【家ついて行ってイイですか、その後】右目失明、26歳眼帯女性の家

スポンサーリンク

2019年3月20日の

家ついて行ってイイですかでは

その後のスペシャルが放送されます。

右目を失明した

26歳眼帯女性の家です。

どんな人生だったのか

振り返ってみました。

スポンサードリンク

3月20日の家ついて行ってイイですか

終電後の中野で見つけた一人の女性。

前代未聞の結婚理由とは?

眼帯をしている理由は?

失明しても明るく生きれる理由は?

全てが話題になった女性の

その後が放送されます。

どんな人生を送ったのか

放送がとても気になります。

右目失明、26歳眼帯女性の家

ヘアメイクとして働いていた女性は

右目に大きな貼る絆創膏をしていました。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

その理由は?

右目に筋肉の腫瘍が見つかり

腫瘍の部分だけを取り除くか

全摘出をするかの選択を迫られました。

部分切除だとがん細胞が

残る可能性があるので

再発率が高いと担当医師から

言われたそうです。

そこで26歳女性が決断したのは?

再発して抗がん剤やるよりは

『全然いいや』と思って

なんの迷いもなく『とってください』

当時は未成年という事もあって

手術を受けるために親の同意書が

必要となりましたが

親兄弟は宗教上の理由から拒否

同意書が無ければ

手術が出来ないという状況。

そこに救いの手を伸ばしたのは

当時付き合っていた彼氏でした。

事情を知ったうえで結婚してくれた

彼氏や彼氏の両親に

とても感謝をしていました。

しかし、その感謝が負担にもなってしまい

結果的には離婚となったのです。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

スポンサードリンク

右目失明、26歳眼帯女性の家のその後

一年後に再会するために

家を訪れると家族が増えていました。

生まれて3ヶ月になるという

女の子は最近よく笑うようになって

それが私の幸せだと語ってくれました。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

パパとなる男性は行方知れず。

結婚するつもりはなかったけど

養育費の事を話そうと思った

矢先に連絡が取れなくなったのです。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

一見すると不幸でしかない話なのに

それでも明るく振る舞う女性は

理由を次のように話しています。

ガンになって右目を失ったことに比べれば

これより辛いことはない

そう語った女性は

シングルマザーの道を選択し

一人で生きていくことに

不安は全く感じていませんでした。

子どもが出来ると思っていなかった。

なぜなら抗がん剤治療を受けたことで

子どもが出来ることはないといわれていたのに

子どもを授かったことで

生まないという選択肢がなかったのです。

生めないと諦めていたのに

埋めると分かった時に喜びは

とても大きかったのです。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

子供の笑顔を見ることが

今の私の幸せと語った女性の

笑顔がとても印象的でした。

スポンサードリンク

【家ついて行ってイイですか、その後】右目失明、26歳眼帯女性の家のまとめ

今回は次のようにまとめました。

  • 26歳眼帯女性の家のその後

とてもつらい状況であっても

過去の辛いことに比べれば

今はとても幸せだという女性の強さに

とても感動しました。

諦めていた子供に出会えたことで

これからの人生が

より良いものになると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする