大国美喜子にマラソンで勝てなかった有森裕子。謎の引退理由や現在は?(消えた天才)

スポンサーリンク

1月13日に消えた天才が放送されます。

才能、能力がありながら表舞台から

消えてしまった人達がいます。

そんな人たちは数多くいるのですが

今日放送される人達の中で

注目している人がいます。

それは五輪2大会連続メダリストの

有森裕子さんです。

天才と呼べる実力の持ち主である

有森裕子さんがあこがれ続けていた人が

姿を消しました。

何もなければ五輪という大舞台で

活躍していたはずの人の人生が

気になったのでまとめてみました。

今回は他にも

柔道古賀稔彦が勝てなかった天才

天才野球少年上地雄輔が勝てなかった天才投手

平成の怪物松坂大輔が勝てなかった天才

こちらの方達もまとめています。

スポンサードリンク

有森裕子のプロフィール

出典:https://s-rights.co.jp

氏名:有森 裕子(ありもり ゆうこ)

生年月日:1966年12月17日(52歳 2019年1月現在)

出身地:岡山県岡山市

出身校:日本体育大学 卒

スポーツ:元マラソン選手

自己ベスト:2時間26分39秒

経歴

平成3年 大阪国際女子 2位

世界陸上 4位

平成4年 バルセロナ五輪 銀メダル

平成7年 北海道マラソン 優勝

平成8年 アトランタ五輪 銅メダル

平成11年 ボストンマラソン 3位

凄かった劇場

有森裕子さんが高校時代に

先輩の試合に応援に行ったときに

ひと際背が高く足がとても長い人が

試合に出ていました。

長い足を利用し圧倒的な試合運びをしたそうです。

出典:https://www.tbs.co.jp

その時の記録が当時の日本高校新記録の

4分25秒1でした。

スポンサードリンク

消えた天才は大国美喜子

氏名:大国美喜子(おおぐにみきこ)

成績:高校3年生 日本選手権1500m優勝

中央大学1年 日本学生選手権3000m 優勝

日本学生選手権1500m 優勝

中央大学2年 日本学生選手権3000m 優勝

日本学生選手権1500m 優勝

中央大学3年 日本学生選手権3000m 優勝

中央大学時代には日本代表に選ばれています。

大学時代に有森裕子さん大国美喜子さんとの

合同合宿が行われることになりました。

出典:https://www.tbs.co.jp

その当時のことを有森裕子さん

一緒に出来ることがスゴく嬉しい

と感想を述べています。

スタッフから当時の会話のことを尋ねられると

会話が出来るような存在じゃない

と答えていました。

自分が憧れる存在の人と

一緒に練習が出来ることだけで

十分満足できるから会話をしなくても

良かったんでしょうね。

大国美喜子さんは大学を卒業後に

実業団に加入し

そこでも日本代表を勝ち取ります。

有森裕子さんの常に前を行く

大国美喜子さんを尊敬のまなざしで

見ていたのに、いつの間にか

引退していました。

その理由とは一体何でしょうか?

マラソン人生最盛期でもあった

26歳の頃、成績が落ちていきます。

ある試合では

優勝争いどころか周回遅れという

屈辱的試合になりました。

そして、実業団をやめ陸上界から

姿を消したのです。

スポンサードリンク

陸上界から消えた理由

出典:https://www.tbs.co.jp

こちらが現在の大国美喜子さんです。

当時の面影が残っていますね。

インタビューで当時の有森裕子さん

印象を聞かれてたのですが

申し訳ないですけど、印象が薄いです。

才能がない人ならいざ知らず

有森裕子さんですからね。

圧倒的な強さを持っているから

周りが気にならない

絶対的王者の感覚です。

そんな人がなぜ陸上を辞めたのか

ますます気になります。

実業団に入ったから

体重管理をするようになりました。

52キロがキープできているかを

常に確認する日々。

ある日、体重が増えていることに気付きます。

そして、大国美喜子さんがとった行動は。

トイレに入って吐くでした。

その結果、簡単に体重を落とすことが出来たのです。

食べる⇒吐く⇒体重が維持

を覚えてしまったために

これを繰り返した結果

摂食障害になったのです。

そのことが恥ずかしくて

誰にも相談できなかった結果

結果を残すこともできなくなり

引退を決意したのでした。

スポンサードリンク

大国美喜子さんの現在

高校陸上部の顧問をされていました。

陸上で苦しみ、嫌いになったはずなのに

なぜまた戻ってきたのでしょうか?

それは、大国美喜子さんが苦しんだ経験を活かし

選手の苦しみに気付き寄り添って上げれる

指導者になりたいという事からでした。

顧問になって気付いたことが

陸上は本当に好き

という事でした。

消えた天才

1月13日放送の消えた天才には

次の方たちが登場します。

  • 松坂大輔が勝てなかった天才投手
  • 有森裕子が勝てなかった天才
  • 箱根駅伝に1度だけ出場した東大陸上部の今
  • 古賀俊彦が投げれなかった秀才柔道家
  • 天才の遺伝子を持つ2世の今
  • 上地雄輔を抑え込んだ天才投手

各界の超一流が人生で衝撃を受けた

天才は今・・・。

番組内で消えた理由を紹介します。

放送が楽しみですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は他にも

柔道古賀稔彦が勝てなかった天才

天才野球少年上地雄輔が勝てなかった天才投手

平成の怪物松坂大輔が勝てなかった天才

こちらの方達もまとめています。

摂食障害は女性アスリートで

よくあることなのだそうです。

体重を気にしすぎるあまり

おちいる落とし穴。

周りになんでも相談できる人や

気付いてあげれる人がいれば

違った結果になったとは思います。

能力ある人が力を出し切らずに

戦いの場から去るのは

寂しいものです。

大国美喜子さんが味わった経験を

他の人にして欲しくないという気持ちから

指導者の道を選んだわけですが

とても素晴らしいですよね。

私が苦しんだんだから

あなたも苦しめばいいみたいな

冷たいことを言わない

素晴らしい人になりたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする