中丸三千繪のオペラ肺は?海で溺れ水泳選手目指すと海藻エピソードがヤバイ【アウトデラックス】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月26日のアウトデラックスに

中丸三千繪(みちえ)さんが出演です。

美しい声の誕生には幼い頃の意外な経験?

とはオペラ肺が作られたのは

子供の頃に海で溺れて

水泳選手目指した過去と

海藻を育てまくったエピソードがヤバいです。

どんな話だったのかまとめてみました。

スポンサードリンク

中丸三千繪のオペラ肺は?海で溺れ水泳選手目指すと海藻エピソードがヤバイ

中丸三千繪さんはオペラ歌手として

活躍されています。

1990年にマリア・カラス・コンクール

(最も権威のある声楽コンクール)

でイタリア人以外で

初めて優勝した人なんです。

そして現在まで唯一の

日本人優勝者でもあります。

1986年に小澤征爾指揮の

エレクトラでデビューして以来

数多くの出演をこなし

多数の受賞歴を持っています。

そんなすごい人物が

アウトデラックスに出演するのが

凄い不思議です。

なんで??

オペラで活躍する中丸三千繪さんには

取っても凄い肺をお持ちなんだと思います。

分かりやすく言えばオペラ肺。

オペラをするために鍛えられた肺。

この肺はどのようにして

作り上げられたのでしょうか?

中丸三千繪さんの過去にさかのぼって

調べてみました。

海で溺れて水泳選手と海藻のエピソードは

別の関係ではなく

一つのエピソードでした。

スポンサードリンク

海で溺れたと海藻のエピソード

中丸三千繪さんが小学校1年生の時に

海で溺れたことがあるそうです。

普通なら覚えた時点で

水が怖くなって

泳ぐことが出来なくなりますが

中丸三千繪さんは違いました。

海が怖くなったらダメだと思って

お父さんに泳ぎ方を教えてもらったのですが

そのエピソードも強烈でした。

川で泳ぐ練習をしたのですが

泳ぐ向きは流れと反対方向。

溺れた子にする練習ではないと思いますが

その甲斐あってか泳げるようになりました。

そして再び海で泳いでいる時に

海藻を見つけたのです。

そして思ったのが

何で陸の植物には根があって

根毛が生えているのに

海草は岩に付いているだけなんだろう。

何とか海草に根を生やそう。

でした。

そこから小学2年生~中学2年生まで

海藻の研究をしていたようです。

これは一度ハマったら

そればかりを追い求めてしまう

中丸三千繪さんのアウトな一面です。

実験には

塩分濃度を変えたり

栄養剤を入れたり

酸素を送ったり

と様々な条件で試したのです。

スポンサードリンク

その結果

天草と言う海藻に根っこが生えたのですが

長い期間実験をやり過ぎて

何をやったのか

まとめれなくなったという

オチがありました。

海藻って海の底にあるんですけど

実験のために何度も潜っていたようです。

水深7,8メートルも。

小さな子供がですよ!

その結果、水泳が上達し

小学6年から中学3年まで

水泳選手として活躍していたのです

そしてこの時はオリンピックを目指したい!

と考えていたのにある理由で

あっさりと諦めています。

その理由は大事な試合でターンに失敗して

水泳の才能がナイ!

と判断して中学3年で辞めたのでした。

中丸三千繪のオペラ肺は?海で溺れ水泳選手目指すと海藻エピソードがヤバイ【アウトデラックス】のまとめ

中丸三千繪さんの過去のエピソードについて

まとめてみました。

オペラで活躍する人物の肺は

どのようにして鍛えられたのかと思ったら

まさかのスパルタ方式の特訓と

ハマったらとことん追求するという

中丸三千繪さんのアウトの

性格によるものでした。

好きこそ物の上手なれといいますが

中丸三千繪さんの性格は

まさにこれですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする