三浦砂織が女子アナを辞めタンザニア移住しザンジバル島で宿のオーナーの理由は?【ナゼそこに】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月9日に世界ナゼそこに日本人が

放送されます。

三浦砂織さん59歳が女子アナという地位を捨て

アフリカのタンザニアに移住しました。

クイーンのボーカルである

フレディ・マーキュリーさんの出身地である

ザンジバル島でコテージの

宿のオーナーとして働くことになった

キッカケや理由とは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

三浦砂織が女子アナを辞めタンザニア移住しザンジバル島で宿のオーナーの理由は?

元女子アナの経歴を持つ

三浦砂織さんとはどんな人物なのか

プロフィールを確認してみましょう。

氏名:三浦 砂織(みうら さおり)

年齢:59歳

出身地:北海道登別市

出身校:京都女子大学

職歴:毎日放送(大阪)アナウンサー

三浦砂織さんが女子アナ時代には

明石家さんまさんやダウンタウンと

一緒に仕事をしていたそうです。

三浦砂織さんがタンザニアを訪れたのは

20年以上前になります。

当時の三浦砂織さんは

バックパッカーをしていた時に

ザンジバルを訪れたのです。

そしてザンジバルの魅力に取りつかれ

移住することを決めたのです。

タンザニアのザンジバルってどんな国?

タンザニアは日本の約2.5倍の

国土面積を有し

人口は約5700万人と日本の半分以下です。

ザンジバルは2013年、2014年に

テロ事件が発生しましたが

以降は事件の発生がないので

危険レベル5段階で

一番低い1で出ています。

この投稿をInstagramで見る

#zanzibar #paje #pajebeach #tanzania #africanbeach #offshore #ザンジバル島 #ザンジバルビーチ

jyahjiさん(@enashuu)がシェアした投稿 –

アフリカ屈指のビーチリゾート地

名高いザンジバルの海の美しさは

訪れた人の想像以上で

満足度がとても高いようです。

ちょっといいな

と思ったので気軽に行けるのか

調べてみました。

ザンジバルまで行こうと思った時の

旅費についてですが

移動時間が最短20時間

約34万円かかるようです。

ザンジバルのコテージの名前は?

三浦砂織さんがザンジバルに移住した時は

知り合いやツテがあったわけではなく

1人で宿を始めました。

そのコテージの名前が

Paradise Beach Bungalows

(パラダイス ビーチ バンガローズ)

といいます。

コテージを始めた時は1人でしたが

今では多くの従業員に囲まれて

経営をされているようです。

パラダイス ビーチ バンガローズは

タンザニアにあるコテージですが

公式サイトは日本語にも対応していて

1泊がシングルUS$55~70です。

この価格が高いのか安いのか

分からなかったので

ザンジバルの物価について調べた結果は

高い!

ということでした。

物価は高いので三浦砂織さんの宿泊施設も

料金が高いと思ったのですが

実が良心的価格でした。

ザンジバルの物価はもともと高いのに

リゾート地という事もあって

観光地価格が上乗せされているようです。

三浦砂織さんがザンジバルで

コテージをしようと思った理由が

こんな素敵な場所で自然を壊さずに

良心的なお値段で宿泊できて

美味しい食事が出来る場所を提供できたらば

Paradise Beach Bungalows

と語っていました。

訪れる日本人にとって

ありがたい価格でされているのです。

9月9日の世界ナゼそこに日本人

世界的ロックバンド「クイーン」の

ボーカルであるフレディ・マーキュリーの

出身地としても知られるタンザニアの秘境

ザンジバル島に女性アナウンサーという

華やかな世界を突然辞め

秘境ザンジバル島にたった一人で

移住したワケあり女性。

いったいナゼ?

三浦砂織が女子アナを辞めタンザニア移住しザンジバル島で宿のオーナーの理由は?【ナゼそこに】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 三浦砂織がサンジバル島で宿のオーナーの理由は?
  • タンザニアのザンジバルってどんな国?
  • ザンジバルのコテージの名前は?
  • 9月9日の世界ナゼそこに日本人

海外旅行に行って現地の魅力に取りつかれ

そのまま移住した人の話は

私も聞いたことがあります。

新婚旅行で訪れた

モルディブのバロスにいた

日本人インストラクターがそうでした。

こういった話を聞いて

いくらその国が魅力的であっても

移住しようという勇気が起きません。

行動力も凄いなと思います。

今夜の世界ナゼそこに日本人で

三浦砂織さんはどんなことを

語ってくれるのかとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする