千鳥大悟が再ブレイクのきっかけは松本人志の一言!どこで何を言った?

スポンサーリンク

千鳥は大阪では飛ぶ鳥を落とす勢いで

人気があました。

そこで東京進出をかけたのが運の尽き。

数多く持っていたレギュラー番組が

次々と終了してしまいました。

スポンサードリンク
4畳半の部屋に一人暮らしをしていた大悟さん。

それまでは番組が終わったことを

面白おかしく周囲に話していたので

仕事がなくなったことにショックを受けていた

様子は感じられなかったそうです。

ところがある日

タバコを吸おうとしてタバコを探しますが

見つからず仕方なしに目の前にあった

吸い終わったタバコ

シケモクに火をつけてポツリと一言

終わったんじゃのぉ

って本気の方言全開の一言を

ひとり呟いたそうです。

今までは面白おかしくネタとして

喋っていた仕事がない状況が

その瞬間、現実となって千鳥の大悟さんに

現れたのです。

かつての栄光を振り返り

現在の自分の置かれている状況を思うと

確かに失意のどん底に落ちますよ。

私なら立ち上がれるかどうかわかりません。

けれど、千鳥は大ブレークを果たし

レギュラー番組にCMを多数持つ

売れっ子に戻ったのです。

そこまで落ちたのに・・・

なぜ再ブレーク出来たのでしょうか?

きっかけは松本人志さんの一言でした。

人を変えるには一言あればいい。

そんな言葉がありますが

実際にその通りに千鳥は松本人志さんの一言で

生まれ変わったのです。

スポンサードリンク

千鳥大悟が再ブレイクのきっかけは松本人志の一言!どこで何を言った?

千鳥の大悟さんの事をどこまで知っているのか

知らないかわからない状態の時に

松本人志さんと一緒にお酒を飲んでいたそうです。

そして会話の中で出てきた一言。

芸能人で今の大悟と50対50になる人は誰だろう?

そんな話をしていました。

女の子にスイッチを持たした時に

大悟と比べてどっちが好きですか?

という質問です。

松本人志さんが

その時、その瞬間千鳥大悟さんをどう見ているのか?

それが分かる質問だったのです。

同じレベル、同じ人気のある人

これが一体誰なのか気になりますよね。

松本人志さんから出てきたのは

驚きの人物でした。

元ホストの城咲仁さんです。

大悟さんは松本人志さんの目には

城咲仁さんが映っていたようです。

スポンサードリンク
大悟さんが19歳の時に千鳥を結成。

31歳の頃には関西でレギュラー番組が10本以上。

32歳の時に東京進出。

33歳の時に次々と番組が終了。

この時に松本人志さんと大悟さんの50対50が

行われて大悟さんのやる気スイッチが

入ったんですね(笑)

34歳の時に冠番組「いろはに千鳥」が放送開始。

38歳の現在、レギュラー番組が9本

CMが9本という超売れっ子に再ブレーク。

いろはに千鳥はロケにいろいろ問題があったようです。

1日に8本。

朝5時から翌日深夜1時まで延々とロケを

していたそうです。

しかし、その大変なロケを乗り越えて

現在の再ブレークを果たしたのです。

千鳥大悟が再ブレイクのきっかけは松本人志の一言!どこで何を言った?のまとめ

千鳥の再ブレークのきっかけが

松本人志さんの一言だったのには驚きでした。

そして千鳥大悟さんと同じレベルの人が

城咲仁さんという事にも驚きです。

その時の一言がよっぽど嫌だったんでしょうね。

まぁでもそれがきっかけに頑張れたから

松本人志さんには感謝の一言ですよね。

これからの活躍に期待します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする