新名神でのり面崩落の復旧はいつ?現場・現地を画像・動画で確認!【三重県四日市】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月13日の夜間に

新名神(三重県四日市)のり面

崩落したということです。

この復旧いつぐらいになるのでしょうか?

現場(現地)の様子を画像・動画

確認したいと思います。

高速道路が通行止めとなったことで

う回の必要がありますが

渋滞も発生しているのでしょうか?

スポンサードリンク

新名神でのり面崩落の復旧はいつ?

新名神高速道路でのり面が

崩落したのは2019年9月13日の夜です。

原因となったのは9月4日~6日かけて

大雨が降ったことで

現場では小規模な崩落があったようです。

四日市市の当時の降水量は

200ミリを超える雨が降っていたようです。

現在通行止めとなっている個所は

四日市ジャンクション~新四日市ジャンクション

の間の区間が通行止めになっています。

崩落した土砂の量が多いため

復旧作業には1週間程度かかると

予想されています。

新名神でのり面崩落の現場・現地を画像・動画で確認!

現場となった場所を確認してみました。

この付近で下り線に面したのり面

高さ14m、幅50メートルほどが

崩落したようです。

新名神が通行止めになった影響で

東名阪自動車道が渋滞しているようです。

新名神でのり面崩落の復旧はいつ?現場・現地を画像・動画で確認!【三重県四日市】のまとめ

新名神でのり面崩落という

災害が発生しましたが

幸いなことにけが人が出ていないようです。

不幸中の幸いです。

四日市ジャンクションと

新四日市ジャンクションで通行止めとなり

それによるう回で東名阪自動車道が

渋滞しているようです。

ドライバーの皆さま

安全運転でよろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする