青森の野瀬観音は何の神?場所/行き方や参拝時期は?【ポツンと一軒家はどこ?】

スポンサーリンク

2019年2月3日のポツンと一軒家で

紹介されたのはどこなのでしょう?

探してみたら、青森の野瀬観音であることが

わかりました。何の神様なんでしょう?

場所や行き方や参拝時期などが気になったので

調べてみました。

スポンサードリンク

青森の野瀬観音は何の神?

青森の野瀬観音堂内部は黒の花札で囲まれているそうです。

そそ観音堂は「刈田堂(カルタ堂)」とも呼ばれ、

バクチの神様として知られています。

黒の花札で囲まれた堂内って非常に興味深いです。

黒の花札の絵はわかるのでしょうか?

昔の花札ですよね?どんな絵なのか見てみたいです。

もし、絵が見えないのであれば、

真っ黒な花札が敷き詰められてるってことでしょうか?

それはそれですごい光景です。

昔は、旅の疲れをとったり、楽しみの一環で

博打や花札が行われていました。

ですので、博打の神様がいても全然おかしくありませんよね。

この青森の野瀬観音はそんな博打の神様のうちの

一つになります。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

そもそも青森の野瀬観音が建てられたのは、

長久元年(1040年)または建久2年(1191年)

と言われています。

はっきり分からない上に100年以上もずれています。

南部糠部三十三番観音の21番札所とされています。

もともとは真言宗だとされています。

管理者は工藤家で、元和3年(1617)に、

427代南部利直公の命により

観音堂の管理の「かぎかけ」の役を

仰せつかったとされています。

「かぎかけ」とは当時は野瀬を通って、

通行する人々を取り調べる役のことを言います。

関守のようなものですね。

なので、昔でいえば結構なお偉いさんです。

その「かぎかけ」を仰せつかって以降、

その工藤家がこの観音様を守ってきたそうです。

3つほどの街道が近くにあったそうで、

そこを旅していく人たちが、野瀬観音に参拝して

行ったのでしょうか?

旅の無事と、博打の勝利を願って??

どちらも当時はとても大切なことだったでしょうね。

スポンサードリンク

青森の野瀬観音の場所/行き方は?【ポツンと一軒家はどこ?】

青森の野瀬観音までは車で行けるそうです。

ポツンと一軒家で行く家って簡単に

行けないイメージがあるので、これは朗報です。

但し、参道は未舗装のようです。

でも車で行けるだけありがたいです。

しかも親切に看板もでています。

三戸望郷大橋という橋のそばに

「野瀬正観世音」の案内板があり、

そこが参道の入り口です。

そこからだと約3キロほどのようです。

場所は

〒039-0112

青森県三戸郡三戸町梅内野瀬58−1

になります。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

こんな感じの道のようです。(赤線が未舗装の道)

結構大変な山道であることが予想されます。

行く方はしっかり酔い止めを飲んでいきましょう。

おススメの参拝時期!

10年に1度のチャンスについては

次ページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする