【はじめてのおつかい】かわいそうの批判でも継続?ハプニングの対応や安全面が不安

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年7月15日に大人気シリーズの

はじめてのおつかい夏の大冒険」が

放送されます。

うちの子供にもできるかな?

いつからさせようかな?

と思っている親御さんもいると思いますが

笑いや感動の裏には

かわいそう!の批判がありますが

それでも継続されています。

小さな子供が主人公なので

ハプニングはつきものですが

対応は問題ないのでしょうか?

安全面がしっかりしているのか

子を持つ親として不安を感じたので

番組を落ち着いて楽しむために

この不安を取り除くために

情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

【はじめてのおつかい】かわいそうの批判でも継続?

はじめてのおつかいは1991年から

不定期に放送されていて

今年でもう28年も続いている

長寿番組です。

これほど長く続くというのは

それだけ視聴率がいいということですよね。

過去最高の視聴率は26.1%だそうです。

私もこの番組が好きで

子供が生まれる前の私自身が

子供の頃から見ていた記憶があるので

この番組と共に成長したと

言っても過言ではありません。

(いいすぎですね)

ただ小さな子供に

おつかいをさせるという事に

批判する人がいるのも事実です。

スポンサードリンク

はじめてのおつかいはもう古い?

時代が流れ

これまでの常識が通用しなくなっても

はじめてのおつかいのストーリーは

昔からあまり変わっていません。

悪く言えば時代について行っていない

ということでしょうか。

番組が考える狙いは

おつかいの間に起きたトラブルなどを

子供が自分で解決し自立を促すことや

親子関係のあり方(育児・教育)などを

視聴者に考えてもらうことです。

目的の場所までどうやって行こうか?

お金はどれを出せばいいのか?

出来なければ

どうすれば出来るようになるのか

と考えるきっかけにもなります。

出来れば

思いっきり褒めてあげて

子供の成長を促すことが

出来ると思っています。

はじめてのおつかいは

子供はもちろんのこと

親にとっても

はじめてのおつかいなんですよね。

はじめてのおつかいは

親子共に成長できるいい機会だと

思っていますが

批判ではなく不安に思うこともあります。

この次で不安について

考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

【はじめてのおつかい】のハプニングの対応や安全面が不安

主人公が子供という事は

予期しない動きをすることを

想定していないといけないですよね。

子供が3歳の時の話なのですが

手を洗うから動かないで待ってて

と言って目を離した5秒で

居なくなってしまいました。

血の気が引いて

子供が行きそうな場所を

探したら見つかったので

大事にはなりませんでした。

言っても守れない

興味をひくものがある物を優先

大人の常識が通用しない

の子ども相手にテレビ局が

どう対応しているのか調べてみました。

安全面の配慮

出演する子供をどのように選んでいるのかは

今回の記事では省略しますね。

出演が決まった保護者とスタッフが

おつかいのプランやルートについて

検討するのはもちろんのこと

現場の下見をしています。

この下見で交通量や不審者情報を

チェックし安全に気を配っているようです。

子供の万が一に備えるために

念には念を入れるために

検討から撮影までに要する時間が

数か月に及ぶこともあるそうです。

これが不定期に放送される理由ですね。

下準備に時間がかかるから

しょっちゅう放送できないんですね。

撮影最中もスタッフが変装して

お使いの道中にスタンバっている姿は

テレビを見ている人なら

ご存知だと思います。

撮影できる距離は

危ない!

と思ったら駆けつけれる距離

ということですよね。

さらに近所の人にも周知されているので

子供を見守ってくれます。

ここらへんがやらせと言われる所以ですね。

絶対の安全は存在しないと

わかっていますが

過度の保護もどうかと思います。

子供の成長を願うのなら

自分の子供を信用して

はじめてのおつかいにチャレンジさせるのも

アリだと思います。

スポンサードリンク

7月15日のはじめてのおつかい夏の大冒険スペシャル

今夜の主人公は?

二十四の瞳 渡し舟の海伊理くん 3歳

恋人父ちゃん 心粋ちゃん 3歳9ヶ月

和三盆シュークリーム 杏ちゃん 4歳1ヶ月

お父さんの花 柊哉くん 4歳3ヶ月

奏哉くん 2歳4ヶ月

薬屋のじいちゃん 優愛美ちゃん 2歳2ヶ月

ママの大事なラケット 悠くん 3歳8ヶ月

他にもストーリーがあるので

笑いあり感動ありの3時間を

楽しむことが出来ます。

【はじめてのおつかい】かわいそうの批判でも継続?ハプニングの対応や安全面が不安のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • かわいそうの批判でも継続?
  • はじめてのおつかいはもう古い?
  • ハプニングの対応や安全面が不安
  • 7月15日のはじめてのおつかい夏の大冒険スペシャル

はじめてのおつかいは

外国では虐待だと言われますが

ここは日本です。

海外の常識を何も考えずに

そのまま日本に当てはめるのは

どうかと思います。

はじめてのおつかいへの批判も同じです。

かわいそうと批判するのは

大人が勝手に思うことであって

子供にとって本当にかわいそうと思えるのは

子供を知る親だけではないでしょうか?

今回まとめてみたことで

番組を楽しく見れそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする