川口美怜は難病ALSで37歳!呼吸器で旅し漫画の主人公に!生きる希望は?ノンフィクション

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月9日に川口美怜さんが

ザ・ノンフィクションに出演します。

難病ALSで現在37歳

呼吸器をつけて全国を旅し

漫画の主人公にもなられています。

川口美怜(かわぐちみさと)さんの

生きる希望とは何でしょうか?

気になったこと調べてみました。

スポンサードリンク

川口美怜は難病ALSで37歳!

川口美怜さんは難病指定の

ALSになった女性です。

どんな人なのかプロフィールを

まとめてみました。

出典:かながわ難病等リハビリテーション支援連絡会

氏名:川口 美怜(かわぐち みさと)

生年月日:1982年5月22日

年齢:37歳(2019年6月現在)

出身地:神奈川県横浜市

出生地:宮崎県日向市

出身校:横浜国立大学

参照元:認定NPO法人アンビシャス

川口美怜さんがALSを発症したのは

2013年7月でした。

自分が目指していた仕事で

頑張っていた矢先の出来事です。

何もないところで転倒するという

出来事があったために病院を受診すると

あなたの病名は

筋萎縮性側索硬化症(ALS)です。

この先歩くことや食べること

話すことができなくなり

人工呼吸器を装着しなければ

通常3~5年で死亡します。

と告知されたのです。

告知を受けてからも就職活動を行い

東京の外資系医療機器メーカーの

人材育成担当として勤務しています。

けれど全身の筋力低下が進行し

誤嚥性肺炎、インフルエンザ、細気管支炎

と病気の連続。

呼吸機能は同世代平均値の30%以下にまで

低下してしまいます。

そのため顔にマスクを装着する形で

人工呼吸器を使い始めたことで

やむなく10ヶ月勤めた職場を

退職することなったのです。

スポンサードリンク

川口美怜は呼吸器で旅し漫画の主人公に!

川口美怜さんはALSという病気を

世の中の人に知ってもらおうと

全国を動き回っています。

三重県桑名市

コミュニケーション支援講座

東京医療保健大学

大学での講師

昭和大学

大学での講師

東京都港区

難病コミュニケーション支援講座

といった講演活動以外にも

旅行に出かけたりもしています。

漫画の主人公だけでなく

このように絵のモチーフにも

なったことがあるようです。


漫画を手掛けたのは

たちばないさぎさんです。

誰でも発症する可能性があるALSを

周知するために漫画を描いたのです。

漫画は2016年7月2日発売された

月刊コミック誌フォアミセス8月号に

掲載されたようです。

出典:https://www.kanaloco.jp

貴重な講演動画や生きる希望

については次のページで!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする