梨花ブランド閉店は2年前に予想!メゾンドリーファーの売上減に当然の声

スポンサーリンク

2019年3月2日に梨花さんのInstagramで

梨花ブランドが全店閉店すると発表しました。

閉店理由は何なのでしょうか?

ネット上では梨花さんの豪遊が原因や

メゾンドリーファーの売上減に当然の声等

様々なことがことが言われています。

しかし、2年前にその兆候があったようです。

真実がどこにあるのか調べてみました。

スポンサードリンク

梨花ブランド閉店は2年前に予想!

出典:https://www.hochi.co.jp/

View this post on Instagram

皆様へご報告があります。 . . MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、 閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます。 7年前、2012.4.12 息子が誕生した4ヶ月後に MAISON DE REEFUR 代官山第1号店がOPENしました。 その当日の事は 今でも鮮明に覚えています。 OPEN時間11時 お店の扉をあけると そこには雨の日にもかかわらず、 本当に沢山の方が並んで待っていてくれました。 その当時、誰も来てくれなかったらという不安と、 初めての子育てとの葛藤の中で、ちゃんとOPENできたという安堵、皆様があたたかく待っていてくださったことが本当に凄く嬉しくて、 泣き崩れた事を今でも覚えています。 1日目2000人1週間で2万人 1年間で35万人もの方が REEFURに訪れてくれたと聞いています。 色々な街でREEFURのピンクのショッピングバッグを持って歩いている女の子を見かけました。想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、 ありがとうの気持ちは忘れません 。 目まぐるしく過ぎていく今の時代 私自身 思考や求めるもの 大切にしたいことが、 だんだん変わっていく中で 心を保ちながら 私の力不足も含めて この大きなビジネスを保つことが、 とても難しいと感じるようになりました。 もがきあがきながら 至らない事だらけの私でしたが、 精一杯かけぬけた7年間でした。 これから残りの人生を どう生きていきたいかを考えるようになった時、 ここで一度立ち止まり、 この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました。 これまで、 支えてくださった沢山の方々には 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 これまでMAISON DE REEFURという ブランドを愛してくださった皆様 本当にありがとうございました。 最後の日まで MAISON DE REEFURをよろしくお願い致します。 梨花

梨花さん(@rinchan521)がシェアした投稿 –

最近見ないなと思っていたんですよ。

調べてみると家族でハワイに移住しているし

梨花さんはもう45歳になっているし

色々ビックリです。

2年前の2017年に新店舗がオープンした時の

インタビューで

「2年以内に店舗数は2ケタになると思う。全国に展開できれば」

と語っていました。

しかし、全国展開をするどころか

2年たった結果は全店舗閉鎖。

これはさすがに梨花さんや関係者も

予想できなかったでしょうね。

そもそも2017年の時点で暗雲が立ち込めていたことに

どれほどの人が気付いていたのでしょうか?

スポンサードリンク

メゾンドリーファーの店舗拡大

2012年に代官山に1号店がオープン。

2013年に路線変更で同年代女性から支持を受け

売上をさらに伸ばします。

2019年3月時点の店舗は

  • 東京都 代官山
  • 東京都 新宿
  • 東京都 南池袋
  • 愛知県 名古屋
  • 福岡県 博多
  • 神奈川県 横浜

こうしてみると全国展開どころか

東京に集中していることが分かりますね。

この店舗を拡大するという事が

実は破滅ではないですが

閉店の道を進んでいたという事なのです。

梨花ブランドショップのメゾンドリーファーが

代官山にオープンした時は

初日で2000人

1週間で2万人

1年間で35万人もの人が来場したということより

人気があったのも理解できます。

閉店に向かっていったという

ヒントは代官山に1店舗しかないときの

数字・来店者数にあるのです。

店舗が全国展開できなかったことで

売り上げが伸びなかったと思われる方も

いらっしゃるかもしれませんが私は違います。

スポンサードリンク

閉店した理由は店舗拡大に?

梨花さんは自身のブランドに対する

こだわりが強くなったといわれる2015年。

素材や国内工場での生産。

価格を安くすために海外で生産するということと

逆という事は商品の価格が高くなるという事です。

値段が高くなればファンが減るのも当然です。

先ほどの数字がヒントと言いましたが

全国で代官山の1店舗しかなければ

ファンがそこに集中するのも当然だと思います。

梨花さんのファンがどんどん増加するのなら

問題はないですが

ファンの人数が頭打ちになっている状態で

店舗が増えれば1店舗に通うファンの人数が

分散されますよね。

分散することで1店舗当たりの売り上げが減る。

さらに、店舗数が増えれば希少価値も減るので

店で買う人も減る。

といったことが全閉店の理由だと私は思います。

梨花ブランドのメゾンドリーファーの売上減に当然の声

2015年には梨花さんは家族でハワイに移住しています。

メゾンドリーファーの店舗は日本にあるので

モデルやメゾンドリーファーの仕事があると

日本とハワイを往復することになります。

なのでメゾンドリーファーの商品の値段が高いのは

梨花さんの渡航費が含まれているからだ!

なんていう声もあったそうです。

どれほど影響があったのかは

実際には分からないところではありますが

ファンからしてみればやりきれない思いがあったのも

間違いではないですよね。

スポンサードリンク

梨花ブランド閉店は2年前に予想!メゾンドリーファーの売上減に当然の声のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 梨花ブランド閉店は2年前に予想!
    ・ゾンドリーファーの店舗拡大
    ・閉店した理由は店舗拡大に?
  • 梨花ブランドのメゾンドリーファーの売上減に当然の声

梨花さんのファッションブランドである

メゾンドリーファーが全店閉店という

ニュースにはとても驚きました。

過去の店舗が拡大した時に

予測されていたことが現実になったという事は

梨花さんの将来の見通しや

現在の分析が甘かったということなんでしょうね。

メゾンドリーファーの売り上げが

実際のところどれくらいあったのかは分かりませんが

大きく稼いでいるのなら

閉店する必要はないですよね。

という事は売り上げが減っていたと

見るのが妥当なんでしょうね。

今回の事は近いうちに報道があると思うので

しばらくは梨花さん関係のニュースは

注意してみてみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする