藤猪省太(ふじいしょうぞう)が柔道の消えた天才!記録、経歴は?今現在は?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年3月16日の消えた天才に

藤猪省太(ふじいしょうぞう)さんが

柔道の消えた天才という事で特集されます。

藤猪省太の記録、経歴そして

現在は何をしているのか調べてみました。

スポンサードリンク

藤猪省太が柔道の消えた天才!記録、経歴は?

番組では柔道金メダルの山下泰裕さんを超える

天才と言われた人が藤猪省太さんと

判明しました。

漢字を普通に読むと「ふじいしょうた」さんです。

なぜこの字で「ふじいしょうぞう」と読むのか

とても不思議です。

読み方が間違っているのかと確認しましたが

間違ってはいませんでした。

経歴

出典:http://www.judo-ch.jp

氏名:藤猪 省太(ふじい しょうぞう)

生年月日:1950年5月11日

年齢:68歳(2019年3月現在)

出身:香川県

出身校:天理大学

小さいころは遊びで相撲をしていたようですが

とても強かったために年上の人にも

勝つことが出来ていたようです。

柔道を始めたきっかけが

中学に入った時に柔道を見て

柔道したらあんな風に背が高くて

大きくなるんやろうな

と思って柔道部に入部したようです。

そこからぐんぐん実力を発揮し

入部半年で初段を取得しています。

初段取得の目安が素人から初めて

1年ほどと言われているので

かなりの速さだという事が分かります。

スポンサードリンク

成績

1968年 インターハイ 優勝

1970年 新人体重別 優勝

1968年 インターハイ 優勝

1970年 新人体重別 優勝

1970年 選抜体重別 2位

1970年 優勝大会 優勝

1971年 フランス国際 優勝

1971年 世界選手権 優勝

1972年 全日本学生柔道選手権大会 無差別 2位

1973年 全日本選手権 3位

1973年 世界選手権 優勝

1974年 選抜体重別 優勝

1974年 アジア選手権 中量級 優勝 無差別 優勝

1975年 選抜体重別 3位

1975年 世界選手権 優勝

1976年 選抜体重別 2位

1977年 選抜体重別 優勝

1978年 選抜体重別 優勝

1978年 嘉納杯 優勝

1979年 選抜体重別 優勝

1979年 プレオリンピック 優勝

1979年 世界選手権 優勝

1980年 選抜体重別 優勝

22戦中の優勝が17戦もあるって

柔道を知らない私でもその実力が伝わってきます。

色を付けたところが世界柔道選手権ですが

これが噂の4連覇です。

世界最強と言われ

畳の芸術家とまで言われた人物は

なぜオリンピックに行けなかったのでしょうか?

オリンピックに行けなかった理由と
現在の藤猪については次ページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする