山口潮久の経歴がスゴイ!チーズ職人のきっかけや通販は?【クレジャ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年4月24日に放送される

クレイジージャーニーに

山口潮久(やまぐちみちひさ)さんが

出演します。

経歴がスゴイらしいのですが

具体的にどう凄いのか調べてみました。

また凄腕のチーズ職人になったきっかけ

今回特集されるチーズの通販

あるのでしょうか?

日本未入荷のチーズとは

一体どんな物なのかについても

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

山口潮久の経歴がスゴイ!

山口潮久さんは伝統のチーズ作りに

人生をささげる男という事で

紹介されます。

山口潮久さんがフランスでチーズを

作ることになったのかを

経歴と合わせて紹介させていただきます。

氏名:山口 潮久(やまぐち みちひさ)

生年月日:1974年

年齢:45歳(2019年度)

出身地:東京

職業:チーズ職人

山口潮久さんがチーズを作っているのは

フランスのオート・サヴォア県です。

その地方の伝統チーズである

アボンダンスを職人として

作っているようです。

出典:https://jp.paris-bistro.com/

山口潮久さんはあるコンクールで

入賞したことがある実力ある

職人なんです。

どんなコンクールかというと

パリ国際農業見本市で開催された

フランス農業省主催農業コンクール

日本人として初めて

「アボンダンス」部門で

銀賞と銅賞を獲得しているのです。

出典:https://www.tsujicho.com/

スポンサードリンク

チーズ職人となったきっかけや職歴は?

高校時代に興味があったのが

酪農と自転車競技の最高峰である

ツール・ド・フランスです。

この頃はまだチーズに興味はなく

大学では国文学を専攻し

3年半の会社に勤めますが

酪農家になるために2002年9月に日本を

離れることを決意します。

酪農家になるのなら目指すは

農業王国のフランスだろう!

と考えフランスに留学したのです。

語学を学んだ後は

肉牛農家にて2年間研修。

この期間中にアルパージュを経験します。

アルパージュとは

アルプスで家畜が山の放牧場で

過ごす夏の期間のこと。

チーズの種類ガイド

その後フランス国立酪農・畜産学校

に入学しチーズ製造を学びました。

2007年に卒業してからサヴォア県で

農協経営のチーズ工房で勤務し

1年半後の2009年にレ・ジェにある

フルティエ・デ・ペリエル

チーズ職人として勤務されています。

出典:https://jp.paris-bistro.com/

気になる通販については
次のページで解説!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする