ポツンと一軒家の9月15日の場所はどこ?山口県周南市に住んでいる人を調査

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月15日放送のポツンと一軒家

山口県どこ場所に調査に行くのか

調べてみました。

太陽光パネルがある?

最新鋭の乗り物?

といったヒントを基に

googleアースを使用して

特定できた場所は山口県周南市

にある民家のようです。

一体どんな人物が住んでいるのか

調べてみました。

スポンサードリンク

ポツンと一軒家の9月15日の場所はどこ?山口県周南市に住んでいる人を調査

2019年9月15日の放送の

概要をまとめてみました。

9月15日の放送の内容は?

ゲスト:田中要次さん、前田敦子さん

田中要次さんの出身は

長野県木曽郡木曽町で

山暮らしから逃げ出したしたくて

仕方が無かったと語っています。

なのでポツンと一軒家に登場する

人里離れた生活をしている人に対して

抵抗を感じているのではないでしょうか?

一方の前田敦子さんは

千葉県市川市出身という事で

田舎暮らしとは無縁の生活で

日本中にたくさんある家で

ポツンと暮らすという事が

凄いことだと感心していました。

山口県にあるポツンの家のヒントは?

山口県の東部にあって

四方を山に囲まれた場所にある一軒家は

屋根に太陽光パネル

乗っかっているように見え

自宅前には乗り物があるように見えると

出演者が予想していました。

その場所がこちらです。

出典:https://www.asahi.co.jp/

太陽光パネルや乗り物が

見えるようには見えませんが

家の周りには何があるのでしょうか?

9月15日の場所を特定

ポツンと一軒家の9月15日に

登場する家はこちらです。

番組で紹介していた家と

上空からの家の感じが同じですね。

googleマップのルート案内を使用すると

車で行けるようになってますが

途中からは徒歩になっていました。

番組では車で最後まで行くのでしょうか?

いつも思うのですが

googleマップのルート案内の

能力の高さにはいつも驚かされます。

車で行けるところは

ちゃんと来るまで案内して

ムリなところは徒歩移動ですからね。

場所が特定できたので

続いてはどんな人が住んでいるのか

調べてみました。

どんな人が住んでいる?

ここに住んでいる人を調べてみたのですが

一般人のようで

情報を見つけることが出来ませんでした。

なのでちょっといろいろな情報を集めて

想像してみたいと思います。

山口県周南市須万の歴史を調べると

江戸時代には紙の生産地として

発展していたようで

当時は相当な家が軒を並べていたようです。

そのため現在では

伝統工芸を継承するために

須金和紙センタが設立されているようです。

山口県周南市の特産として

梨やブドウがありますが

これは最近になってからの話だと思うので

9月15日に登場するポツンと一軒家は

果物ではなく

伝統工芸に関する何かをしていた?

のではないかなと思います。

紙の原料は木から取れるので

山に家がある方が合理的ですよね。

番組を見て答え合わせをしたいと思います。

ポツンと一軒家の9月15日の場所はどこ?山口県周南市に住んでいる人を調査のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • ポツンと一軒家の9月15日の場所はどこ?
  • 9月15日の放送の内容は?
  • 山口県にあるポツンの家のヒントは?
  • 9月15日の場所を特定
  • どんな人が住んでいる?

今回はどんな人が住んでいるのか

情報がありませんでしたが

周南市須万の伝統工芸に関わった人物を

祖先に持つ誰かが住んでいるのでは?

と私は思っています。

この番組を見ていつも思うのですが

登場する人たちの生活は

どうやって成り立っているんでしょう?

生活に必要なものを買いに行くのに

取材困難な道を使うしかないなら

生活が成り立たないような気がします。

今回はどんな人物が登場するのか

とても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする