古賀稔彦と互角の内山善康(うちやまよしやす)が柔道を引退した理由は?転身先、今現在は?(消えた天才)

スポンサーリンク

2019年1月13日の消えた天才で

古賀稔彦さんが

高校時代に投げることができなかった

天才柔道家が出演されます。

今回の消えた天才には

平成の怪物松坂大輔が勝てなかった天才投手

マラソン有森裕子が勝てなかった天才

天才野球少年上地雄輔が勝てなかった天才投手

なども出演されました。

今回は古賀稔彦さんに勝った天才について

まとめてみようと思います。

スポンサードリンク

古賀稔彦さんのプロフィール

とても有名な方なので、いまさら感はありますが、

どんなにすごい人なのか、まとめてみようと思います。

出典:https://www.tbs.co.jp

氏名:古賀 稔彦(こが としひこ)

誕生日:1967年11月21日

出身:佐賀県三養基郡北茂安町(現・みやき町)

身長:169㎝

血液型:A型

現在

環太平洋大学教授(弘前大学博士(医学))

日本健康医療専門学校校長。

柔道

柔道家(八段)

1992年バルセロナオリンピック柔道

男子71kg級金メダリスト。

内山善康(うちやまよしやす)さんの柔道を引退した理由は?

古賀稔彦さんが唯一勝てなかった

内山善康(うちやまよしやす)さんは

偏差値71の秀才です!

出典:https://www.tbs.co.jp

当時柔道ノートをつけており、

古賀稔彦さんについても分析されています。

そして

「全国大会決勝で古賀稔彦さんと戦うまで

絶対に負けない!必ず勝つ!」とも書かれていました。

高校3年生のあの試合でできることは全てやった。

あれ以上のことは僕にはできなかった。

負けたからこそ、柔道を諦め、

目標を変えたとのことです。

スポンサードリンク

内山善康(うちやまよしやす)さんの華麗な転身先とは

そして、医師になったそうです。

出典:https://www.tbs.co.jp

東海大学医学部に合格!

医学部にいく勉強より、

柔道をやっている方が大変だった。

内山善康(うちやまよしやす)さんは

スポーツ整形外科の専門医に転身されました。

肩関節外科のスペシャリストになりました。

バルセロナオリンピックで、膝靭帯をけがして

痛み止めを打ちながら出場し、

見事に金メダルをとりました。

その姿に感動し、

「僕も医者を目指して頑張ろうと思いました。」と

そして柔道はけがをしやすいスポーツだから、

柔道をしていた僕だからこそ、

できるサポートがあるんじゃないかと考えていました。と。

内山善康(うちやまよしやす)さんが
井上康生さんを救った?

井上康生さんは、試合中にケガをしました。

出典:https://www.tbs.co.jp

それは

大胸筋断裂

選手生命にかかわる大けがだそうです。

井上康生さんはけがをした時

「腕がちぎれたような感覚がした。」

と言っていました。

筋力は60-70%程度しか戻らないと。

手術をしても80-90%と言われたそうです。

内股をかけられなくなったら、

選手引退しかないと思っていた。

ほど、追い詰められていたそうです。

その状態の井上さんが、

内山善康(うちやまよしやす)さんの外来を

訪れました。

そして手術を行い、無事成功しました。

そしてその後のリハビリ。

スポンサードリンク

その1年半後、畳の上に井上康生さんの姿が!

そこにはけがの前と変わらない

井上さんの柔道がありました!!

出典:https://www.tbs.co.jp

内山善康(うちやまよしやす)さんは

現在も柔道に関われているといことは、

自分の励みになっているし、満足している。

ということです。

まとめ

今回はオリンピック金メダリストの古賀稔彦さんと

高校時代に互角に戦った

内山善康(うちやまよしやす)さんについて

まとめました。

無名の選手が、分析に分析を重ね、

古賀稔彦さんと互角に渡り合ったなんて、

本当にカッコいいです。

そして、自分の全てを出し切り、

それでも古賀稔彦さんに勝てなかったからこそ、

柔道を諦められた。

そして新な目標をみつけたというのは、

切り替えが早く、素晴らしいです。

しかもその目標が、「医師」で

達成してしまうあたりがさすがとしか言えません。

さらにスポーツ整形外科を専門とされ、

井上康生選手を救われたというエピソードには

感動しました。

これからも内山善康(うちやまよしやす)さんに

沢山のスポーツ選手を救っていってほしいです。

これからも内山善康(うちやまよしやす)さんを

応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする