木下昌美は妖怪研究家がかわいい!鬼に憑かれた理由は?奈良県限定新聞がおもろい?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年7月5日の沸騰ワードで

木下昌美さんが特集されます。

妖怪研究家という肩書だったので

年配かと思いきや

若くてかわいい女性でした。

鬼に憑かれた理由を調べると

子供時代にまでさかのぼりました。

新聞記者として活躍していましたが

現在はフリーとなり

奈良県限定の妖怪新聞を発刊しています。

これがまたおもろいそうなので

どんな新聞なのか調べてみました。

スポンサードリンク

木下昌美は妖怪研究家がかわいい!鬼に憑かれた理由は?

妖怪研究家って水木しげるさんや

年配の語り部の人?

と思ったのですが

若いかわいい女性でした。

妖怪といえば伝承なので

腰の曲がったおばあちゃんが

縁側に座って子供に教えてくれる

というイメージです。

なぜ、木下昌美さんは妖怪を

研究しようと思ったのか

プロフィールと合わせて調べてみました。

出典:https://finders.me/

氏名:木下昌美

生年月日:非公表

出身地:福岡県

学歴:福岡県立宗像高校

同志社女子大学

奈良女子大学大学院

妖怪に興味を持ったのは

子供時代までさかのぼります。

日本昔話が好きだったようで

登場するお化けに興味があり

水木しげるさんの作品も

よく読まれていたようです。

好きな作品は

「のんのんばあとオレ」

と語っていました。

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫) [ 水木しげる ]

価格:810円
(2019/7/5 10:24時点)
感想(48件)

京都にある同志社女子大学に

進学した理由は

大学で妖怪の研究が出来たからで

奈良女子大学大学院に進学しても

妖怪の研究をしています。

研究テーマは

「説話文学における鬼」

です。

奈良県で鬼の研究をした理由は

明らかになっていませんが

私が調べた限りだと

奈良県の白毫寺や大安寺などに伝わる

「じゃんじゃん火」

元興寺の「鬼」

といった鬼にまつわる伝承

奈良県に多く残されていることから

奈良県で研究をしようと

思ったのではないかと思います。

木下昌美さんのように

かわいい女性の口から

妖怪や鬼の話が飛び出してくると

えっ?って驚いてしまいます。


動画は沸騰ワードの宣伝動画ですが

木下昌美さんは17秒~登場です。

「何してるんですか?」

と聞かれた木下昌美さんは

「鬼を」

と答えたら

「だいぶヤバい」

とひかれていましたw

木下昌美の奈良県限定新聞がおもろい?

木下昌美さんは奈良県の妖怪限定で

伝承を紹介する「奈良妖怪新聞」を

毎月1回発行しています。

新聞とあるので紙媒体かと思ったら

電子新聞でした。

妖怪に関するテレビは

昔と比べるとずいぶん減りましたよね。

何とかウォッチはありましたが

伝承とはちょっと違いましたし。

なので日本古来より伝わる

妖怪の話を詳しく知ることが出来る

奈良妖怪新聞はとても貴重だと思います。

奈良妖怪新聞は大和政経通信社より

発刊されており

そこで購入もできるようになっています。

子供向けに書かれた内容ではないので

購買層は大人になりますが

結構な人気があるようですよ。

定期的に奈良妖怪新聞 総集編を

販売されているようですが

作品によっては売り切れとなった物も

あるようです。

木下昌美は妖怪研究家がかわいい!鬼に憑かれた理由は?奈良県限定新聞がおもろい?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 木下昌美は妖怪研究家がかわいい!鬼に憑かれた理由は?
  • 木下昌美の奈良県限定新聞がおもろい?

日本昔話は私も好きだったのですが

放送終了してしまいました。

妖怪に対する興味が

薄れているということなんでしょうね。

だからといって

伝承を途切れさせて言わけではないので

木下昌美さんのように

伝承を研究して発表することは

とても意義のあることだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする