松坂大輔に勝った江刺徳男(えさしのりお)が華麗に転身!野球の引退理由、今現在は?【消えた天才】

スポンサーリンク

2019年1月13日に放送予定の

「消えた天才」で

プロ野球選手の松坂大輔さんが勝てなかった

日本一の天才が放送されます。

今回は他にも

マラソン有森裕子が勝てなかった天才

柔道古賀稔彦が勝てなかった天才

天才野球少年上地雄輔が勝てなかった天才投手

平成の怪物松坂大輔が勝てなかった天才

なぜ、いつ野球をやめたのか?

今現在は何をしているのか?

気になったので、まとめました!

スポンサードリンク

松坂大輔さんのプロフィール

今更書く必要があるのかって感じですが、

簡単にまとめさせてもらいます。

出典:https://dot.asahi.com/

名前

松坂大輔(まつざか だいすけ)

「大輔」の由来

大輔という名前は荒木大輔さんの名前から

とられているそうです。

1980年代前半の早稲田実業高校の

エースだった方です。

愛称

「マツポン」「マツ」「ダイスケ」

MLBメディアでは「Dice-K」「D-Mat」

ボストンでは「Dice-K」

本人は「D-Mat」をサインに使うこともある。

出身地

青森県青森市生まれ

東京都江東区育ち

柴田倫世

子ども

2005年に誕生した長女

2008年に誕生した長男

2010年に誕生した次女

スポンサードリンク
座右の銘

「目標が、その日その日を支配する」

これは横浜高校創立者黒土四郎が愛した詩の一節。

野球の経歴

5歳から小学3年生までは、地元東京都江東区の

福住剣友会で剣道に打ち込んでいた。

小学3年生で東陽フェニックスに入部し野球開始。

し中学時代江戸川南リーグ(リトルリーグ)に所属する。

横浜高校時代は、「サボリのマツ」と言われていたが、

2年生時の夏の神奈川大会準決勝の対横浜商業高校戦で

自身の暴投でサヨナラ負けを喫し、以降奮起して猛練習した。

3年生時に150km/h超の球速を出し、

切れ味鋭いスライダーを武器に超高校級の投手として

「平成の怪物」として注目を浴びた。

1998年の第70回選抜高等学校野球大会では

完成度の高い投球と小山、後藤武敏、小池正晃ら

チームメイトの活躍で他校を寄せ付けず優勝。

最後の夏となった第80回全国高等学校野球選手権大会では、

準々決勝でPL学園高校に延長17回という

長丁場の試合に250球を投げ完投勝利。

決勝では史上2人目となる決勝戦での

ノーヒットノーランを達成。

1998年度新人選手選択会議では、

西武ライオンズが交渉権を獲得し、西武へ入団した。

背番号は18だった。

長すぎるためあとは割愛しますが、

この後も西武ライオンズで輝かしい成績を残され、

その後ボストンレッドソックスに入団され

メジャーデビューされています。

そんな平成の怪物松坂大輔が人生で

唯一勝てなかった天才投手とは、誰なのでしょう?

スポンサードリンク

松坂大輔さんに勝った江刺徳男(えさしのりお)さんとは?

出典:https://www.tbs.co.jp

少年野球のチームで

江刺徳男(えさしのりお)さんは

エースで4番

松坂大輔さんは

控え投手で5番でした。

松坂大輔さんが選ばれなかった

日本代表でもエースでした。

江刺徳男(えさしのりお)さんは

中学2年生で野球を辞めていました。

出典:https://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

江刺徳男(えさしのりお)さんが野球を辞めた理由は?

江刺徳男(えさしのりお)さんは

甲子園・プロを目指していたそうです。

しかし、

江刺徳男(えさしのりお)さんは

母子家庭で母親が苦労して

貧困の中頑張って育ててくれていたそうです。

そして、

野球より母親を優先しようと。

道具代や遠征費代がかかる野球を

続けられないと決めました。

出典:https://www.tbs.co.jp

皆頑張っているのに、

辞めることは申し訳なくて、

誰にも言えなかったということです。

野球への未練も少しありました。

甲子園などに仲間がでている姿をみて

羨ましいと思っていた。

でも一番大切なことは、

母を助ける事でした。

スポンサードリンク

華麗なる転身先とは?

18歳で結婚し、

長男が誕生しました。

一人っ子母子家庭で、苦労したので、

自分の息子には苦労はさせたくないと思っていた。

幸せな家庭を築きたい。

出典:https://www.tbs.co.jp

自分は野球を途中で断念したので、

自分の息子には野球を続けてもらって、

甲子園やプロに進んでほしいと思った。

しかし、その後離婚。

最愛の息子と離れ離れになってしまいました。

絶望感しかなかった。

自分の息子にも

自分と同じ苦労をさせてしまう。

と本当に辛かった。

どん底で荒れた生活を送っていた江刺徳男さん、

そんな時に

最愛の息子から1通の手紙が来ました。

それが今でも心の支えだそうです。

「お元気ですか?

ぼくはママと元気にしているよ。

最近野球をはじめたよ。

またパパとキャッチボールがしたいな。

お仕事頑張ってね。」

という内容でした。

そして、野球をしている息子の写真が

同封されていました。

嬉しくて涙がでたそうです。

そして、落ちぶれているパパより、

仕事を頑張っている姿を見せたい。と

カッコいいパパになりたい。と

頑張っているそうです。

スポンサードリンク

今現在はどうしているの?

出典:https://www.tbs.co.jp

現在は建築金物工の専務として働き

有明コロシアムや新松の内ビルの

建設に関わったそうです。

最近嬉しい知らせが。

息子は今でも野球を続けていると!

息子に甲子園・プロを目指してほしい。

夢を託せた。

嬉しい。と

まとめ

松坂大輔さんやその他の野球関係者の方が

口をそろえて江刺徳男(えさしのりお)さん。

野球を辞めなければならなかった理由が、

胸が締め付けられるものでした。

中学2年生で野球より母親が大切だ。

と決めるなんて、とても優しい方でした。

今現在も建築金物工の専務という

素敵な仕事をされていました。

そして、いつも息子のことを思っている

優しいパパになっていました。

これからも江刺徳男(えさしのりお)さんを

応援していきたいと思います!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする