オレグは硫黄島で漁師になったエストニア人!移住の理由は?【ニッポンで元気】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年12月24日に放送される

ウチの子ニッポンで元気ですか?に

オレグさんというエストニア人の男性が登場します。

鹿児島県三島村にある硫黄島という離島で

漁師をされているようです。

釣り好きだから漁師になったのでしょうが

なぜ硫黄島に移住しようと思ったのか

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

オレグは硫黄島で漁師になったエストニア人!移住の理由は?【ニッポンで元気】

今夜放送される内容を見ていると

エストニアから硫黄島に移住した家族となっていましたが

あれ?

硫黄島って一般人の入島制限あったよね?

と不思議に思ってました。

で調べてみると

私が思っていた硫黄島は東京都。

番組で登場する硫黄島は鹿児島県。

広い日本なので同じ地名があってもおかしくないのに

なぜか硫黄島に関しては一つしかないと決めつけていました。

今回の舞台は鹿児島県三島村の硫黄島です。

この島がどんなところなのか調べると

平安時代の真言宗の僧の俊寛(しゅんかん)が

流刑された鬼界ヶ島なのだそうです・・・

ごめんなさい、初めて聞いた名前ですし

内容もさっぱり知らないので

ありがたみがイマイチです。

ちょっと自分の無知をさらしてしまいました。

海底火山があるので温泉があり

過去には硫黄鉱山やオパール硅石が採掘でき

小さな島は大きく賑わっていましたが

現在は共に閉山され島は廃れていく一方でした。

そのため三島村は地域振興で移住を発信したら

日本人ではなく海外からの申し込みが

多くありその中の一人が今回の主人公だったのです。

スポンサードリンク

仕事は巨大魚釣りということですが

釣り船でもされているのでしょうか?

魚釣り好きの人にはたまらない島だそうで

大物が狙えるという事で

マル秘スポット扱いだそうです。

硫黄島には島民が少ないので

釣りをする人が少ないので

魚がすれていないのでよく釣れるようです。

そんな島で釣りを仕事としているので

これは相当な大物が釣れるんだろうなぁと

思っていたらテレビに映る魚は凄かったです。

島にはスーパー、コンビニ無し

あるのは小さな商店なので

日用品や食料品は船の定期便で届くようですが

ハッキリ言って不便ですよね。

インターネットがあれば通販が出来ますが

送料を見てみると

大体が離島は送料別となっているので

お金がかかって仕方がないですよ。

オレグさんは妻と子供二人の4人家族なのですが

漁師ってそんなに儲かるんでしょうか?

オレグさんの子供はエストニアにいる両親に

会わせたことが無いといっていて

その理由が旅費が工面できないことだと

言っていました。

やっぱり漁師の収入では

生活は出来てもエストニアまでの

旅費100万円は用意するのは難しいようです。

100万と言ったら漁師でなくても

サラリーマンでも簡単に出せる金額じゃないです。

スポンサードリンク

オレグが硫黄島に移住した理由は?

オレグさんは奥さんと出会って結婚して

横浜で働いていたそうですが

満員電車といった都会の生活が肌に合わなくて

地方移住を検討していたんだそうです。

そんな時に見つけたのが

硫黄島への移住の案内だったのです。

移住する人向けに

・50万円の支給

・3年間の生活費補助

といった内容と自然豊かな環境が

決め手だったのです。

オレグは硫黄島で漁師になったエストニア人!移住の理由は?【ニッポンで元気】のまとめ

今回は硫黄島に移住したオレグさんについて

調べてみました。

どうしてエストニアから遠く離れた異国で

漁師になったのか気になりましたが

日本人と結婚したことと

日本の都会の雰囲気に馴染めなかった

そういう理由だったんですね。

私も都会のゴミゴミとした雰囲気が苦手なので

オレグさんの気持ちが分かります。

硫黄島での生活は大変だと思いますが

放送を見ていると日々楽しそうで幸せそうです。

両親に子供を早く会わせてあげれたらいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする