延岡駅で竜巻により列車運休!再開はいつ?鉄塔倒壊の現場・現地の写真・画像を調査!

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月22日の午前に

宮崎県延岡市で竜巻が発生しました。

JR九州の延岡駅付近では

その影響で貨物コンテナが飛ばされ

構内に設置してある鉄塔が倒れ

列車運休の事態になっています。

再開いつになるのでしょうか?

鉄塔倒壊現場(現地)の様子を

写真(画像)で確認し

被害状況を調べたいと思います。

スポンサードリンク

延岡駅で竜巻により列車運休!再開はいつ?鉄塔倒壊の現場・現地の写真・画像を調査!

九州の西側には大型の台風17号が

北東に向けて進んでおり

広範囲で強風が吹いています。

宮崎県は九州の東側で台風からは

距離があり被害は大丈夫かと思っていました。

けれど台風17号を原因とする

湿った空気により竜巻が発生し

大きな被害が発生したようです。

宮崎県延岡市にある

延岡駅はこちらの場所になります。

運転再開情報は?

竜巻の被害が出たのは午前8時40分ごろです。

このためJR九州より

日豊線市棚(宮崎県延岡市)~

日向市(同県日向市)間の上下線で

運行を見合わせることが発表されました。

2019年9月22日14時30分の時点で

運転再開の情報はありません。

現場の状況も確認中ということです。

竜巻被害の現地状況は?

当然ですが

コンテナが飛ぶほどの威力なので

市内各地でもいろいろ被害が出ているようです。

延岡駅で竜巻により列車運休!再開はいつ?鉄塔倒壊の現場・現地の写真・画像を調査!のまとめ

現在編集中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする