ミナミウラヤスタケ(南裏健康)の岩山宙吊り遭難ヤバい!パラグライダーで降りる謎【激レア】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月14日に放送される

激レアさんを連れてきた

南裏健康(ミナミウラヤスタケ)さんが

過去の登山したトランゴタワーズの

あることが特集されます。

それは6000mの断崖の岩山

1週間も宙吊りになったという

遭難がヤバいということです。

パラグライダー降りる途中の

事故らしいですが

何故そんなことをしたのでしょうか?

スポンサードリンク

ミナミウラヤスタケ(南裏健康)の岩山宙吊り遭難ヤバい!パラグライダーで降りる謎

ミナミウラヤスタケさんが登った山は

パキスタンにある

トランゴタワーズという標高6286mの山で

ロッククライマーたちが憧れる

魅力のある場所だそうです。

タワービルが沢山ある感じが

山の由来なのでしょうか?

見るからに断崖で登るのが

とても難しそうですが

これが逆に闘志を燃やして

登りたいと思わせるのでしょうね。

でこんな岩山に登ろうと思ったのが

南裏健康(ミナミウラヤスタケ)さん

奈良県出身の方です。

1957年生まれなので

2019年度で62歳になる方です。

岩山宙吊り遭難の内容は?

岩山宙吊りになったのは

1990年のことで南裏健康さんが

33歳の時です。

スポンサードリンク
2年半という時間をかけて準備をして

仲間と共にトランゴタワーズに向かい

登頂開始から27日目にして

登頂に成功します。

仲間はベースキャンプでサポートしており

南裏健康さんの単独での登頂成功でした。

南裏健康さんは岩山の頂上から

パラグライダーで下山しようと

飛び立った時に突然風の向きが変わり

向かい風にあおられ失速し墜落しました。

6000mの高さからの墜落ですので

命を落としたかと思われましたが

頂上から70m下の場所で

パラグライダーが引っ掛かり

宙吊りになってしまったのです。

頂上からはパラグライダーで

一気に降りる計画でしたので

装備は軽量なので

食料も何もない状態です。

仲間との連絡用に持っていた

トランシーバーでSOSを送り

ヘリに救助要請をしました。

救助ヘリがやってきましたが

遭難場所が高すぎることと

険しい岩場のため

ヘリでの救出を諦めました。

最後の頼りは仲間

ヘリでの救助に失敗したため

南裏健康さんの仲間二人が

岩山に救出に向かいます。

この時点で南裏健康さんが遭難して

数日が経っていました。

スポンサードリンク
遭難場所が高い場所なので

酸素濃度は平地の半分で

夜間の気温はマイナス10度にまで

冷え込むという厳しい状況です。

そんな中で南裏健康さんは

氷で喉をうるわし

凍傷を防ぐために体をさすったり

手足を動かしたりしていたようです。

過酷な状況の中で

南裏健康さんを救っていたのが

トランシーバーから聞こえる

仲間からの励ましの声でした。

救出に向かった二人によって

南裏健康さんは無事助け出され

ベースキャンプに戻ることが出来ました。

遭難から7日目の事です。

トランゴタワーズの単独登頂は

世界初だったので

成功をたたえる声と

遭難しても無事救出できたこともあり

大きく話題になったのです。

パラグライダーで下山はメジャー?

パラシュートで下山することは

世界ではよくあることなのでしょうか?

パラグライダー下山の始まりは

ヨーロッパのアルピニストが

登山の降下手段として

パラシュート降下が始まりのようです。

スポンサードリンク
パラグライダーで下山になったのは

1986年にフランスの著名なアルピニストが

使用したことで流行りだしたのです。

登頂後の下山方法に

パラグライダー降下ブームが

訪れた瞬間でありました。

いわかける! -Climbing Girls-(1) (サイコミ) [ 石坂 リューダイ ]

価格:615円
(2019/9/14 22:00時点)
感想(1件)

9月14日の激レアさんを連れてきた

よくこの状況から

救出できたなと驚く内容を

今夜お届けです。

ゲストにカズレーザーさんがおりますが

変態ですね

と言ってしまうほど

ヤバイ激レアさんが今夜特集です。

スポンサードリンク

ミナミウラヤスタケ(南裏健康)の岩山宙吊り遭難ヤバい!パラグライダーで降りる謎【激レア】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • ミナミウラヤスタケの岩山宙吊り遭難ヤバい!
  • 岩山宙吊り遭難の内容は?
  • 最後の頼りは仲間
  • パラグライダーで下山はメジャー?
  • 9月14日の激レアさんを連れてきた

調べれば調べるほど

よく生きて帰ってこれたなと

驚くばかりです。

細かい救出方法に関して

分からなかったのですが

南裏健康さんを救助するのに

仲間が向かったとありますが

救助はきっと頂上からなんですよね?

ということはその仲間の人も

登頂成功したということ?

ここら辺はどうなっているんでしょう?

調べても分かりませんでした。

番組見ればわかるのかな?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする