中華航空120便の整備士は?炎上事故の英雄の名前や現在を調査!【重大事件の新事実】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年12月9日に放送される

重大事件の新事実で

沖縄県那覇空港で起きた中華航空120便

爆発・炎上事故について検証されるようです。

私が気になったのは

トラブルにいち早く気付いた英雄ともいえる

航空整備士の人が誰なの?

ということです。

もしこの整備士がいなければ

全員生還という奇跡は起きなかったと思うので

名前や顔画像はもちろんのこと

現在何をしているのかについても調べてみました。

スポンサードリンク

中華航空120便の整備士は?炎上事故の英雄の名前や現在を調査!

今回は中華航空120便の炎上事故の英雄ともいえる

整備士の人について調べるのですが

まずは中華航空120便の炎上事故とは

一体どんな物だったのか知りたいと思います。

今回の事故について調べる情報元は

平成21年に運輸安全委員会が作成した

航空事故調査報告書です。

出典:運輸安全委員会

事故報告書ってインターネット上に

公開されているもんなんですね。

初めて見ましたけど

内容は報告書なので当然ですが

何時何分何秒にどんな行動、どんな無線が

消防車がどこからどれだけ来たのか

また事故についての原因など

約100ページにわたって書かれていました。

重大事件の新事実ということで放送されますが

この事故報告書以上の事実なんてあるんでしょうか?

中華航空120便炎上事故

名称:チャイナエアライン120便炎上事故

発生日時:2007年8月20日(平成19年)

発生場所:沖縄県那覇市の那覇空港41番スポット

乗員・乗客:165名

機長:男性47歳 総飛行時間7941時間17分

副操縦士:男性26歳 総飛行時間890時間38分

客室乗務員:女性42歳、男性53歳、女性32歳

女性31歳、女性26歳、女性27歳

(経験年数は9ヶ月~23年)

消防車等の出動実績:合計47台

スポンサードリンク

事故当時の飛行、走行ルート

出典:http://www.shippai.org/

脱出や消火の様子の動画は

こちら

爆発する瞬間もある衝撃的な動画なので

自己責任でお願いします。

中華航空120便が那覇空港に着陸し

駐機場に到着する寸前にエンジン部分より

航空燃料が大量に漏れ出し

気化した燃料がエンジンの熱によって出火

炎上、爆発したものです。

中華航空120便が駐機スポットに到着した時に

整備員が右主翼燃料タンクから

燃料が漏れていることに気付いて間もなく出火。

この時乗客は炎上に気付き客室乗務員に知らせるも

信じてもらえず火災は拡大しますが

コックピット内にいた機長、副操縦士は

機体が炎上していることに気付いていませんでした。

機体内部で火災が起きた場合は

センサーが反応し緊急事態を知ることが出来ますが

機体外で起きたことで

そのセンサーが働かなかったのです。

中華航空120便が炎上していることに気付き

一人の死者を出すことなく

乗員乗客全員の脱出に成功しています。

事故の原因は

右主翼の可動部から部品が脱落し

燃料タンクを突き破ったことにより

燃料が漏れたのです。

部品が脱落したのは整備した時に

部品の付け忘れがあったと推定されています。

スポンサードリンク
そのため事故以降に構造上の対策と

危険回避の設計が重要であるということで

世界の航空各社に対して

この問題についての通知を行っています。

整備士の名前や現在は?

問題となった中華航空120便を整備した人が

誰なのか気になるところですが

今回はいち早く中華航空120便の異常事態に気付いた

駐機スポットにいた航空整備員が誰なのかです。

この人がいなければ乗客乗員の命が

危うかったと思います。

立派なことをしたので

実名が出ているかと思ったのですが

残念ながら公表されていませんでした。

中華航空120便の事故報告書にも

実名は整備員だけでなく

誰の名前も書いていませんでした。

12月9日放送の重大事件の新事実

陸直後に燃え盛る飛行機

パニックになる乗客

到着しない消防車

乗客乗員165名の運命は!?

Yahoo!JAPANテレビ

スポンサードリンク

中華航空120便の整備士は?炎上事故の英雄の名前や現在を調査!【重大事件の新事実】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 中華航空120便炎上事故
  • 整備士の名前や現在は?
  • 12月9日放送の重大事件の新事実

事故の原因って大体はヒューマンエラーで

これを防ぐのがいかに難しいのか考えさせられますね。

今回は残念ながら整備士の人が誰なのか

突き止めることが出来ませんでしたが

救ってくれたという事実について

しっかり覚えておきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする