林遣都が沸騰ワードで放送シーンカット!見逃し、動画なくても写真で見れる?

スポンサーリンク

2月1日に林遣都さんが沸騰ワードに出演します。

twitterでも林遣都さんの出演が楽しみ!

ということで盛り上がっています。

当日の番組はスペシャルで2時間枠ですが

けれど、地域によっては1時間枠。

林遣都さんの笑顔の放送シーンがカットされる

可能性が高いわけです。

楽しみにしている人が多いのに悲しいですね。

そんな人のために贈る記事にしようと思いました。

スポンサードリンク

林遣都さんって?

出典:https://taishu.jp/

氏名:林 遣都(はやし けんと)

生年月日:1990年12月6日(28歳 2019年1月現在)

出身:滋賀県大津市

学歴:比叡山高等学校 卒

血液型:O型

趣味:野球

特技:書道

職業:俳優

事務所:スターダストプロモーション

映画、ドラマ、舞台と様々な場面で

活躍されている林遣都さんですが

デビューのきっかけは学校のイベントでした。

そのキッカケとなるイベントとは

2005年の中学3年生の修学旅行中に

渋谷駅のホームでスカウトされたことでした。

2007年に映画「バッテリー」で主演俳優を務め

その年の新人賞を総なめします。

俳優として活躍する傍ら滋賀県内の

高等学校に通い続けていました。

高校卒業後は連続ドラマや中国映画に

出演するなど活動が本格化しました。

林遣都さんが沸騰ワードに出演

2月1日放送の沸騰ワードは

  • 沖縄県南大東島に観光客急増の訳は?
  • 羽田空港税関に霜降り明星が密着取材
  • 商品は底値で買う「怪人コスパ男」が買物指南
  • 東北美人女将の訛りに林遣都もほっこり

の内容で2時間スペシャルで放送されます。

※地域によっては放送時間が変更になります。

1時間枠の地域では放送内容は次のようになります。

  • 秘境…沖縄県南大東島を大調査!
    自然が作った超絶景「バリバリ岩」&(秘)パワースポット「アキバ」とは?
  • 品物は底値で買う「コスパ男」の買物指南

スポンサードリンク

林遣都さんの笑顔の放送シーンカット!見逃し、動画なくても写真で見れる?

番組的には2時間枠です。

しかし、悲しいことに地域によっては

1時間しか放送枠がないところも存在します。

その悲しい地域とは?

  • 富山県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 福岡県
  • 佐賀県(番組が無し?)
  • 大分県(番組が無し?)
  • 沖縄県(別曜日)

こうしてみると2時間枠がない放送局が

結構あるんですね。

1時間枠は東北の美人女将の話がありません。

これだけで林遣都さんのほっこり笑顔が

カットされるのは確定です。

残念ですねー、本当に思います。

ちなみに私が住んでいる地域も

放送枠が1時間しかない残念地域です。

見れなかった人は

公式サイトである日テレの沸騰ワード10の

サイトでまとめが書いてあります。

見逃し配信や民放公式テレビポータルといった

サイトで登録があれば動画を楽しむことが

できますが期待薄です・・・。

隣の県で見れるなら移動すれば見れると

思っていたのですが

2県超えてようやく見れるという事実に

今回気付きました。

テレビ番組って日本全国ほとんどの場所で

時間さえずれてたら見れると思ってました。

スポンサードリンク

林遣都さんの映るであろうシーン

出典:https://twitter.com/

出典:https://misa613.com/

2枚目の写真の林遣都さんの姿勢を見て

どう思いますか?

足はピタッと閉じて背筋を伸ばす姿がとても

美しく見えます。

スタジオが映る時間はわずかですが

それでも楽しみに待ってしまいます。

林遣都さんのまとめ

今回は次のようにまとめました。

  • 林遣都さんって?
  • 林遣都さんが沸騰ワードに出演
  • 林遣都さんの笑顔の放送シーンカット!
    髪型、服装、会話シーン見るには?
    林遣都さんの映るであろうシーン
  • 林遣都さんのまとめ

放送が1時間減るだけで大事な部分が

かなりカットされている予感がします。

放送地域を調べてみると

放送自体がなさそうなところがあって

驚きでした。

なので1時間でも放送されることは

ありがたいことだと思うようにします。

Twitterでは木曜すっ飛ばして

早く金曜になれという声もありました。

2時間全てを見る方法がありましたら

また加筆したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする