東光寺(大分県)の場所に500体石像が!口コミは心霊スポット?ヤバイ動画を発掘!何だコレ

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月12日で放送される

世界の何だ!?コレミステリー

東光寺五百羅漢(大分県)

特集されるようです。

この場所には500体以上の石像

語りかけ助言をしてくれる

という都市伝説があります。

しかし口コミでは心霊スポット

として紹介されています。

真実を探るっているとヤバイそうな

動画を発掘しましたので

紹介させていただきます。

スポンサードリンク

東光寺(大分県)の場所に500体石像が!

東光寺と呼ばれるお寺は

日本各地にありますが

今回話題になっているのは

大分県宇佐市にある東光寺です。

東光寺五百羅漢は1362年に

臨済宗として開山した

歴史あるお寺です。

この時にはまだ五百羅漢は

ありませんでした。

石像は1859年に15代住職が

人々を救うことを目的に

大分県日出(ひじ)の

石工・吉野覚之丞に依頼し

24年間に渡って521体の

羅漢像を彫り上げたのです。

ちなみに羅漢とは阿羅漢の略称で

仏教において最高の悟りを開いた

聖者の事です。

場所についてまとめてみました。

出典:https://www.jalan.net/

名称:東光寺五百羅漢

℡:0978-38-5788

参拝料:100円

駐車場:無料10代

住所:大分県宇佐市江須賀1754

石像には喜怒哀楽様々な表情があり

いつまでも見飽きることがないです。

500体以上の石像の中に

自分の顔と似ているものがあり

それが語りかけ、助言をしてくれる

という都市伝説を調べるのが

今回の番組の目的です。

スポンサードリンク

東光寺(大分県)の口コミは心霊スポット?

東光寺について調べていると

色々なサイトで紹介されています。

大分県宇佐市の公式サイトや

観光のじゃらんnetに

トリップアドバイザーといったものです。

しかし、都市伝説に関わることで

調べるとある内容のサイトに

入れ替わります。

それは心霊スポットです。

サイトによっては

大分県最強危険心霊スポットとして

紹介されています。

心霊スポットでそんなありがたい助言が

ホントに得られるの?

って疑心暗鬼になります。

誰が助言なんて話を広めたのかは

定かではありませんでした。

けれど、都市伝説として知られているのなら

口コミがどんな風に書かれているのか

気になりますよね?

なので調べてみました。


SNSを中心に調べてみましたが

声が聞こえた!

という事を言っている人は

いませんでした。

確かに東光寺五百羅漢を

紹介しているサイトには

声が聞こえるという

伝説を記載していますが

実際の体験談が一切ないんですよね。

こういうミステリー関係の

伝説であれば本当なのか

試す人がいてもよさそうですが

誰もいないのでしょうか?

喋れないはずの石像が喋るなら

心霊スポットとして

紹介されるのは間違いではないですよね。

併せて読みたい記事は

山形県の心霊スポットの記事です。

ここは本当にヤバいと口コミが

たくさん書かれていました。

ヤバイ動画は次のページで紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする