古市憲寿の母親の育て方や教育法で偏食や歪んだ性格に?小学生、小さい子どもの頃から?

スポンサーリンク

2019年2月13日の一周回って知らない話に

古市憲寿さんが出演されます。

そして、今回は古市憲寿さんの母親が

どんな小さい子どもの頃だったのか、

小学生の時の様子なども告白されます!

母親の育て方や教育法や、

偏食(チョコ中毒?)や歪んだ性格について気になったので、

調べてみました。

スポンサードリンク

古市憲寿の母親の育て方や教育法とは?

出典:http://news.livedoor.com/article/

古市憲寿さんは、歯に着せぬもの言いで

よく炎上をおこしている社会学者として、

とても有名になっておられます。

コメンテーターとして、活躍されていますね。

その古市憲寿さんの母親とは

どんな方で、その育て方や教育法とは

どんなものだったのでしょう?

色々と調べてみましたが、

古市古市憲寿さんの母親について、

確証は得られませんでした。

ネット上では専業主婦であったのではないか。

と言われているようです。

古市憲寿さん自身は、

親も自分の扱いには困っていたと思う。

とおっしゃっていました。

今回の1周回って知らない話では、

お母さんからみた古市憲寿さんについて

初告白されるようなので、

とても楽しみです。

古市憲寿(のりとし)さんの偏食や歪んだ性格とは?

古市憲寿さんの偏食について

古市憲寿さんの偏食は有名ですね。

家にはチョコレートと飲み物しかないそうです。

チョコレートがとにかく大好物!

チョコレートよりまずいものは食べたくない!

と仰っています。

好きなチョコは、とにかく甘いチョコなので、

海外製のものがメインだとおっしゃっています。

ハワイのお土産に☆【ハワイアンホースト】マカダミアンナッツ クランチチョコレート 6oz(18粒)バレンタインデー/ホワイトデー/ギフト/プレゼント【あす楽対応_関東】【YDKG-kd】【RCP】【楽ギフ_包装】【ハワイ チョコレート】【ハワイ 土産】

さらに自分も意識がない夜中に

起きてきて、チョコを食べて寝ていることも

あるそうです。

朝起きてきて、チョコを食べてた形跡があるので

気がつくという状態だそうです。

話を聞いていると、チョコ中毒なのかな?

と思ってしまいます。

さらに、番組内でも

彼女の作ったごはんとか、絶対チョコ以下でしょ。

と言い放っています。

確かに、これだけチョコラブだと、

チョコ以上のものを作れる人は存在しないかもしれません。

ちなみに、主食がチョコなので、

虫歯が多くて困っている。

という話しをされていました。

スポンサードリンク

古市憲寿さんの歪んだ性格について

古市憲寿さんは様々な番組で、

「変わっている、性格歪んでいる」など、

様々なことを言われています。

コメンテーターとして活躍されていますが、

「独特視点」で、「歯に着せぬものいいで」

などと表現されることが多く、

上手に形容されていますが、

総じて、変わった人!という意見が多数です。

そして、そんな古市憲寿さんの性格が歪んでいると

炎上したエピソードを一つ紹介します。

結婚観について

古市憲寿さんの意見としては

・人生100年と言われている時代に、結婚1回だけって無理。

むしろ離婚するのが当たり前なんじゃないか。

・同じ人を70年愛し続けるのって気持ち悪い

・結婚したら同じマンションでもいいけど、別の部屋がいい。

・玄関を分けたい。家に帰った時に誰かいると気持ち悪い

などなど、いつものように淡々と話されたようです。

うーーーん、変わった結婚観であることは確かです。

同じような考え方の女性と出会ってくれることを願います。

古市憲寿さんの小学生、小さい子どもの頃から?

古市憲寿さんは小さい子どもの頃はどんな

子どもだったのでしょう?

どんな小学生時代を過ごしたんでしょう?

予想通りですが、古市憲寿さんは学校が好ではなかったそうです。

そして、小学校中学年の頃は不登校だったそうです。

古市憲寿さんは勉強が嫌いだったわけではなく、

むしろ勉強好きだったそうです。

春休みの時点で、次の学年の教科書を読み込み、

ワークも終わらせてしまうほどだったそうです。

テストの成績も良かったそうで、

「4月から学校に行く意味があるの?」

と思っていたそうです。

身体を動かすことが好きじゃなく、

体育がイヤでほぼ見学していたそうです。

そもそも、学校というシステムになじめず、

”クラス”という閉鎖空間が嫌だったそうです。

40程度の児童が無作為に選ばれて、

毎日顔を合わせて、友達を作ってという

システムで、他に選択肢がなく、そのことを

強制されること自体が好きではなかったそうです。

さらに自分でも扱いにくい子どもだったと思うとも

仰っています。

成績はよく、やることはやっているので、

叱れないし、言うことことも聞かせることもできない。

先生や親も困惑していたと思う。と

この話を聞くと、古市憲寿さんは

周りの大人にとっては、

扱いにくい子どもだったんだろうなぁと思います。

さらに学校っていまの社会の縮図にもなっている

と思うので、学校に適応できなかったということは、

社会に適応するのもなかなか難しそうです。

でも、古市憲寿さんは最先端を行っていたのかもしれないな

と思います。

最近は、学校のシステムになじめない子どもも沢山いますし、

学校に適応できなくても、社会に適応できている人も

沢山います。ですので、

学校に違和感を感じた。というのは、そんなに不思議なこと

ではない気はします。

ただ、その違和感を実際に行動に出すかどうか

というのは、また別なので、

そういう意味では少数派かもしれません。

スポンサードリンク

古市憲寿さんと母親の育て方や教育法のまとめ

今回は、古市憲寿さんと母親について調べました。

・古市憲寿の母親の育て方や教育法とは?
・古市憲寿さんの偏食や歪んだ性格とは?

古市憲寿さんの偏食について
古市憲寿さんの歪んだ性格について

・古市憲寿さんの小さい頃、小学生時代とは?

などをみてきました。

古市憲寿さんの母の育て方や教育法については、

調べてみても詳細はわかりませんでした。

今回の一周回って知らない話で、

どんな方なのか、どのように育てられたのか

わかるかもしれません。

古市憲寿さんの偏食については

とにかくチョコラブ!ということがわかりました。

チョコ中毒なのかと心配になるほどでした。

古市憲寿さんの小さい頃や小学生時代について

調べましたが、

学校のシステムに適応できなかった姿が

わかりました。

母親の目線からみた古市憲寿さんの姿についても

余計に知りたくなりました。

古市憲寿さんについて調べてみましたが、

やはり、変わった方というか、

社会で少数派であることは間違いないかな。

と思いました。

自分の考えをそのまま口に出してしまうので、

余計に炎上するんでしょうね。

古市憲寿さんの意見は少数派かもしれないけれど、

非常に貴重な意見であることは間違いないので、

これからも応援していきたいです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする