北乃きいが暗闇ご飯を体験した場所は?緑泉寺の予約方法は?【おしゃれ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月22日のおしゃれイズムで

北乃きいさんが出演します。

暗闇ご飯というものが流行っているそうで

北乃きいさんが体験したのですが

その場所緑泉寺と言うようです。

どうすれば体験できるのか

予約方法について調べてみました。

スポンサードリンク

北乃きいが暗闇ご飯を体験した場所は?緑泉寺の予約方法は?

北乃きいさんがおしゃれイズムに

初登場です。

どんなことを喋ってくれるのか

楽しみなのですが

それ以外で楽しみにしていることがあります。

それは暗闇ご飯を北乃きいさんが

体験しているのですが

私は初耳なんですよね。

どう話題なのか調べてみたら

ホントに明かりを落とした

薄暗い部屋で食事をとるという

言葉そのままの意味でした。

元々は海外で

ブライドレストランという

真っ暗な中で食事をとる方法があるそうで

それを緑泉寺が日本版として

アレンジして体験してもらっているようです。

暗闇でご飯を食べることに

一体何の意味があると思いますか?

見づらくて食べにくいだけかと思ったら

ちゃんと理由がありました。

人間に次の5つの感覚があります。

視覚

嗅覚

味覚

聴覚

触覚

スポンサードリンク
暗闇ご飯はこのうち視覚を奪い去るので

残された4つの感覚を

フル稼働させて食事をするということは

食事に集中することなので

自分が何を食べているのかを

真剣に考える時間になるのです。

テレビを見ながら

スマホを触りながら

といった

ながら食べという習慣を見直し

食事の大切さや食事をする楽しみを

考えるきっかけにしてもらいたいのです。

北乃きいさんは女優として

忙しい日々を過ごされているので

のんびりと食事をする時間が

少ないと思います。

暗闇ご飯を体験することで

北乃きいさんは食事に対して

どんなことを想うのでしょうか?

食事をすることに真剣に向き合っている?

と聞かれたら

私はNoと答えます。

スマホを触りながらといった

ながら食べをしているので

気付けばおかずがなくなっていた

なんてことが過去に何度もありました。

今夜のおしゃれイズムで放送される

暗闇ご飯をみて

食事に対する考えを改めようと思います。

では暗闇ご飯を体験させてくれる

緑泉寺とはどこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

暗闇ご飯を体験できる緑泉寺の場所は?

名称:湯島山 緑泉寺

住所:東京都台東区西浅草1-8-5

電話:03-3841-0076

浅草にある緑泉寺で暗闇ご飯が

体験できるのですが

開催は不定期となっていました。

開催場所は緑泉寺なのですが

運営しているのは別団体で

株式会社なか道という会社が運営しています。

緑泉寺とどんな関係があるのかと思って

調べてみたら

緑泉寺の住職となか道の会社代表と

同じ人物である青江覚峰さんでした。

伝統に触れてもらい

他人との関わりを感じる中で

「和」の心を育くむ機会を

別会社という形で体験してもらっているようです。

詳しいことは分かりませんが

宗教法人で活動するには

不都合があったということですよね。

気になる予約方法ですが

緑泉寺の青江覚峰住職のFacebookに

次回の開催情報や予約方法が

書かれているようなので

興味がある方は是非チェックしてください。

スポンサードリンク

9月22日のおしゃれイズム

女優の北乃きいが初登場!

五感を研ぎ澄ませる話題の

暗闇ごはんを体験!

ミステリアスな一面が続々と!

実は匂いフェチ!!

ハマりものコレクションを公開!

自宅に眠る古いお宝とは!?

10人きょうだいの噂は本当か!?

妹たちが姉の特殊な体質を告白!

語学堪能で大の旅好き!

ひとり旅で訪れた意外な国とは!?

ホストファミリーとの秘蔵写真

YahooJapanテレビ

北乃きいが暗闇ご飯を体験した場所は?緑泉寺の予約方法は?【おしゃれ】のまとめ

今回は北乃きいさんが体験したという

緑泉寺での暗闇ご飯について

まとめてみました。

暗闇ご飯はいつでも

体験できるのかと思いましたが

不定期開催で次回の開催予定日は

残念ながら分かりませんでした。

食事と向き合うきっかけを作る

暗闇ご飯が気になったのですが

残念ながらしばらくは体験できなさそうです。

北乃きいさんは暗闇ご飯を体験して

どんな風に変わることが出来たのか

番組で見れるのが楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする