【世界ふしぎ発見】歩く松ぼっくりはペットで飼える?見るならどの場所で?

スポンサーリンク

1月19日放送の世界ふしぎ発見で

【珍獣】歩く松ぼっくりが特集されます。

歩く松ぼっくりって何?

松ぼっくりなのに生き物なの?

そんな話聞いたことないから

外国の生き物だよね?

なんて疑問符だらけだったので

番組が放送される前に

予習がてら調べてみようと思いました。

今日の放送の他の記事

新ノアの箱舟計画の記事⇒こちら

スポンサードリンク

歩く松ぼっくりの正体は?

歩く松ぼっくりの正体は

センザンコウという生き物でした。

出典元:https://ikimono-matome.com

パッと見た時に私はアルマジロ?アリクイ?

なんて思いましたが

全然別の生き物でした。

全身はウロコで覆われているので

爬虫類をイメージしそうですが

れっきとした哺乳類だそうです。

センザンコウは中国、マレーシア、インド

フィリピン、台湾、アフリカ大陸にいることが

確認されています。

しかも8000年前から地球上にいるという事なので

シーラカンスのような生きる化石でもありますね。

ちなみにセンザンコウの主食はアリだそうです。

じゃぁアリクイの仲間だね。

と思いそうですがセンザンコウ科という

全く別の生き物なのです。

体を丸めることもできるので

(アルマジロと言いたくなる)

外敵が襲ってきた場合は

丸まって防御に徹します。

ウロコがとても固いので

こんなことになっても大丈夫!

出典元:https://ikimono-matome.com

ウロコの先端はとがっているので

こんなことをすると

逆にやられちゃうそうです。

そんなセンザンコウ

個体数が減ってきています。

ということは?

スポンサードリンク

絶滅危惧種、ワシントン条約に登録

センザンコウは複数の種類がいるのですが

全ての種類が絶滅危惧種として登録されています。

原因は人間の革目的の乱獲です。

哺乳類でウロコがあるのは珍しいので

材料として人気があったのだそうです。

絶滅危惧種に指定されている動物の革を

使用した製品が出回っていますが

本物かどうかは怪しいものです。

法律で取引が禁止されているのに

売買をするのはおかしくないですか?

ウロコは漢方薬として使われていたのだとか。

実際、中国では3000年前から使われていましたが

学術的根拠はないそうで

今、使われることはなさそうです。

ペットとして飼うのは無理?

ワシントン条約付属書ⅠもしくはⅡで

絶滅危惧種に指定されていました。

なので輸出入は禁止、もしくは許可証が必要となり

気軽にペットとして手に入れるのは難しそうです。

合法的に輸入できる方法もあるかもしれませんが

手間やリスクを冒してまでする必要は

無いのではないでしょうか?

附属書に載っている生き物は、生きている状態だけでなく

肉や皮や骨製などの部分やそこから作られるバッグなどの

製品の取引も制限されることになっています。

メルカリでセンザンコウのはく製を出品して

書類送検された方もいるくらいです。

お取り扱いにはご注意を。

スポンサードリンク

センザンコウを見れる場所は?

センザンコウが飼育されているのは動物園でした。

しかも、国内に2か所だけです。

  • 上野動物園(東京都)
  • 東山動物園(愛知県)

調べると展示用に連れてこられたわけでなく

ワシントン条約違反で回収や密漁で出回ったものを

引き取って飼育しているそうです。

世界ふしぎ発見

1月19日放送の世界ふしぎ発見では

1500回スペシャルということで

いつもより25分延長して放送されます。

気になる内容は?

  • 伝説のノアの箱舟が現代に復活?
  • 歩く松ぼっくり保護作戦
  • ミステリーハンター集結で暴露大会?

が放送されます。

今夜の放送が楽しみですね。

スポンサードリンク

まとめ

今日の放送の他の記事

新ノアの箱舟計画の記事⇒こちら

アルマジロやアリクイに似た生き物

センザンコウについてまとめてみました。

調べてみると人間のせいで絶滅の危機に

なっていることを知って

複雑な心境になりました。

ワシントン条約に登録もされているので

取引をしてしまうと

捕まってしまうのですね。

知らなかったでは済まされないので

珍しいものを扱う時には気をつけないと

後で大変なことになりそうです。

番組で密猟の現場にいくのか

保護している様子を見せてくれるのか

どんなことを放送してくれるのか

とても気になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする