望月重良はサッカーの消えた天才!病気は妻がフォロー?三浦知良と誰が認めていた?

スポンサーリンク

こんばんはMaruです。

2月24日放送で望月重良さんがサッカー界から

消えた天才という事で登場します。

消えた理由に病気とありますが

フォローは妻がしているのでしょうか?

望月重良さんは三浦知良さんと誰から

天才と言われていたのか調べてみました。

他の消えた天才の記事⇒こちら

スポンサードリンク

望月重良はサッカーの消えた天才!病気は妻がフォロー?

出典:https://www.soccer-king.jp/

そもそも望月重良さんはどんな人なのでしょうか?

経歴に現在の職業や病気のフォローは妻がしている?

といった事を調べてみました。

望月重良の経歴は?

氏名:望月 重良(もちづき しげよし)

生年月日:1973年7月9日(45歳 2019年2月現在)

出身地:静岡県

出身校:清水商業高校、筑波大学

サッカー歴

庵原小学校サッカースポーツ少年団

庵原中学校

清水商業高校

筑波大学

1996年~2000年 名古屋グランパスエイト

2000年~2001年 京都パープルサンガ

2001年 期限付き移籍 ヴィッセル神戸

2002年~2003年 ヴィッセル神戸

2003年~2004年 ジェフユナイテッド市原

2003年8月~12月 期限付き移籍 ベガルタ仙台

2005年~2006年 横浜FC

2007年1月 現役引退

現役中の2004年に国の難病指定の

特発性大腿骨頭壊死症と医師に診断されて

2007年に引退するまでの3年間は

リハビリを続けながらプレーしていました。

診断された時はショックで頭が真っ白に・・・

それでも完全燃焼していないという気持ちで

現役続行を決意したそうです。

スポンサードリンク
特発性大腿骨頭壊死症

股関節の病気で、大腿骨の組織が壊死することで

関節が変形・破壊したりする病気。

引退を決意した理由は特発性大腿骨頭壊死症

関係しています。

最後の移籍先である横浜FCで2年ぶりに

公式戦出場を果たした時に

全盛期とくらべると50、60%のプレーしかできない

ただ、病気が判明した時とは違って

リハビリを乗り越えてピッチに立ったことで

やりきったと思えたから引退を決意したそうです。

個人成績

国内大会263試合出場で27得点。

この得点は名古屋グランパスエイト時代の

1996年~1999年で24得点となっており

以降はほとんど得点をしていませんでした。

この成績を見ていると

名古屋グランパスエイトで活躍をしていたのに

なぜ移籍となったのか謎でした。

能力のある選手をチームが放出する

理由はないですよね?

調べてみると次のようなことが分かりました。

名古屋グランパスエイトの解雇理由は次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする