ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)はいつまで?ナイトツアーは?【ブランチ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月22日の王様のブランチ

ジュエリーアクアリウムが紹介されます。

埼玉県越谷市のイオンレイクタウンKaze

にあるカフェ型水族館

いつまで見ることが出来るのでしょうか?

場所や値段を調べていると

ナイトツアーや貸し切ることが

出来るようなのでまとめてみました。

期間限定の最強のデートスポットを

お届けします。

スポンサードリンク

ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)はいつまで?

ジュエリーアクアリウムという

名前がまず素敵ですよね。

この名前を聞いただけで幻想的な

雰囲気をイメージします。

けどイメージだけではありませんでした。

公式サイトで紹介されている

写真がこちらです。

出典:https://www.fashion-press.net/

写真を撮った人の腕前にもよりますが

ジュエリーアクアリウム

宝石の水族館とはよく言ったものです。

円柱型の水槽がたくさん並んでおり

360度どの角度からでも

魚を見れるのは

いいアイデアだと思います。

従来型の水族館だと

四角い水槽が横並びで背面は壁で

多くの人が同時に見るのは

不向きな構造です。

ではこのジュエリーアクアリウムの

場所やいつまで見ることが出来るのか

まとめてみました。

ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)はどこ?

施設名称:ジュエリーアクアリウム

開催時期:2019年6月12日~7月7日

開館時間:午前10時~午後8時

休館日:無

入場料:800円/1人

小学生以下無料

住所:埼玉県越谷市レイクタウン4丁目2−2

  イオンレイクタウンKaze 3F イオンホール

イオンの中で期間限定で開催されている

ジュエリーアクアリウムは

買い物のついでやデートにも使えるので

いい場所だと思います。

ただ気を付けなければいけないのが

交通アクセスもいいオシャレであるので

人は相当凄そうです。

ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)のナイトツアーは?

まずはジュエリーアクアリウムの

貸切る方法についてまとめてみました。

ジュエリーアクアリウムは

一般利用と企業利用の2種類があるようです。

今回は一般利用の方法について

まとめてみました。

飲食店を貸し切るということは

前からありましたが

最近では寺院や古民家など場所を

限定せずに貸切ることが増えてきています。

シェアリングエコノミーと呼ばれる

トレンドだそうです。

私は今回ジュエリーアクアリウムについて

まとめたことで初めて知りました。

貸し切る理由は

女子会やパーティー、結婚式など

様々な理由です。

ジュエリーアクアリウムは

そうしたトレンドに対応した

サービスを提供してくれています。

ではその方法をまとめてみました。

貸し切り価格:10万円

貸し切り時間:50分

時間枠:20:00~20:50

21:00~21:50

収容人数:50人

続いてナイトツアーについて

まとめてみました。

ナイトツアーの方法は

閉店後に行われる限られた人数だけで

楽しむことが出来るので

人気が高そうです。

日中であれば人ごみの中を

ぶつからないように鑑賞しますが

閉店後でしかも人数制限があるから

ゆっくり魚を鑑賞できます。

入場枠:20:00~20:50

21:00~21:50

価格:2,500円(ワンドリンク付き)

注意点としては

予約制で最少催行人数が10人

最大で20人となっています。

6月22日の王様のブランチ

週末が楽しくなる!

進化する水族館特集で

日本初カフェ型水族館が特集されます。

ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)はいつまで?ナイトツアーは?【ブランチ】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)はいつまで?
  • ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)はどこ?
  • ジュエリーアクアリウム(カフェ型水族館)のナイトツアーの方法は
  • 6月22日の王様のブランチ

とてもおしゃれで素敵な空間ですが

気になる口コミがありました。

今回紹介させてもらった

写真のような水槽が無かった

というものでした。

この口コミが正しいのか間違っているのか

気になるところですが

ごめんなさい。

私が住んでいる所から

行くことが出来ないので

自分のこの目で確認が出来ませんでした。

この記事を読んで

ジュエリーアクアリウムに行かれた方からの

情報をよろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする