實川欣伸は富士山の鉄人で登る理由に驚愕!キッカケは何だった?【激レア】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年7月20日に放送される

激レアさんを連れてきた

實川欣伸(じつかわよしのぶ)さんが

Mr.富士山として紹介されます。

富士山の鉄人とも呼ばれる人物は

気付けば2000回以上も

登山をしていて1日に2回登ることも。

登る理由が予想外すぎて驚愕です!

もともとの登ろうと思った

キッカケが何だったのか調べてみました。

スポンサードリンク

實川欣伸は富士山の鉄人で登る理由に驚愕!

富士山に登る人は数多くいますが

2000回以上も登る人は

世界広しと言えど實川欣伸さんだけでしょう。

一体どんな人物なのか

プロフィールをまとめてみました。

氏名:實川 欣伸(じつかわよしのぶ)

生年月日:1943年7月3日

年齢:76歳(2019年7月現在)

出身地:神奈川県

出身校:法政大学

趣味、特技:登山

職歴:紳士服メーカー、住宅販売

東平商会、富士サービス

實川欣伸さんは自宅から

富士山が見える環境で過ごしており

よく富士山の絵を描いていました。

幼いころから自然が好きだった

實川欣伸さんは高校時代には

磐梯山や奥多摩、丹沢などへ度々出かけて

山登りやキャンプを楽しんでました。

現在も富士山登頂を続ける實川欣伸さんは

毎回登頂した日にちや回数などを

手帳に記録しています。

2008年以降は毎年200回以上登頂して

年間70日は1日に2回登頂しています。

2019年7月17日現在の登頂記録は

2040回でした。

そして登頂する理由を調べると

暇だったから・・

という衝撃の理由でした。

実は5回ほど富士山に登った時に

会社の同僚からここまで登ったのなら

何か記録に挑戦してみたら?

と言われたことが大きいのではないかなと

私は思っています。

スポンサードリンク

實川欣伸の富士登山のキッカケは何だった?

神奈川県に住んでいると見えはしますが

登山をしようとなると少し離れています。

富士山が身近になったのは

1978年の35歳になったに静岡県に

引っ越したからでした。

初めて登ったのは1985年の夏

42歳の時に家族揃ってでした。

しかしこれがきっかけで

富士山に何度も登るようになったわけでは

ありませんでした。

キッカケとなった出来事は

その時に当時勤めていた会社に

中国から研修生が来ていて

せっかく日本に来たのだから

富士山に登りたい!

と言われるようになりました。

富士山に興味があった研修生を連れて

年に5,6回は登っていました。

そうやって富士山を

何度も案内しているうちに

實川欣伸さん自身が富士山の魅力に

とりつかれていったのです。

何回も登っていると

富士山と言えば實川欣伸さん!

富士山の鉄人 實川欣伸さん!

Mr.富士山 實川欣伸さん!

という代名詞が付き

2009年にはAKB48の大島優子さんを

案内した実績もありました。

實川欣伸さんの登山に関する

記録は様々なものがありました。

その記録をまとめてみました。

スポンサードリンク

實川欣伸の登山の記録は?

年間最多登頂回数 248回

31日間 62回登頂

富士登山不眠不休で4連続登頂

富士登頂1000回達成(2010年)

日本山岳協会特別表彰(2011年)

富士登頂記録更新 1672回

世界6大陸制覇(エベレスト以外)

アラフォーになってから登山の魅力に

憑りつかれこの記録を出したのですから

いかにとんでもない人物なのか

よく分かりますね。

7月20日の激レアさんを連れてきた

本日の激レアさんは

ただ暇だという理由で2000回以上!

日本一富士山に登っている鉄人が登場です。

一日2回登る日も!

富士山に取り付かれた

男の衝撃実話が今夜放送です。

スポンサードリンク

實川欣伸は富士山の鉄人で登る理由に驚愕!キッカケは何だった?【激レア】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 實川欣伸は富士山の鉄人で登る理由に驚愕!
  • 實川欣伸の富士登山のキッカケは何だった?
  • 實川欣伸の登山の記録は?
  • 7月20日の激レアさんを連れてきた

富士山に登る理由について

調べてみましたが

きっかけとなった理由は

ちょっとしたことだったんですね。

それが長く続き2000回を超える

登頂記録となったのには

ただただ驚くばかりです。

番組でどんなことを語ってくれるのか

今から楽しみで仕方がないです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする