大坂なおみはドバイ選手権でなぜ初戦負けしたの?その理由は?

スポンサーリンク

プロテニスプレイヤーの大坂なおみさんが

ドバイ選手権に出場されました。

世界ランキング1位になって、

サーシャ・バインコーチと関係を解消しての

初めての大会がドバイ選手権でした。

その結果が初戦負けということで、

なぜ初戦負けしたの?その理由は?

ということが気になったのでまとめてみましした。

スポンサードリンク

大坂なおみ選手がドバイ選手権に出場

2019年2月19日にドバイ選手権の

2回戦が行われました。

世界ランキング第1位の大坂なおみ選手は

第1シードなので、2回戦からの出場になります。

初戦の相手は世界ランク67位の

フランスのK・ムラデノヴィック選手でした。

結果はセットカウント

3-6, 3-6のストレート負けでした。

試合のスタートからゲームカウント0-3と

リードを許し、その後もミスを連発し、そのまま

ブレイクできず、3-6で第1セットを落とします。

そして、第2セットに入っても流れは変わらず、

ミスを連発し、第2ゲームをブレイクされました。

第3ゲームはブレイクバックしましたが、

第6ゲームで精彩を欠くプレーが連発で、

再びブレイクされました。

そのまま流れを変えることができず、

ストレート負けとなりました。

大坂なおみはドバイ選手権で
なぜ初戦負けしたの?その理由は?

大坂なおみ選手がドバイ選手権で初戦敗退となったのは

なぜでしょう?その理由をみていこうと思います

現在執筆中

大坂なおみはドバイ選手権のまとめ

大坂なおみ選手のドバイ選手権についてみてきました。

・大坂なおみ選手がドバイ選手権に出場

・大坂なおみ選手がドバイ選手権で初戦敗退したのはなぜ?

理由は?

ということでみてきました。

現在執筆中

最期までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする