梅田達也の保護猫飼主の条件は?経歴が元弁護士ってマジ?店は毛皮製品禁止の謎【情熱大陸】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年5月12日に梅田達也さんが

情熱大陸に出演します。

梅田達也さんは保護猫活動(ねこかつ)を

しています。

保護した猫の飼主(譲渡)となることは

出来るのでしょうか?その条件は?

梅田達也さんの経歴が元弁護士って

マジな話ですか?気になりますね。

ねこかつカフェのお店では

毛皮製品の持ち込みを禁止している謎

せまります。

スポンサードリンク

梅田達也の保護猫飼主の条件は?

梅田達也さんの保護猫カフェ・ねこかつで

遊んでいる猫たちを

自分達の家族として迎え入れたい!

と思った時にどうすればいいのでしょうか?

条件を満たせば可能なのでしょうか?

そんな人たちのために調べてみました。

保護猫カフェで気に入った猫と出会う

↓↓

スタッフから猫の性格や年齢・譲渡

に関して説明を受ける

↓↓

条件が合えば1~2週間のトライアル

お試し飼いが始まる

↓↓

問題なければ本譲渡

本譲渡の際に医療費の一部負担金として

3万円を支払う必要があります。

負担金の内容は

  • 不妊去勢手術
  • ワクチン接種
  • マイクロチップ
  • ウイルス検査
  • 寄生虫駆除
  • その他医療処置費用

といったものです。

費用が発生しますが

これらに関しては

保護猫だからかかるのではなく

猫を飼うために必要な費用です。

しかも一部負担で済むので

通常猫を飼う事を考えると

負担が少ないのでありがたいですね。

スポンサードリンク

梅田達也の経歴が元弁護士ってマジ?

梅田達也さんを調べると弁護士という

単語が登場したのですが

過去に弁護士をしていたけど

保護猫活動を始めたということ?

経歴についてまとめてみました。

氏名:梅田 達也(うめだ たつや)

生年月日:1972年

年齢:47歳(2019年度)

出身地:東京都

出身校:明治大学法学部

職業:保護猫カフェ「ねこかつ」オーナー

梅田達也さんは小さいころから

猫が大好きな少年だったそうです。

それを示す出来事が過去にありました。

学校の作文で大きくなったら

保健所にいる猫を救いたい

と書いていました。

梅田達也さんは動物愛護法に興味を持ち

明治大学法学部に進学しました。

法学部に進学したのは

弁護士になるためです。

しかし残念ながら

司法試験に落ちてしまったので

外資系の企業に就職しました。

企業に就職したのに

保護猫活動【ねこかつ】を始めたのは

東日本大震災で猫が犠牲になったからです。

そして避難地域の中に取り残された

猫が数多くいたことも関係しています。

被災地に残された猫を保護する活動に

参加したことで

大好きな猫に幸せになって欲しい

という気持ちが強くなったため

2013年に保護猫カフェ【ねこかつ】

オープンしたのです。

梅田達也さんの経歴について

調べましたが

元弁護士ではなくて

弁護士を目指していた過去が

あるが正しい情報でした。

出典:https://sippo.asahi.com/

スポンサードリンク

梅田達也の店は毛皮製品禁止の謎

保護猫カフェ【ねこかつ】は

毛皮製品着用の人の入店お断りです。

毛皮だけでなく襟元のファーや

キーホルダーといった僅かなものでも

許されません。

その理由は?

毛皮がどうやって作られているかに

答えがありました。

毛皮製品を作るために

犬、猫、タヌキ、キツネ等の動物から

生きたまま毛皮を剥ぐという

残虐な方法をとっているからです。

そのため毛皮製品に対して

不愉快になる人が多くいるため

入店を断っているようです。

参照元:ねこかつ公式サイト

5月12日放送の情熱大陸

3世帯に1世帯はペットを飼っているという

世界有数のペット大国となった日本。

その一方では保健所などに収容され

殺処分される犬、猫

年間5万匹いるともいわれています。

今回登場する梅田達也さんは

そんな猫保護するために

立ち上がった人物です。

いったいどんな人物なのか

密着取材の内容が今夜放送されます。

スポンサードリンク

梅田達也の保護猫飼主の条件は?経歴が元弁護士ってマジ?店は毛皮製品禁止の謎【情熱大陸】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 梅田達也の保護猫飼主の条件は?
  • 梅田達也の経歴が元弁護士ってマジ?
  • 梅田達也の店は毛皮製品禁止の謎
  • 5月12日放送の情熱大陸

殺処分をされる動物が年間5万匹も

いるという事実は衝撃でした。

梅田達也さんは猫を救うために

活動をされていますが

一人が努力するのにも限界があります。

今回の放送によって

活動がもっと広がればなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする