田淵寛子noフランス(パリ)のお好み焼き屋(okomusu)で大成功!成功の秘訣は?

スポンサーリンク

11月26日放送の「世界ナゼそこに?日本人」で

祝・放送200回!フランスである日本食を広め絶賛される職人

という企画で田淵寛子さんが出演されます。

37歳のシングルマザーが美食家の多いフランスのパリで

なぜ日本食を広めることになったのか?

日本ではIT関係の仕事で料理とは無縁の仕事なのに

どんな経緯で料理をすることになったのか?

もう、なんで?なんでなんで?

ばっかりだったので調べてすっきりしようと思いました。

スポンサードリンク

田淵寛子さんとは?

引用元:https://courrier.jp

氏名:田淵寛子

誕生日:1981年4月15日(37歳 2018年現在)

出身地:大阪府

学歴:私立天王寺中学校、高校卒

青山学院経営学部卒

家族:娘1人(認知済み)

婚姻歴:未婚

学生時代は芸能事務所に所属しタレント活動をしながら

人材コンサルティング会社及びPC販売会社を設立し

学生起業家としても活躍していました。

お父さんが公認会計士だそうで

大学進学までの夢は公認会計士だったみたいです。

さらに調べてみると、コンビで「M-1グランプリ」の

予選出場経験もあったようです。

その後婚約をきっかけにIT 企業に入社。

2010年4月に結婚。

2010年8月には別居。

2010年、29歳の時の離婚をきっかけに2012年に渡仏し

2014年3月にフランスで起業しました。

スポンサードリンク

起業したお店とは何なの?

引用元:https://independ.tokyo

お好み焼き屋「OKOMUSU」です。

このお好み焼きを選んだ理由が凄すぎました!

友人と開いたホームパーティーで作ったお好み焼きが

フランス人に好評だったため

パリに店を出すことを決意!!

  • 事前にリサーチをして売れることを知っていた
  • フランスでお好み焼きが売れている
  • 外国で生活をしたい

そういった理由ではなく

ホームパーティーで好評だったから

これだけで、渡仏しようと考える度胸は凄いですね。

いや、成功する人はチャレンジ精神がある人なのだから

やってもいない、結果も出ていないことにしり込みする人は

はなから成功するチャンスがないですよね。

最近、特にそう思います。

お好み焼き屋さん「OKOMUSU」

引用元:https://independ.tokyo

場所はフランス、パリのマレ地区です。

マレ地区と一言で言っても実は

マレと北マレのエリアに分かれています。

住所:フランス11 rue Charlot – 75003 Paris

近くにはピカソ美術館がありました。

私はお店の場所を調べるのに

Google map にこの住所を入れて調べました。

地図を拡大していくと、ちゃんとオムヒコと

カタカナで表記されたお店が出てきました。

お店はフランス仕様ではなく、正統派の雰囲気を

大事にして作ってありますが

メニューに関してはグルテンフリーやベジタリアンの

人達に対応できるようにされています。

お店は少し遅めの時間20時以降から混みだして

いっぱいになるぐらい人気があるそうです。

スポンサードリンク

シングルマザーを選択したわけ

2018年2月3日 AM7:30 に

第1子となる娘さんが誕生しています。

子供の父親との関係は悪くはなく、

認知もした、週に1,2度は会っている だそうです。

そんな彼(娘の父親)とは今後必要があったら

結婚するかもしれないし、PACS(パクセ)※

するかもしれないということをおっしゃっていました。

※パートナーとの共同生活において結婚しているのと

同じだけのの権利を得られる制度。

簡単に言うと結婚との違いは

  • 相手側の苗字に変わらない
  • 管轄は市役所でなく裁判所
  • 別に永遠の愛を誓うわけではない
  • 別れる時に離婚ほどめんどくさくない

こんなことらしいです。

そもそも、同性カップルの権利拡大のために

出来た制度のようですよ。

田淵さん自身、選択的シングルマザーについて

次のように考えられています。

【メリット】

  • 彼がうちに来るときは100%育児をする気で来るので、頼りやすい。
  • パートナーが動かないという悩みを抱えなくていい。
  • 家が片付いてなくても、わたしと赤子以外見ていない。←ぉぃ

【デメリット】

  • 常に面倒を見るのは1人。(ワンオペ育児の方みんなですが)
  • たまに1人になりたいときになれない。
  • 夜泣きのときに変わってくれる人がいない。
  • 毎回ごはん用意する手間が大変。

note

ここに書いてあることは、日本にいても同じ内容ですが

それに対するフォローが日本とフランスでは違うみたいで

ベビーシッター等のサービスもあるので

何とかなるようです。

現在の自身の状態を次のように説明しています。

精神的支えのあるシングルマザー

そう言えば、以前にアナウンサーが復帰するにあたり

元夫に子供を託したという事で騒ぎになってた国も

フランスでしたね。

フランスは前妻に結婚当時と同じステータスを

保証する義務があり、夫婦が子育てを等しく分担

共有しています。

子供の希望・母親の希望が前夫の承諾を得られていましたけど

母性神話の強い日本では受け入れられなかったんですよね。

こういう所に日本とフランスでの子育てに関する違いが

出てきてシングルで働く人が苦労する、しないに

分かれるんだと思いました。

出産子育てと仕事の比重

子育てが楽しみ~ということを

ブログで報告しておられました。

けれど、妊娠が発覚したのはフランスで

日本酒をメジャーに!と頑張っていた矢先で

妊婦がお酒を勧めるのどうかということで

中断

そして、子供が6か月を超えて9月から

保育園に預けて仕事を再開したそうなので

現在、11月なのでなんかしらの成果が

出ていることだと思います。

スポンサードリンク

田淵寛子さんがやっている起業に必要なこと

気になる内容は次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする