箱根のドンに観光案内は?田中康久の経歴、マル秘スポットを調査!GWに間に合う?【マツコ】

スポンサーリンク

2019年3月12日にマツコの知らない世界で

箱根のドンこと田中康久さんが出演します。

箱根のドン(田中康久)に観光案内してもらう方法は?

田中康久さんってどんな人?経歴が気になる!

また箱根のドンおススメマル秘スポットを調査し

GW10連休に行けるのか調査してみました。

スポンサードリンク

3月12日のマツコの知らない世界は?

3月12日の放送ではマツコ移住?

箱根の魅力を箱根のドンが赤裸々に語ります。

地元民しか知らない小浴場の魅力や

取材拒否の店のカニクリームコロッケとは

一体どんな物なのでしょうか?

番組が放送がとても楽しみです!

箱根のドン、田中康久の経歴は?

出典:https://www.hakone.or.jp/kaiin/hospitality/index.html

氏名:田中 康久(たなか やすひさ)

愛称:やっちゃん、箱根のドン

生年月日:1954年

年齢:65歳(2019年度)

職業:(有)湯元新聞販売所 田中新聞店

役職:店長

血液型:B型

出身:神奈川県

学歴:立正大学

趣味:旅行

両親が新聞販売店を営んでいたということもあり

田中康久さんは子供の頃から両親の手伝いで

新聞配達を手伝ったりしていました。

趣味に旅行とあるように

新聞配達が無くなるタイミング

日曜日(夕刊配達無)~月曜日(休刊日)で

全国を旅行していたそうです。

新聞が休刊になるタイミングは

1年でそう多くはありませんが

貴重な休みはほとんと旅行に費やして

40代半ば頃には47都道府県を

制覇したということです。

旅行をしている時に思ったことが

旅先で自分が本当に欲しくて必要な情報を

得ようとすることが、一般の旅行者には難しい。

ということでした。

ガイドブックは数多く出版されていますが

情報は常に一方通行になります。

こちらがある地区の食べ物屋が知りたいと思っても

ガイドブックに載っているのはとなりの地区の

食べ物屋のみ、なんてことも。

もしくは情報が古くて、店舗情報が無かったりは

旅行あるあるですよね。

スポンサードリンク

田中康久の旅行者への想い

少なくとも箱根に来た旅行者には

そんな思いをして欲しくないという事から

箱根に関する質問を受け付ける

インターネット掲示板を2002年に開設したのです。

箱根旅行者にとって必要な情報を必要な時に

提供できる存在でありたいということですね。

この活動が口コミで広がり

田中新聞店を訪れる観光客も増えたようです。

せっかくの箱根旅行を無駄にしたくない!

雑誌では乗っている情報に限りがある・・・。

じゃぁどうする?

となると地元民で情報を提供してくれる人と

話をするのが一番ですよね。

田中康久さんのこの活動が認められ

2006年に箱根環境協会認定の

箱根もてなしの達人の5人に選ばれました。

箱根のドン、箱根のもてなし緒達人として

次のようなボランティアをされているようです。

  • 旅番組やガイドブックの制作
  • 箱根の講演会
  • 箱根町マスタープラン委員
  • 大名行列保存会
  • ほたる愛護会
  • 観光協会

還暦を超えた方なのに物凄く活動的ですよね。

これだけ精力的に活動していると

体力の衰え知らずですね。

(有)湯元新聞販売所 田中新聞店の場所は?

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本692

℡:0460-85-5264

今でも人気のある箱根のドンですが

今回のマツコの知らない世界の放送で

ますます人気が出ることでしょうね。

スポンサードリンク

箱根のドンに観光案内してもらう方法は?

箱根のドンである田中康久さんに

箱根を案内してもらう

観光ガイドは調べたところされていないようでした。

インターネット掲示板で箱根についての質問をして

それに対して返事をするという事のようです。

質問はだいたい明日行きますがおすすめは?

といった急な内容が多いので

書き込まれて2時間以内に返事をするように

してくれているみたいです。

過去の質問を見れば答えが分かる質問に対しても

最新の情報を伝えるという観点から

手間はかかりますが出来るだけ

1件、1件返信するようにしてくれているようです。

とってもありがたいことですよね。

箱根旅行者にとって必要な情報を必要な時に

提供できる存在でありたい

このおもてなしの精神があるからこそ

箱根もてなしの達人の5人に選ばれたのでしょうね。

今回のマツコの知らない世界で

紹介されたことで

田中康久さんのインターネット掲示板を

利用する人が増えて

質問の回答を書き込むのが大変なことになりそうです。

テレビが放送されてボランティアの仕事が

大変なことになっても

田中康久さんはおもてなしの精神で

手を抜くことなく旅行者のために

限界まで頑張っちゃいそうです。

スポンサードリンク

箱根のドン、田中康久のマル秘スポットを調査!GWに間に合う?

今回テレビで紹介されるのは

弥坂湯(やさかゆ)という小浴場のようです。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本577

入浴料:大人650円 子ども300円

営業時間:9:00~20:30

定休日:木曜日

弥坂湯の口コミを調べてみました。

View this post on Instagram

[関東地方/神奈川県/箱根湯本温泉/弥坂湯] ・ ・ 小田急沿線に用事があったので、箱根湯本まで寄り道してきました。小田急ロマンスカーの窓側席を希望したら後展望の席へ案内され新宿〜箱根湯本間の小田急沿線の風景が思ったより綺麗だったのでびっくり。 ・ 弥坂湯は箱根湯本駅から徒歩15分弱の旧東海道沿いにあるレトロで鄙びた共同浴場。湯船は綺麗なタイル敷き。源泉掛け流しでPh8.7の無色透明アルカリ性単純泉の柔らかいお湯。 ・ 身体の芯から温まるタイプの温泉で寒い冬の日に入浴するのが良さそう。 入浴料は650円(箱根町民になれば100円らしい) ・ 地元の常連さんに聞いたところ、以前は組合の共同経営で立ち上げた温泉だったが経営が厳しく現在は箱根町の所有になっているそうで観光客が大通りの旅館などではなく、日帰り湯に入りにきてくれるのは嬉しいそうです。いいお湯でした♨︎ ・ ・ #神奈川 #箱根町 #箱根七湯 #箱根湯本温泉 #弥坂湯 #温泉 #温泉旅行 #温泉好きな人と繋がりたい #spa #旅 #小田急 #夏 #夏空 #寄り道 #昭和レトロ #田舎 #日本の風景 #風景 #景色 #写真 #写真好きな人と繋がりたい #ひとり旅 #旅の途中

Yuyaさん(@onstagram.1126)がシェアした投稿 –

昔ながらの銭湯といった感じで

観光地の温泉の雰囲気はなさそです。

しかし、そういったお風呂の方が

のんびり入るには良さそうですが

浴槽が小さいのがマイナスポイントですね。

GWのような連休に行くと

臨時休業といった可能性もありそうです。

何より来店する人が多いと

のんびり入ることが出来ないので

行くのならGWといった連休を外して

お風呂に入るのがよさそうです。

スポンサードリンク

箱根のドンに観光案内は?田中康久の経歴、マル秘スポットを調査!GWに間に合う?【マツコ】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 3月12日のマツコの知らない世界は?
  • 田中康久の経歴は?
  • (有)湯元新聞販売所 田中新聞店の場所は?
  • 観光案内してもらう方法は?
  • マル秘スポットを調査!

今日の放送では地元民しか知らない

マル秘話が聞けそうなのでとても楽しみです。

宣伝によるとグルメも紹介してくれるようなので

放送がとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする