年9月29日放送で

自宅が映ったようですが

記録のみでした。

ちなみに大分県杵築市は

結構大きいので自宅を絞り込むには

ヒントが少ないので難しいです。

ただ杵築市に広大な土地があるのは

間違いなさそうです。

南こうせつさんの自宅は杵築市の

何にもない所に住まわれているそうなので

自然が豊かということですよね。

水道が来ていないという話は

都会に住む人なら衝撃ですが

田舎なら意外とあり得る話なんですよね。

私の実家は20年ほど前に建てたのですが

敷地近くに水道本管が無くて

南こうせつさんと同じように

井戸を掘り飲用としています。

最近になってこの話を

地元の工務店の人に話すと

今でも田舎なら普通にありますよ

令和のこの時代でもあり得るんだ!

とさらに衝撃。

水道の普及率を厚生労働省で

調べてみると2017年で98%でした。

この数字は2000年(96.6%)から

殆ど増えてません横ばい状態。

水道ひいても利用者が少ないと

赤字ですもんね~。

南こうせつさんの自宅を調べていて

水道の普及率の現状を

知ることになるとは思いませんでした。

9月18日の徹子の部屋

大分で生まれ育ち

上京するも30代で大分に移り住み

仕事の時に東京に来る生活を

37年続けている。

自宅の畑では野菜が育ち

近所の山から動物がやってくる生活を

写真と共に紹介!

自分の我が儘に付き合ってくれた妻には

感謝していると語る。

また、東京の同じアパートに

住んでいた妻との衝撃の出会いとは!?

徹子の部屋

南こうせつの住んでる自宅の場所が大分県杵築市に3000坪ってホント?【徹子】のまとめ

今回は南こうせつさんの

住んでいる場所について調べてみました。

分かったのは大分県杵築市に住んでいるのは

間違いないけど

3000坪あるかどうかは分かりませんでした。

広大な土地を持っているのは

間違いなさそうですが・・。

徹子の部屋では庭の写真を

見せてくれるという事なので

そこである程度の広さは推測できそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする