有馬温泉どの場所に大田忠道が?料理店は3つ!の料金、口コミを調査!【ぶっこみ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月27日のぶっこみジャパニーズ

大田忠道さんがマスクマンとして

ニセ和食料理店に突撃します。

実は有馬温泉で有名な人物で

お店を持たれているそうなので

いったいどこの場所にあるのでしょうか?

調べると

料理旅館である四季の彩「旅篭」

天地の宿「奥の細道」

御馳走塾「関所」

をされていることが分かりましたので

料金、口コミを調査してみました。

スポンサードリンク

有馬温泉どの場所に大田忠道が?料理店は3つ!の料金、口コミを調査!

世界のニセ和食を提供しているお店を

調査するぶっこみジャパニーズも

早くも13弾です。

日本の職人である大田忠道さんが

正体を隠し向かった先は

アメリカとメキシコの国境境にある

和食料理店です。

正体を隠し店のやり方を学ぶふりをして

本物の和食を提供するのです。

日本料理の職人である

大田忠道さんが関係しているお店は

3ヶ所ありました。

料理旅館である四季の彩「旅篭」

天地の宿「奥の細道」

御馳走塾「関所」

中には旅館もありますが

宿泊せずに日帰りで楽しむことも

出来るようなので紹介させていただきます。

四季の彩「旅篭」

この投稿をInstagramで見る

ごちそうさまでした とても、美味しく 四季の彩を感じました お腹いっぱい🍴( ´:ω:` )💭︎ #有馬温泉 #四季の彩 #旅籠 #大田料理道場

いけだともこさん(@applepiemilktea)がシェアした投稿 –

有馬温泉に2002年にオープンさせた

料理旅館です。

大田忠道さんは旅籠の館主です。

店名:四季の彩「旅篭(はたご)」

℡:078-903-6456

住所:兵庫県神戸市北区有馬町1389-3

旅籠の名物は「雲海鍋」です。

このお鍋はすき焼きなのですが

変わっているのが

味付けに使われる砂糖です。

旅籠では砂糖ではなく

綿菓子が使われており

鍋に広がる綿菓子の見た目が

雲海のように見えることから

名づけられたようです。

料理の値段はこのようになっていました。

昼食の料金が7,500円~

夕食の料金が10,650円~

となっていました。

以下編集中

天地の宿「奥の細道」

この投稿をInstagramで見る

@chusan.mio.0415がシェアした投稿

見て楽しみながら料理が提供される

お店です。

テーマは「五感で食す」です。

店名:天地の宿「奥の細道」

℡:078-907-3555

住所:兵庫県神戸市北区有馬町1683-2

「目と舌で味わう」を大事にし

お客さんの目の前でパフォーマンスが

楽しめるお店です。

エンターテイメント性を備えた料理は

食べる人の一生の思い出にも

なること間違いなしです。

食べる人の目の前で握ってくれるお寿司

こだわりの出汁を使って作る出汁巻き卵

綿菓子を使った雲海鍋

魔法の氷菓子

これらが楽しめるのは大田忠道さんが

お客が楽しめるように

考えてくれたからです。

以下編集中

御馳走塾「関所」

以前は創作和食のお店である

御馳走塾「関所」でしたが

現在は関所カフェと言うコッペパンサンドが

有名なカフェに変わっています。

以前はプロデュースしていたようですが

関所カフェもプロデュースされているか

確認できませんでした。

店名:関所カフェ

℡:078-903-2150

住所:兵庫県神戸市北区有馬町字山田山1820-4

ランチメニューは

国産黒毛和牛を使ったサンドセット

全7品 2,400円

出汁巻き卵サンドランチ

全7品 1,450円

コッペパントーストセット

1,280円

となっておりました。

以下編集中

スポンサードリンク

6月27日のぶっこみジャパニーズ

有馬温泉どの場所に大田忠道が?料理店は3つ!の料金、口コミを調査!【ぶっこみ】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 有馬温泉どの場所に大田忠道が?
  • 四季の彩「旅篭」
  • 天地の宿「奥の細道」
  • 御馳走塾「関所」
  • 6月27日のぶっこみジャパニーズ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする