池江璃花子選手(競泳)が白血病!病状は?完治の可能性はある?選手は引退?

スポンサーリンク

競泳の池江璃花子選手が白血病を発表しました!

病状は?完治の可能性はある?選手は引退?

など気になることが沢山ありましたので、

調べてみました。

スポンサードリンク

池江璃花子選手(競泳)が白血病!

なんとSNSで白血病であることを発表されました。

オーストラリアに遠征中に、体調不良で帰国され、

病院へいったところ、

白血病と診断されたとのことです。

しっかり治療をすれば、完治は可能な病気なので

一旦競泳の選手として大会に出るのは、

辞め、治療に専念するようです。

池江璃花子さんのプロフィール

名前:池江 璃花子(いけえ りかこ)

出身地:東京都江戸川区

誕生日:2000年7月4日生まれの18歳

身長:170cm

体重:56kg

足のサイズ: 26.5cm

所属:ルネサンス亀戸

出身中学:小岩第四中学校卒業

出身高校:淑徳巣鴨高校在学中

     一年先輩に長谷川涼香選手(競泳バタフライ)がいます

コーチ:村上二美也コーチ(スパルネサンス亀戸)

以前は、清水桂コーチ(東京ドルフィンクラブ)

家族構成:母(池江美由紀さん) 父親(池江俊博さん) 姉、兄

競泳の戦績は?

中学2年

中学記録を次々と更新

中学3年

全日本初制覇・世界選手権初出場・3種目の日本記録保持者に

高校1年
日本史上最多7種目での五輪出場・9種目の日本記録保持者に

高校2年
史上初日本選手権5冠達成

というとんでもない記録を持っている。

日本のトップスイマーです。

スポンサードリンク

池江璃花子選手(競泳)が白血病!
病状は?完治の可能性はある?選手は引退?

競泳の池江璃花子選手の白血病んお

病状はどうなのでしょうか?

完治の可能性はあるのでしょうか?

白血病には、急性と慢性があり、

病型もものすごく沢山あります。

しかし、競泳の選手として活躍されていましたので、

定期的に、血液検査などは受けていたと思います。

白血病は、血液検査である程度わかります。

そのことと、年齢的には、

急性白血病の可能性が高いと思います。

急性白血病は、1-2週間で進んできます。

症状は貧血や感染に弱くなったり、などが

あるようです。

白血病の治療は非常に進んでおり、

病型によっては、確かに完治が可能な病気です。

が、それは病型と治療によります。

基本は抗がん剤治療になるのですが・・・。

どうなるのでしょう。

少なくとも完治する病型だとしても、

半年以上は治療が必要で、

その間は今までのようなトレーニングはできません。

ですので、競泳の選手として、

治療後、完治したとしても、

今と同じように泳げるようになるまでは

とても時間もかかるし、

とても大変な道のりが予想されます。

池江璃花子選手(競泳)が白血病!のまとめ

競泳の池江璃花子選手が白血病であることを

公表されました。

池江璃花子選手(競泳)の白血病の

病状や完治の可能性や選手は引退するのか

をみてきました。

白血病の病状としては、

急性なのか、慢性なのか、

急性ならばその病型によって、

治療方法が違います。

また完治の可能性についても

同様で、どのタイプの白血病なのかに

よって異なります。

本人がSNSで完治する可能性があると

言っているので、完治する病型なのでしょうか。

選手を引退するかどうかは、

どのような治療をどのくらいの期間

するのかによって変わるのではないでしょうか?

完治したとしても、

同じように泳げるようになるには、

多くの時間がかかりそうです。

最期までお読みいただきありがとうございました。

「池江璃花子の骨髄移植ドナーは兄・姉?」はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする